GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

忘れたくないことを確実に覚える3つの方法【英語多読ニュース】

忘れたくないことを確実に覚える3つの方法【英語多読ニュース】

「英語多読ニュース」(6月26日号)。今回は「覚えたいことをずっと忘れずに覚えておく方法」に関する記事を取り上げます。

あれ、ええっと、覚えたはずなのに、何だったっけ?あれほど覚えておこうと思ったのに、目が覚めてみたらすっかり跡形もなく忘れていた!

そんな経験、ありますよね。物忘れがひどくなったのか、脳が退化したのか・・・。実はそうではなく、それは脳の使い方、記憶の仕方が間違っていたからのようです。

では、重要なことを忘れないためには、何をすればよいのでしょうか。記事が推奨しているのは3つのことだけです。

Quiz yourself.

1つ目のポイントは「自問すること」だそうです。

“Don’t reread stuff, or highlight it, or do any of the things you probably did in college,” Adam says. “What you want to do is quiz yourself.”
「やってはいけないのは、読み返したり、マーカーで印を付けたりするなど、学生時代にしていたようなことです」とアダム(今回の3つのことを提唱している心理学者)は言う。「推奨したいのは、自分に質問を投げかけることです」。

www.inc.com

例えばプレゼンの準備をしているなら、単に資料を読み返したりするのではなく、導入の後には何が来るべき?伝えたい4つのポイントは何?売り上げ見込みの数値は?などを自問していくのだそうです。答えが分からなければ確認しますし、答えが分かれば自信につながります。

Summarize and share with someone else.

「要約し誰かに説明する」が2つ目のポイントです。

... research shows it's definitely true that those who teach learn faster and retain more.
ある研究によると、教える人は普通よりも速く学び、より多くのことを記憶するのは間違いなく本当とのことだ。

人に教えようとすることで、ポイントが整理でき、情報を理路整然とオーガナイズすることができる――確かにその通りだと思います。

Even just thinking that you'll need to teach someone can make you learn more effectively.
誰かに教えることを意識するだけで、学びをより効率的にできる。

なるほど、実際に教えないとしても、人に伝えられるように整理するのが大切ということですね。

Connect what you just learned to experiences you previously had.

「学んだばかりのことを過去の経験と結び付ける」。これを専門的には associate learning(連合学習)と呼ぶそうですが、簡単に言うと・・・

In simple terms, whenever you say, “Oh, that makes sense: This is basically like that,” you’re using associative learning.
簡単に言うと、「ああ、なるほど。これは基本的にはあれと同じか」と言えるとき、あなたは連合学習を行っているのだ。

多少無理なこじ付けであっても、過去の経験と結び付けることで、新たに覚えなければいけないことの分量が少なくなる。違いを学ぶだけでよくなる、といった効果が生まれるそうです。

みなさんもぜひ、お試しあれ!

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。何かを忘れて部屋に戻り、引き出しを開けた瞬間に何をしようとしたか忘れる――そんなメモリーロスに悩まされている今日この頃。