GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語の基本!inとat、toとtowardなど、前置詞をちゃんと使いこなせていますか?【デイビッド・セイン】

英語の基本!inとat、toとtowardなど、前置詞をちゃんと使いこなせていますか?【デイビッド・セイン】

東京・根津エリアを散策するデイビッド・セインさん

「どっちの英語ショー」第4回は「前置詞」の使い分けです。前置詞は、他の単語との結び付きや使われる状況によって、さまざまな意味に変化するため、日本人にとって難しい学習分野の一つといえます。さっそくクイズに挑戦して、それぞれの前置詞が持つ基本的なイメージを理解しましょう!

場所を表すat / in

Q 入るのはどっちの前置詞?

 I met him by chance( ① )the hotel entrance.
 私はホテルの入り口で偶然彼に会った。

 I met him by chance( ② )London.
 私はロンドンで偶然彼に会った。

 

A ① at、② in

at:~で、~に

atは「地点、ある1点、具体的な場所」を表します。特定の位置をピンポイントに指し示すイメージで、in よりも狭いエリアに対して使います。

at home(家で)、at that shop(あの店で)、at the museum(美術館で)、at the bus stop(バス停で)のように、後ろには店や特定の場所などが入ります。

I bought this CD at the store near my house.
私はこのCDを家の近所の店で買った。

Let's meet at the station before noon.
12時前に駅で会おう。

in:~の中で(に)、~で(に)

at が1点を表すのに対し、in はより広い範囲に対して使います。「~の中にいる(ある)」というイメージです。

in the world(世界で)、 in Japan(日本で)、in Okinawa(沖縄で)のように、 国や都市といった広い場所や空間などを表します。

例えば次の例文を見てみましょう。

We stayed at ABC Hotel in Italy.
私たちはイタリアのABCホテルに滞在した。

ここでは、at が具体的な場所を示しているのに対し、in はより広い範囲を表す際に用いられているのが分かります。

This is the best bakery in this city.
ここはこの街で一番のパン屋だ。

I go to a gym in Tokyo.
私は東京にあるジムに通っている。

時を表すat / inもチェック!

場所以外に、時間を表す場合にも前置詞の at や in を使います。at が「何時何分」という具体的な時刻や、at that time(そのときに、当時は)のように限られた時間を表すのに対し、in は季節や年、月など、ある程度長い時間を表します。

「at は1点、in は広い範囲」という基本のイメージが、場所にも時間にも共通しているということです。

The shop opens at 10:30.
そのお店は10時30分に開店する。

Let’s talk about it at lunch time.
昼食時にそれについて話そう。

This hairstyle was very popular in the 1980s.
この髪型は1980年代にとても人気があった。

In Japan, we have cherry blossoms in April.
日本では4月に桜が咲く。

方向を表すto / toward

Q 入るのはどっちの前置詞?

 Our hotel room faced( ① ) the ocean.
 私たちのホテルの部屋は海に面していた。

 I went( ② ) the store after work.
 私は仕事のあとその店に行った。

 

Atoward、② to

to:~へ

to の基本的なイメージは「方向、到達」です。2点を結ぶ矢印のように、ある地点からある地点へと移動する様子を思い浮かべてください。「to+場所」は目的地に到達していることを意味します。例えば、She walked to the station.(彼女は駅まで歩いた)という文の場合、駅の方に歩いていき、駅に到着したことを示しています。

We went on a trip to Paris for the winter.

私たちは冬の間パリへ旅行に行った。

My children go to summer camp every year.
子どもたちは毎年サマーキャンプに行く。

toward:~の方へ、~に向かって

towardの基本的なイメージも「方向」ですが、「到達」のニュアンスを含まない点が to との大きな違いです。つまり「toward+場所」は、目的地に到達しているかどうかではなく、ある方向に向かって移動していることだけを表します。

She walked toward the station.(彼女は駅に向かって歩いた)という文の場合、「駅の方に歩いた」ことは明確に伝えていますが、実際に駅にたどり着いたかどうかは分かりません。

また、toward移動を伴わない場合、「~を向いて、~に面して」という意味で用いられます。

We rode a train headed toward Kamakura.
私たちは鎌倉方面に向かう電車に乗った。

Mary sat with her back toward the window.
メアリーは窓に背を向けて座った。

期限を表すby / until

Q 入るのはどっちの前置詞?

 I’m free today( ① )lunch.
 今日はお昼まで暇だ。

 We need to finish the meeting( ② ) 3:00.
 3時までに会議を終わらせる必要がある。

 

Auntil、② by

by:~までに(は)

by は時間の期限を表します。by next Monday(次の月曜日までに)、by the end of the month(今月末までに)、by the time ~(~するときまでに)などのように使います。

例えば Tom will come here by 12:00. は「トムは12 時までにここへ来るだろう」という意味です。

Let’s try to finish this report by at least 4:00.
せめて4時までにはこの報告書を仕上げよう。 

I need to call the client with an answer by tomorrow morning.
明朝までにクライアントに回答を電話する必要がある 。

until:~まで(ずっと続く)

byuntil も「~まで」という意味ですが、until動作や状態が継続していることを表します。そのため肯定文で until を使う場合は、Tom will be here until 12:00.(トムは12時までここにいるだろう)のように、継続状態を表す動詞と共に使うと違和感のない英語になります。

I have to work until 2:00 on Saturday.
日曜日の2時まで働かなければならない。 

We plan to stay in New York until March.
私たちは3月までニューヨークに滞在する予定だ。

まとめ

今回のクイズはいかがでしたか? 前置詞は地味な品詞ですが、正しく理解すれば適切な表現が身に付き、英語力に磨きがかかります。それぞれの前置詞が持つ基本のイメージを捉えて、実際の会話でどんどん使ってみてください!

それでは、次回もお楽しみに!

東京・根津エリアを散策するデイビッド・セインさん

デイビッド・セインさんのオススメ本

日本人が間違えやすい英語の動詞、助動詞、形容詞、副詞の類義語を48ペア取り上げて、その違いを比較しつつ、単語ごとのニュアンスと使い分けをデイビッド・セインさんが指南する一冊です。ドリル形式の練習問題を解きながら、ネイティブの表現感覚が体得できます。

間違えやすい英文法使い分けドリル

間違えやすい英文法使い分けドリル

  • 著者: デイビッド・セイン
  • 出版社: ディーエイチシー
  • 発売日: 2019/03/14
  • メディア: 単行本

David Thanye

David Thayne(デイビッド・セイン)

米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での30年にわたる英語指導の実績をいかし、英語学習書、教材、ウェブコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。NHKレギュラー出演の他、日経・朝日・毎日新聞等に連載。企業・学校等でビジネス英語、TOEIC、日本文化を英語で紹介する講演会や行政向けのセミナーも開催。近年は自然英語キャンプを主催し、オンライン英語教育システムも開発中。AtoZ Englishwww.atozenglish.jp)主宰。

写真:山本高裕