GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語の効果的なリスニング勉強法を徹底解説!【関 正生】

関 正生さん

誰にでも訪れる英語の伸び悩み。連載「やりぬく!英語学習」では、今まで多くの生徒が抱える英語上達の伸び悩みを解決してきた関 正生さんが、徹底解説!英語の勉強法に関するよくあるお悩みから、自身が行って抜群に効果のあった方法まで、飛躍的に英語力が向上する勉強法を伝授します。今回はリスニング力を上げる勉強法です。

 

質問1

楽しみながらリスニング力を付けるために、洋画を見ようと思います。英語学習に向く作品の選び方はありますか?

その前に、ハードルの高さを知っておこう

「字幕なしで洋画が楽しめるようになりたい!」というご相談を、よく頂きます。でもこれって実は、メチャクチャ難しいことなのです。映画の中では、さまざまな社会階層の人、出自(しゅつじ)の人が、それぞれなまりやクセのある英語を、ナチュラルスピードで話しています。

スラング、流行語、文化や歴史背景を知らないとピンと来ないジョークや言い回しもたくさん出てきます。英検1級とか、TOEIC満点レベルのリスニング力よりも、字幕なしで洋画を見て、完璧に聞き取ることは、はるかに上のレベルなのです。

コツは自分が好きな作品を選ぶこと

それでも英語で洋画を見ることで、英語の音に慣れる、好きな俳優がこんな表現をしていたと発見するなど、英語学習上で得るものはたくさんあります。

せりふの一言一句がわからなくても、物語全体の意味が理解でき、ストーリーが楽しめる程度を目標とするのは、よいことです。

英語学習を念頭に、映画を選ぶ際のポイントは、至ってシンプルです。それば、自分が好きなジャンルを選ぶこと。どんなに人から勧められても、あなた自身が面白いと思えない作品は、あなたの英語学習に向く作品とはいえません

また、好きな映画を英語で見ているだけで、リスニング力が付くかというと、それは無理というもの。せりふの一つ一つを意識して、真剣に聞き取るよう集中することが重要です。

 

質問2

リスニング力を付けるために、先生がやって効果的だった勉強法を教えてください。

日本アニメの英語版を見る

よく、アメリカ大統領のスピーチが勉強になるとか、TEDを聞きなさいとか、いろいろ言いますよね。でもぼくには、どれもまったく面白くありませんでした。

洋画も同じで、定番の恋愛映画からホームドラマまで、一通り見ましたが、何一つ面白いと思えなかったんです。

そんな風に路頭に迷っていたときに出合ったのがアニメでした。日本の人気アニメの英語版が、逆輸入でたくさん日本に入ってきていたのです。ぼくは『DEATH NOTE』(デスノート)をずいぶん見ました。

TEDは敷居が高いけれど、アニメなら入りやすいという人は少なくないと思います。日本でヒットしたアニメ作品は、たいてい英語版が出ていて、DVDでも売っていると思いますから、お気に入りの作品を探してみてください。

録音教材も活用

アニメを見る

映画の英語が想像以上に難しいという話を冒頭でしましたが、これと対照的に聞きやすいのが、英語学習者用に録音されたリスニング教材です。

登場人物やナレーターが台本に基づいて、きれいな英語で話してくれているからです。せっかくそういう素材があるのですから、TOEICや英検用の教材を含め、積極的にリスニングの勉強に使わない手はありません。

僕も受験英語やTOEICで、リスニング教材をやりました。でもそればかりだと飽きてしまうので、好きな洋画でも、アニメの英語版でも見ればいい。

映画の中で話されている英語の聞き取りは、究極のゴールのようなもの。いきなりそのレベルに挑戦して挫折するより、ゴールを意識しながらも、そこに至るまでの過程として、いろいろなリスニング素材を取り入れていくほうが、無理なく力がつくと思います。

リスニング対策に効く!オススメの本

『世界一わかりやすい 英語の発音の授業』(KADOKAWA)

発音には「弱形」と呼ばれるものがあります。といっても、小さな声で発音することではありませんよ。ネイティブスピーカー同士が話すのを聞いていると、for、from、andなどが聞き取れないことがあります。彼らはもともと、forはフォ、fromはフム、andはンとしか発音していないのです。これが「弱形」です。

「弱形」のおかげで、 ‘Ham and eggs. ’は‘ハマンネッグス’のように聞こえます。「弱形」なのだから、「ハム アンド エッグス」のように、‘アンド’を小声で弱く言えばよさそうな気がしますが、そうではありません。andは最初から、(大きな声でも小さな声でも)「ン」や「アン」と発音する。これがルールです。

同様に、himもヒムとは言わず、イムと発音し、‘Ask him. ’は‘アスク・ヒム’ではなく、‘アスキム’のように聞こえます。そのように発音しているのですから、そのように聞こえてよいのです。「弱形」をマスターすると、英語がぐんと聞き取れるようになりますが、この本では、日本人があまり気づいていない、こうした英語の発音理論を含めて解説しています。

カラー改訂版 CD付 世界一わかりやすい英語の発音の授業

カラー改訂版 CD付 世界一わかりやすい英語の発音の授業

 

関正生さんのおすすめ新刊

▼7/1発売!秋の英検で取得を考えている人におすすめです。とても詳しい解説付き!

2019-2020年度用 CD2枚付 世界一わかりやすい 英検準2級に合格する過去問題集

2019-2020年度用 CD2枚付 世界一わかりやすい 英検準2級に合格する過去問題集

 
2019-2020年度用 CD2枚付 世界一わかりやすい 英検2級に合格する過去問題集

2019-2020年度用 CD2枚付 世界一わかりやすい 英検2級に合格する過去問題集

 
2019-2020年度用 CD2枚付 世界一わかりやすい 英検準1級に合格する過去問題集

2019-2020年度用 CD2枚付 世界一わかりやすい 英検準1級に合格する過去問題集

 

▼英語力が上がるにつれて、知識が増えるからこそ「え、これでそんな意味になるの?」「適切な前置詞はどっち?」など、次々と疑問が湧いてきませんか? 読者の皆さんから寄せられた文法・語法に関する質問を基に、中・上級者が迷いがちな英文法の「ツボ」を10個取り上げて、具体例と共に解説します。

[音声DL付]意外に知らない英文法のツボ10 EJアーカイブス (アルク ソクデジBOOKS)

[音声DL付]意外に知らない英文法のツボ10 EJアーカイブス (アルク ソクデジBOOKS)

 

※本書は英語学習雑誌『ENGLISH JOURNAL』2017年1月号に掲載された記事を再構成し、電子書籍としてまとめたものです。

関正生さん


関 正生

 

大学在学中から予備校の英語講師を務め、全国の予備校で250人の教室を毎回満席にした実績を持つ、伝説の講師。「有吉ジャポン」や「スタディトライ」といったテレビ番組にも出演。リクルートのオンライン予備校「スタディサプリ」で講師を務める。著書は『大学入試 世界一わかりやすい英語の勉強法』(KADOKAWA)、『サバイバル英文法「読み解く力」を呼び覚ます 』(NHK出版)など75冊。「世界一わかりやすい」シリーズなどで累計145万部以上と、ベストセラー本が多数。現在、NHKラジオ『基礎英語3』(NHK出版)や『CNN ENGLISH EXPRESS』(朝日出版社)でも連載中。公式Twitterアカウントはこちら

語り:関 正生
取材:田中 洋子