GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語学習の「挫折」を「もっとやりたい!」に変える、誰でもできる方法とは?

英語学習の「挫折」を「もっとやりたい!」に変える、誰でもできる方法とは?

英語?話せるかなぁ、話せないかなぁ・・・ではなく、自信を持って「私は英語を話します!」と言えるレベルを目指したい――そんな向上心にあふれる学習者の皆さんに、英会話講師のパンサー戸川さんがアドバイス。第1回は、学習につきものの「挫折」についてお話しいただきます。

今回のお題 とにかく挫折してばかりで続きません。そんな私を励ましてください。

挫折するって、良いこと?悪いこと?

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

英会話の習得において、学習者の皆さんの悩みの一つに「挫折」があります。

僕も過去、いろいろな生徒さんとお話をしてきましたが、その方たちのお悩みを聞くと、ほぼ皆さんに共通するのは、「過去に挫折経験がある」ということです。

「そうだよな。やっぱり英語学習において、多くの方が経験することだよな」

と感じました。

今回の「挫折」に関する僕の結論なのですが、

「挫折してもオーケー!」

です。

「えっ、挫折していいんですか?英語をしゃべれるようになるためには、挫折しない方がいいんじゃないですか?」

確かに挫折するよりは、しない方がいいと思います。ですが、僕がここでお伝えしたいのは、

「挫折することで、『あぁ何て自分はダメなんだ』と、『挫折する自分=悪い』と決めつけてしまうこと」

この方が良くないと考えています。私たちはロボットではありません。ロボットであれば言われたことを半永久的に文句も言わず続けてくれます。笑

しかし、私たち人間はそんなに単純ではありません。気分が下がるときだってもちろんありますし、頭では分かっているけれども、気持ちがついていかないときもあるのです。

僕も英語をしたくない時期がありました。英語に触れない時期だってあったのです。

このことから一概に、「挫折=ダメなんだ」と決めつけないようにしてみましょう。

そして、「挫折してもオーケーなんだ」という気持ちでいると、気分も軽くなります。

「そうだよね、人間だからくじけるときもあるよね。また立ち上がればいいんだよね」

このスタンスでいると、あまりしんどくならないと思います。

ただ、「挫折してもオーケーだ!」と言ってずっと英語学習をしないと、永久に英語が話せるようにはなりません。笑

では、どうすればいいのでしょうか?

挫折する理由って何だろう?

そもそも挫折する理由として、次の理由を挙げることができます。

それは、「無理な英語学習スケジュール」です。

おそらく最初は、「よし!英語ぺらぺらになるために、毎日3時間英語勉強しよう!」となると思います。この「やる気」に関してはとても素晴らしいことです。

やる気に満ちあふれていますし、“あたかも”そのやる気がずっと続くかのように錯覚します。

しかしよく考えてみてください。今まで英語学習をやっていなかった方が、急に「毎日3時間勉強する」となれば、どうなるでしょうか?

まず他のこと(例:仕事、家事、用事、自由時間など)を必然的に犠牲にすることになります。もし英語をしゃべれるようになりたい「目的」の一つに、よほどの理由や強い目的意識があれば、くじけることなく続けることができるでしょう。

しかし人間の意志ってほとんどの場合、すぐには強くなれません。

最初の1週間は、毎日3時間できるかもしれません。ですが2週目以降は「今日は疲れたから、2時間だけにしとこう」と1時間減ります。そしてまた1週間後に、「そんなに焦る必要はない。1時間でいいか」となり、また1時間減る。

またさらに1週間後、「今日は30分でもいいかな」と言って、次第に勉強時間が減ってきて、気付いたらやっていない・・・。

こういうサイクルにはまった経験はないでしょうか?

実はこれが、典型的な挫折パターンなのです。そしてその理由が「最初から飛ばし過ぎている」というところです。フルマラソンに例えると、完走ペースも一切考えず、最初から全力で走っているようなものです。最初はトップで走れますが、気付けばリタイアしている可能性大なのです。

ではどうすればいいのでしょうか?

ダメと言われたらやりたくなる、を利用する

挫折しないためにすべきことは、

「あなたが、ちょっと物足りないな、と感じるくらいの勉強量に抑える」

ということです。

例えば、「1日20分以上勉強しちゃダメ。1週間続いたら、25分してもオーケー。でもそれ以上勉強しちゃダメ!」

このように、徐々に勉強時間を増やしていきます。

こうすることで、良い意味で「物足りなさ」を利用するのです。更に「◯◯分以上しちゃダメ」という言葉を使います。人間、ダメと言われたらしたくなっちゃいますよね。笑

「ペンキ塗りたて。触るな!」と言われたら触りたくなっちゃいます。笑

これを利用して、やる気に頼らず「習慣化」していくのです。すると不思議なことに、挫折しなくなります。今までの挫折パターンとは無縁になり、英語学習が「朝起きたら顔を洗う」くらいのレベルに昇華しているのです。

更に昇華すると、「息吸わないと死ぬレベル」に変わっていきます。「して当たり前。しなきゃ死ぬ」状態になります。

この状態になると挫折もしなくなり、毎日楽しく英語学習を続けることができるのです。

まとめ

今まで挫折してきた方、そして挫折する自分に対して「挫折してもオーケーなんだ。また立ち上がればいいんだ」と声をかけてあげてください。そして「良い・悪い」を抜きにして、「過去に挫折した」と、「事実」としてだけ捉えておきましょう。

挫折は多くの方が経験すること。今までのやり方が違っただけで、「習慣化」してしまうと「自信」に変わります。なので、今回お伝えした方法で少しずつ英語学習時間を伸ばしていってくださいね。

応援しています。

パンサー戸川

2005~2008年の約3年半、オーストラリア留学後、日本に帰国。その後約3年間、フィットネスクラブでアルバイトを経験し、2012年にインターネットを活用したスカイプ英会話講師として独立。ツイッターフォロワー数約15万人、アメブロランキング1位獲得(英語・英会話部門、アラサー男性部門)

ブログ https://togawaakio.com/
Twitter(3秒英会話@パンサー戸川)https://twitter.com/akiotogawa8888/
インスタグラム(3秒英会話)https://www.instagram.com/3secondsenglish/