GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

AI翻訳機「Langogo(ランゴーゴー)」にオフライン翻訳機能(英語、中国語、韓国語、日本語の4言語)が追加

f:id:eguta:20190512135459p:plain

株式会社HAILイノベーションは世界92言語に対応したAI搭載の音声翻訳機Langogo(ランゴーゴー)」にオフライン翻訳機能(英語、中国語、韓国語、日本語の4言語)を追加したことを発表しました。

オフライン翻訳機能を搭載

Langogo(ランゴーゴー)は世界92言語(2019年4月時点)に対応し、ボタンを押しながら話しかけるだけで瞬時に外国語に翻訳してくれるAI音声翻訳機です。

今回、さらなる使い勝手の向上のためにオフライン翻訳機能が追加されました。これまでネットワーク接続がないい状態では翻訳機能を使うことができませんでしたが、今回の仕様変更により、ネットワーク接続がない環境でも翻訳機能を使用が可能になりました。

電波状況が良くない状態で Langogo(ランゴーゴー)の翻訳機能を起動すると、「オフライン翻訳機能に切り替えますか?」というお知らせが表示され、「はい」を選択することでオフライン翻訳にモードに移行します(オフライン翻訳モードでの翻訳は、英語、中国語、韓国語、日本語の4カ国言語のみ)。

言葉の壁をなくす

株式会社HAILイノベーションでは、AI音声翻訳機 Langogo(ランゴーゴー)を使うことで外国人とのコミュニケションが円滑になり言葉の壁をなくすことを目指しているとのこと。

昨今、訪日外国人の増加や入管法改正に伴う外国人労働者の増加により、さまざまな現場で外国人とのコミュニケーションが求めらています。2019年ラグビーW杯、2020年東京オリンピックなど国際的なイベントが目白押しであり、今後もますます訪日外国人が増加することが予想されています。

株式会社HAILイノベーションでは外国人とのコミュニケーションツールとしてLangogo(ランゴーゴー)を広めることに注力していくそうです。

「Langogo(ランゴーゴー)」の機能

92カ国の言語に対応し、「高精度な翻訳」を「即時」に実現する双方向のAI搭載の音声翻訳デバイスです。独自のアルゴリズムにより翻訳時間は最速1秒を実現しています。

またAIの技術を活用することでより自然な翻訳となっています。通信料は3年間無料(翻訳機能に限定)なので、面倒な手続きが必要なく、購入後すぐに使用できます。

また、LangogoはWiFiルーター機能を兼ね備えており、SIMカードスロットにデータ通信用のSIMカードを挿入するか、もしくはLangogoの画面上からデータパック購入(eSIM機能)することにで、WiFiルーター(同時接続数は6)としても使用できます。

Makuakeでのクラウドファンディングでは、約2000万円の出資を集めるほどの人気でした。

www.makuake.com

商品名:Langogo(ランゴーゴー)
小売希望価格:32,700円/個 (税別)
セット内容:本体・説明書・USB TypeC ケーブル・ストラップ
カラー:黒、白、ダークブルー

詳しくはこちらから

langogo.hail.co.jp

GOTCHA! 編集部

構成:GOTCHA! 編集部

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。