GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

忙しくてもTOEIC900点越え!英語力アップに効くノート術

英語が身につく小さなノート術

手帳術やタスク管理に関する本はたくさん出版されていますが、英語学習に的を絞ったものはなかなかありません。英語学習者ならチェックしておきたい本がこちら、『英語が身につく ちいさなノート術』。著者は、仕事や子育てと英語学習を両立させ、TOEICで900点を突破した、ブロガーのMarieさんです。

英語が身につく ちいさなノート術

英語が身につく ちいさなノート術

 

Marieさんはどんな人?

Marieさんは、2児の母として子育てもしながら、英語や中国語などの多言語学習を実践しているブロガー。手帳術やタスク管理についての情報発信もしています。

この本では手帳に重点を置いていますが、アナログとデジタル、どちらのツールもバランスよく活用して暮らしをマネジメントするのがMarieさん流です。

mandarinnote.com

できることを淡々とやる

仕事や家庭を持っている人なら、「とにかく毎日時間がない!」というのが正直な気持ちではないでしょうか。その上、英語学習の時間を確保して、毎日続けるなんて・・・と思うかもしれませんが、それはMarieさんも同じ。

本書にはこんな言葉がつづられています。

自分にないものを嘆くだけでは前に進めません。手のかかる子供も、思うようにいかない職場環境も、手助けが必要になった親のことも、全部込みでかけがえのない自分の人生です。やるべきことをやって、残った手持ち時間で、自分にできることを淡々とやる。

TOEICで900点を取るにはかなりの努力が必要だったと思いますが、やはり「残った手持ち時間」に「淡々と」やることが大切なんですね。毎日少しずつ続けていけば、必ず成果に結びつくのです。

そして、「できることを淡々とやる」ために、Marieさんが活用したのがノートです。

英語学習に使える時間を把握する

本書ではまず、学習に使える時間を把握することを勧めています。現実的な学習プランを作るには、「英語学習に使える時間がどれだけあるか」を把握する必要があるからです。

使うツールは、Excelで作った表でも、スマホのアプリでもOK。毎日、何にどれくらいの時間をかけているかを記録すると、意外なスキマ時間が見つかるものです。

学習にかかる時間を計測する

次は、「勉強するのにどれくらい時間がかかるか」を計測します。

例えば、「20章ある本を、毎日1時間ずつ、20日かけて終わらせる」とプランを立てるとします。しかし、実際に始めてみたら1章をこなすのに2時間かかった場合、あっという間にこの計画は守れなくなってしまいます。

だから、前もって「勉強するのにかかる時間」を把握することを本書では勧めているのです。

勉強した分量と、それにかかった時間を記録しておくことで、「この分量ならこのくらいの時間がかかる」という感覚をつかめるようになります。

もし、1章こなすのに2時間かかるならば、「毎日1時間×40日」で20章を終えられます。

こうすることで計画倒れになることが減り、学習を続けられるようになるんですね!

計画はこまめに見直す

とはいっても、「だんだんテキストが難しくなり、最初のころのように学習が進まなくなってきた」ということもあるでしょう。

「1章を2時間でやる」と思っていたのに、3時間かかるようになった場合もあるかもしれません。

Marieさんは、「いきなり1冊分の計画を立てず、3章ごとくらいに計画を見直す」ことを勧めています。

スキマ時間でできることのリストを作る

次に取り組みたいのが、3分、5分というスキマ時間でできる英語学習をリスト化しておくこと。

3分あれば、TOEICのPart3や4の音読ができますし、10分あればPart 5を1セット30問解くこともできるのです。

いざ時間ができたときに「えーっと、何しようかな」と考えているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。準備をしておけば、時間を無駄にせずに済みますね。

まとめ

手帳と文房具

スタイリッシュな写真がいっぱいで、おしゃれな印象の本書。しかし、本書が提案する学習法は意外と地道なものです。そして、この地道な学習を続けることを、ノートがサポートしてくれるのです。

あれやこれやと言い訳をして、ついつい英語学習を先延ばしにしている人、三日坊主になっている人には、自分の生活と英語学習を見直すきっかけになりそう。

新年度が始まった今、ぜひ手に取りたい1冊です。

英語が身につく ちいさなノート術

英語が身につく ちいさなノート術

 

GOTCHA! 編集部

文:尾野七青子

都内某所で働く初老の元OLにしてフリーライター。学問に王道なし。「地道にコツコツ」が基本ですね。