GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「雑にあしらわれた」を英語で言うと? ネイティブのフレーズ

「雑にあしらわれた」を英語で言うと? ネイティブの英語

Hapa 英会話を主宰する Jun 先生が、Podcast で配信しているレッスン内容の一部をクイズ形式にして紹介します。5回目の今回は、Podcast 第124回(2016/12/9配信号)の「​ 日米間の謝罪のギャップ」についてです。アメリカ人は謝るのが苦手?日本人の礼儀正しさをアメリカ人はどう感じているの?気になるトークを聞いてみましょう。

Hapa 英会話の Podcast をご存じですか?2000万ダウンロード数を超える大人気の番組です。毎週1回のペースで配信していて、iTunes やブログからも聞くことができます。Podcast を約30分聞くだけで、2人のネイティブの会話が聞き取れるようになりますよ。会話で使われたフレーズが、自分でも使いたくなるような例文を紹介しています。ナチュラルな英語に触れ、トピックを楽しみましょう!

日米間の謝罪のギャップ

あらすじ

アメリカ人の、ジェフリーとニックが「謝罪」について話し合います。日本人は謝り過ぎることで知られていることについて触れ、ジェフリーは冗談で、アメリカ人は自分の行動に対して謝罪しないと言いました。

ニックは、日本人は「ささいな出来事」に対しては謝罪するが、より大きな問題に直面すると、それについては話すのを避ける傾向があると考えています。その反対に、アメリカ人は困難な問題には直接向き合うと彼は考えています。

ジェフリーは、アメリカ人は誰かに借りたものが壊れた場合、返すときに、自分がそれを壊したと認めるのではなく、それが勝手に壊れたと主張するという仮説を立てました。ジェフリーは、アメリカ人は自分の行動に対して、より責任を回避しようとする傾向があると考えています。一方、日本人は初めから物に欠陥があったとしても、謝ってしまう傾向があると考えています。

ジェフリーとニックの会話の一部を見てみましょう

Jeffrey: I don’t like assuming responsibility for things. I don’t—if I make a mistake, I’m not gonna (going to) apologize about it. I’m just gonna be...just a total ass and, just...“No, it’s your problem.” (laughs) That’s—that’s kind of an American stereotype, do you think? Or…

ジェフリー:僕は物事に責任を取るのは嫌いだな。もし間違えたって、謝らないよ。僕はいやなヤツになって、「お前の問題だよ」と言うね(笑)。これって典型的なアメリカ人だよね。それとも・・・

Nick: I feel—I feel really bad. I’m sorry that we made people feel this way. Um...

ニック:いやだな。僕たちがみんなにこんなふうに感じさせてしまうのは残念だよ。えーと・・・

Jeffrey: (laughs) So Americans and apologizing. Um, I think a lot of Americans might say Japanese people are too polite and they apologize too much. Um...what do you think?

ジェフリー:(笑)だからアメリカ人と謝罪。ええと、僕は多くのアメリカ人は、日本人は礼儀正しく過ぎるし謝罪し過ぎると言うんじゃないかと思う。うーん、どう思う?

Nick: So this...this is particularly interesting to me because I think, um, that Japanese people apologize for very small slights, uh, but I think when it comes to a bigger problem, they’re more likely to just say, “Let’s never talk.”

ニック:それで、これは僕にとって特に興味深いことなんだけど、日本人は小さい失礼なことには謝るけど、あー、もっと大きな問題になると、「決して触れるな」と言いそうだと思う。

Nick: Or let’s never talk about it. Let’s not address it, and let’s just move on. I don’t want to, you know, call a spade a spade, admit it and just...yeah.

ニック:または「この話はやめよう」とか「これには対処しないで先に進めよう」とか。僕はそんなのはいやなんだよ。はっきりさせようよ、認めてさあ・・・。

Jeffrey: So confrontation?

ジェフリー:対立ってこと?

Nick: Exactly, it’s—it’s a confrontational avoidance mechanism, right?

ニック:その通り。それは対立的回避メカニズムだよね。

Jeffrey: Okay.

ジェフリー:なるほどね。

Nick: Um, and so I’m pretty—it’s pretty interesting to me to hear that Americans don’t prefer to apologize, ‘cause (because) at least, uh, in the relationships and things that I see on TV and everything in—in everyday life, uh, we—we really like to deal with problems, say, “Hey, you know, like, did I do something wrong?” You know?

ニック:んー、アメリカ人は謝りたがらないと聞くのは、とても興味深いよ。少なくとも、テレビで目にするような人間関係のようなことにしてもそうだけど、日常のどんな事柄についてもアメリカ人は謝りたがらないからね。謝罪することを好まない僕たちは、「ねえ、僕、何か間違ったことをした?」とか言って問題に対処するのが本当に好きなんじゃないかな。分かる?

ネイティブが使う英語フレーズクイズ5

さっそく、クイズを解いてみましょう。かっこの中に入るフレーズを次の5つから選びましょう。ダニエルとスティーブが会話で使ったフレーズからのクイズです。

●  addresscall a spade a spade /confrontlikely /slight

クイズ

Q1.彼は他の支店に異動させられそうだ

He is (  ) to get transferred to another branch.

Q2.対処しなければならない問題がいくつかあります。

There are some issues we need to(  ).

Q3.はっきりと言いましょう。

Let’s (  ).

Q4.そんなに気になるんだったら、彼と直接向き合ったら?

If it’s bothering you so much, why don’t you (  ) him?

Q5.彼を侮辱するつもりはなかったんだ。申し訳ないと思ってるよ。

I didn’t mean to (  ) him. I feel terrible.

クイズの答えと解説

クイズの答えと、Podcast でジェフリーとニックが会話で使ったフレーズの例文を紹介します。声に出して言ってみましょう!場面を想像して練習すれば、自分の言葉として使えるようになりますよ。

Q1.likely (〜しそうである / 〜らしい)

He is likely to get transferred to another branch.

彼は他の支店に異動させられそうだ

likely は「〜しそうである」や「〜らしい」などの意味ですが、同じ意味で使われるprobably に比べ、起こり得る可能性が若干低めのニュアンスがあります。例えば、It’s probably going to rain today. と It’s likely to rain today. は、両方とも「今日は雨が降るだろう」という意味で、 likely の方が雨の降る可能性が若干低いニュアンスになります。

「〜する可能性が高い」は  more likely、「〜する可能性が最も高い」は most likely逆に「〜する可能性は低い」は unlikely、「〜する可能性が極めて低い」は very unlikely と言います。

She will most likely move back home with her parents.
彼女は恐らく実家に帰るだろう

It’s very unlikely that team is going to win. They are huge underdogs.

あのチームが勝つ可能性は極めて低いよ。全く勝ち目がないね。

Q2.address(〜に対処する)

There are some issues we need to address.

対処しなければならない問題がいくつかあります。

address は、状況によってさまざまな意味を持つ単語ですが、会話の中でニックは、「問題に取り組む/対処する」という意味で使っていました。トラブルが発生した際、原因や問題点を取り上げ、みんなで話し合って対処することも表します。

I really think you need to address that matter at the next meeting.

次回のミーティングで、その問題を取り上げないといけないと思います。

Has this issue been addressed yet?

この問題は既に取り上げられていますか?

Q3.call a spade a spade(ありのままに言う)

Let’s call a spade a spade.

はっきりと言いましょう。

物事を遠回しに言ったり、あいまいにすることなく、率直に言うことを意味する表現です。特に言いづらいことや、人を不愉快にさせてしまうようなことでもはっきりと言うニュアンスが含まれ、日本語の「歯に衣着せぬ」に相当する言い方です。

この spade は農具の鋤(すき)を指し、call a spade a spade を直訳すると「鋤を鋤と呼ぶ」になります。つまり、鋤を園芸用品(a gardening tool)などと遠回しに呼ばずにはっきり呼ぶ、という意味です。この表現は少し古い言い回しで、最近は tell it like it is と言う方が一般的です。

I call a spade a spade and tell you exactly how I feel.

私は白黒はっきりさせる性格なので、素直な気持ちを言いますね。

I like Justin because he tells it like it is.

ジャスティンは何でも思ったことを素直に言うから好きだね。

Q4. confront(立ち向かう)

 If it’s bothering you so much, why don’t you confront him?
そんなに気になるんだったら、彼と直接向き合ったら?

confront は基本的に2つの状況で使われます。一つ目は、問題や困難に直面した際、それらと真正面から向き合うという意味。二つ目は、人と何かしらのトラブルがあった際、互いに面と向かって対立することを意味しますが、そのような状況では口論になることが多いです。今日の会話でジェフリーは confrontation と言いましたが、これは confront の名詞形です。

Don’t avoid your problems. You have to confront it.

問題を避けるのではなく正面から向き合わないと

I’m really bad at confrontation.

私は対立するのが本当に苦手です。

Q5.slight(〜を軽んじる/侮辱する)

I didn’t mean to slight him. I feel terrible.

彼を侮辱するつもりはなかったんだ。申し訳ないと思ってるよ。

slight は、相手に敬意を示さず失礼な行動をとることを意味します。誰かを無視したり、冷たい態度を取ったり、人の発言や行動に注意を払わなかったり、人を粗末に扱ったりすることを表します。ちなみにニックは会話の中で、この slight を名詞として使っています。

Make sure you do your best not to slight any of the participants.

参加者を誰一人として軽んじることのないよう最善を尽くしてください。

It might just be me but I felt like I was slighted by the host at the event last night.
気のせいかもしれませんが、昨晩のイベントで司会者から雑にあしらわれたように感じました。

会話の音声を聞いてみよう「日米間の謝罪のギャップ」

●今回お届けするのは、「日米間の謝罪のギャップ」に関するジェフリーとニックのトークです。二人は謝ることについてどう感じているのか、日本人の礼儀正しさをどのように思っているのかを聞いてみましょう。

聞き取りのヒント

1. What does Jeffrey say Americans think about Japanese politeness?
ジェフリーによると、日本人の礼儀正しさについてアメリカ人はどう考えていますか?

2. What does Nick think Japanese apologize for?
ニックは、日本人がどんなことに対して謝罪すると考えていますか?

3. What does Jeffrey think an American might do if something they were given broke on their watch?
ジェフリーは、アメリカ人は自分が何かを使っているときにそれが壊れたらどうすると考えていますか?

聞き取りのヒントにある質問の答えと、今回のフレーズは Hapa英会話のブログで詳しく読めます。

hapaeikaiwa.com

音声は、iTunesでもPodcastに登録できます。

Hapa英会話 Podcast

Hapa英会話 Podcast

  • Jun Senesac: バイリンガル 英会話 & ビジネス英語 講師
  • Language Courses
  • USD 0

次回もお楽しみに!

期間限定!無料で体験できる4つのコースをご紹介

『HAPA英会話プレミアムオンラインコース』は、リスニング力を上げたい方、日常会話でリアルな表現や実用的な表現を身に付けたい方にピッタリのコースです。4つのコースを体験してみませんか。動画を見て、さっそく無料でJun先生のレッスンを体験してみましょう!(3/21まで

プレミアムコース1「初対面の英会話」 (初心者向け)

ネイティブと英語で会話ができる基本的な能力やスキルを身に付けます。「いきなりネイティブ同士の会話を聞き取るのは難しい」という方におすすめ。会話の切り出し方、話題として使えるスモールトーク、そして会話の切り上げ方をステップ・バイ・ステップ形式で指導します。基礎となる雑談力の習得を目的としたコースです。 

プレミアムコース2「14名のネイティブから学ぶ生英語

毎週金曜日に配信している日本一の人気を誇る Podcast から、7つのエピソードを厳選しています。日常英会話で必要な実用性の高いフレーズや表現を効果的に学べるコースです。

プレミアムコース3「ネイティブ4人のグループトーク」

日常会話で話題になりやすいテーマについて、自分の意見や考えを発信できるようになり、ネイティブ同士の会話にも参加できるようになるための英語力を鍛えるコースです。1対1の会話程度なら問題ないけれども、複数名のグループトークに参加できずに悩んいる方にはピッタリのコースです。

プレミアムコース4「英語でディベート」(新カリキュラム)

中・上級者向けの新カリキュラムです。物事に対する自身の考えや見解を英語でしっかりと相手に伝える力を養います。自分の主張を裏付けるために、その妥当性をしっかりと証拠立てて述べ、ディベートに慣れているアメリカ人の共感を得る力を付けましょう。

www.hapaeikaiwa.com

ジュン セニサック

Jun Senesac(ジュン セニサック) アメリカ、ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親がアメリカで運営する英会話学校BYB English Centerにて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア大学サンタバーバラ校在学中に1年間、一橋大学へ交換留学。大学卒業後に再来日し、国際交流員として石川県の内灘町役場で2年間勤務。2011年にアメリカへ帰国し、BYB姉妹校をアーバインに開校。 2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を立ち上げる。2014年2月にスタートした Podcast の配信数が、合計2000万ダウンロードを突破し、iTunes Japanの『Best of 2014/2015/2017』に続いて2018年も選出される。

構成・編集:増尾美恵子