GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

マスターズで復活優勝を遂げた、タイガー・ウッズが語ったこと【英語多読ニュース】

マスターズで復活優勝を遂げた、タイガー・ウッズが語ったこと【英語多読ニュース】

「英語多読ニュース」(4月17日号)。今回は、アメリカのジョージア州で開催されたマスターズ・トーナメントで復活優勝を遂げた、タイガー・ウッズ氏に関するニュースを取り上げます。

ゴルフ界のスーパースターだったタイガー・ウッズ氏が、最後にメジャーで優勝したのは2008年の全米オープン。あれから11年。人生の谷を越えたウッズ氏が、世界中の人達が見守る中、マスターズで優勝を果たし大復活を遂げました。

イギリスの「The Guardian」の記事は、この復活を次のように評しています。

This one was for the sinners, one for the egotists, addicts, idolaters and fornicators, for those who have suffered, those who have recovered and all the rest too, for everyone who ever believed in second chances or who just loves a good comeback story.

この復活は罪人のためであり、傲慢な人、薬物依存者、偶像崇拝者、浮気をしている人のためであり、病気をわずらう人のためであり、回復した人、そうでない人すべてのためのものでもあり、また、セカンドチャンスを信じる人、立派な復活劇を好むだけという人のものであった。

www.theguardian.com

ウッズ氏といえば、10年前の2009年に不倫が発覚、そのドタバタの中で交通事故を起こした後に第一線を退きました。2012年に一度、戦線に復帰したものの、2013年以降は腰のけがに悩まされ続け、その後は手術と投薬の日々。そして、2017年に4回目の手術を受けました。

Woods underwent surgery on his back for a fourth time in April 2017, which by his own admission was the last throw of the dice in respect of saving a record-breaking career that had regressed towards deep turmoil. In the lead-up to that operation, a spinal fusion, he told of being unable to sit at a dinner table or play with his children due to the extent of his physical impairment.

ウッズは2017年4月に、4度目となる腰の手術を受けた。本人が語ったところによると、その手術は、泥沼化した彼の記録破りの人生を取り戻すための、最後の賭けだった。その脊椎固定手術の直前、彼は身体的な障害がひどく、食事の席につくことができず、子どもたちと遊ぶこともできないと語っていた。

www.theguardian.com

そんな状態からの復活ですから、ウッズ氏自身、今回の優勝はこれまでのどの勝利よりもうれしかったに違いありません。

I could barely walk. I couldn’t sit, couldn’t lay down. I really couldn’t do much of anything. This is just unreal, to be honest with you. This has meant so much to me and my family, this tournament, and to have everyone here, it’s something I’ll never, ever forget.

歩くこともままならず、座れず、横になることもできませんでした。本当にほとんど何もすることができなかったんです。正直、今回の勝利は本当に信じられません。これは私と家族にとって大きな意味のあることです。今回のトーナメントも、みんながここにいることも。それは生涯忘れることのない出来事です。

To have my kids there, it's come full circle. You know, my dad was here in '97 and now I'm the dad with two kids there.

私の子どもたちがここにいて、物事が一巡して元に戻った感じがしています。なぜなら、97年には私と父がこの場所にいて、今は私が父親になって2人の子どもたちが一緒にいるんですから。

www.beinsports.com

どの記事の写真でも、素晴らしい笑顔を浮かべているウッズ氏。2017年に薬物の影響を受けていた当時の写真とは大違いで、この復活は本当に良かったですね。

ちなみにタイガー・ウッズ氏が試合後の記者会見で語った内容は、下の記事で読むことが(動画を見ることも)できます。

sports.yahoo.com 

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。本当のゴルフは未体験ですが、ゴルフのテレビゲームはかなり得意でした。