GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

ネイティブが仮定法に込める「キモチ」って?

ENGLISH JOURNAL 2019年3月号表紙

どうにもこうにも苦手な人が多い「英文法」。その中でも特に「仮定法」と聞くと、顔が曇る方も多いでしょう。「if を使い、とりあえず時制をずらして……」なんて、文法のルールは覚えていても、なぜこれが必要なの?なんて、考えたことはありますか?実は仮定法は「話し手の気持ちを表す」ために、とても便利に使うことができます。アルクの月刊誌『ENGLISH JOURNAL』に実際に登場した例を使って、ご紹介します。

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年3月号

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年3月号

  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: 雑誌

仮定法はなぜ必要なのか?

英語の学習を進めるとき、おそらく多くの人がつまずく文法項目、それが「仮定法」。英文の「見た目」と「実際に語られている」時制のズレに戸惑う人も多いのでは。テストのときにもたくさん間違えたし、「これって本当にこの文法を使わなきゃ、表現できない話なの……?」と思ったこともあるでしょう。

そんな仮定法が表す意味やその必要性について、『世界一わかりやすい英文法の授業』などでおなじみの関正生先生は、こう説明しています。

仮定法は「ありえない」ことを言うとき、つまり「妄想」について話すときに使います。もちろん日本語にも妄想はありますが、日本語と英語では「妄想の言い方」が決定的に違います。

日本語は「妄想なのか、本気で思っているのか」を明確に分けて示すことはなく、「空気を読む」必要があります。一方、英語の世界では「今、私が言っていることは妄想です」と明確に示す必要があり、そのための道具が仮定法というわけなのです。

「仮定法」は英語学の世界では「叙想法」と呼ばれます。その「叙想法」は、英語では subjunctive mood と言います。ちなみに mood という単語は「ムード(雰囲気)」ではなく、「気持ち」という意味です。仮定法には mood(気持ち)が込められるんです。「もし~できたら……。でも実際はできない。残念だ」という気持ちを伝えるのが仮定法の役目です。

仮定法は現実ではないことを明確にし、それに対する何らかの気持ちを一緒に伝える役割を持っている、ということですね。

「もし~できたら……。でも実際はできない。残念だ」という気持ちを伝えるのが仮定法の役目です。

仮定法を使わないと、どうなるの?

仮定法の構文で有名なものといえば、“if it were not for ~”(もし、~がなかったら)です。ここでは、“if it were not for 仮定法”(もし、仮定法がなかったら)、これまで仮定法を使って表していた文はどうしたらいいのか、考えてみましょう。

If I were you, I would see a doctor.
(私だったら、医者に診てもらうだろう)

You have to make the choice, but I really think you should see a doctor.
(あなたが選択すべきことだが、私は、あなたは医者に診てもらうべきだと本当に思う)

「私だったら」に込められた気持ちをしっかり説明しようとしたため、ちょっとまわりくどくなってしまいますが、伝えたかった気持ちはこんなふうになるでしょう。

Had it not been for the poor service, the restaurant would have been perfect.
(ひどいサービスがなかったら、そのレストランは完璧だったろうに)

Everything about the restaurant was good except for the service, which was very disappointing.
(そのレストランのサービスにはとてもがっかりしたが、それ以外はすべてよかった)

元の仮定法の文が含んでいた内容は、「レストランのサービスがひどかった」という事実の説明だけでなく、「それに対して残念だと感じた」という気持ちが含まれています。それらをすべて言葉にして説明しようとしたのが下の文で、やはり言葉数が多く、ちょっと長くなってしまいますね。

ネイティブは本当に仮定法を使っているの?

ここまで、「仮定法は気持ちを伝えるもの」だという話をしてきました。

そして、仮定法を使わなかったとしても、少し回りくどくなるものの、同じ意味を伝えることはできる、ということもわかりました。そうするとやはり、「仮定法はいらない」のでしょうか?

いえ、そんなことはありません。むしろ、ネイティブスピーカーもとてもよく仮定法を使います。

では実際、ネイティブスピーカーなら、どんなときに仮定法を使うのか、見てみましょう。2018年2月号~2019年1月号までの『ENGLISH JOURNAL』の中から、ネイティブの発言を調査してみました。

2018年3月号 マット・デイモン

I would’ve done the phone book if he’d asked me to do that, but instead, he asked me to do this incredible script and, as we’ve been saying, it’s just so unique.
(彼[アレクサンダー・ペイン監督]にやってくれと頼まれたら、電話帳だって読んだと思いますが、それどころか、彼が頼んできたのはこんな素晴らしい脚本でしたし、さっきから申し上げていることですが、この脚本は本当に独創的です)

自身の主演映画『ダウンサイズ』について語り、その監督を務めたアレクサンダー・ペインのことを褒める文脈で登場しています。実際に監督が「電話帳を読んでくれ」とマット・デイモンに頼むことはありえませんが、「もしそれがありえたとしても……」という仮定で述べています。

また、ここについて関先生は「後半(but 以降)は単に asked という過去形が使われて、仮定法ではなく現実のことを語っています。その妄想から現実に切り替わる際に、instead が効果的に使われていることにも注目してください」と解説しています。

ここのinsteadは「(電話帳を読むという)妄想の内容の代わりに、現実では」といったニュアンスを表現しているとのことです。

2018年11月号 ウディ・ハレルソン

He wouldn’t say it like that.
(彼ならこんな言い方はしないはずだ)

こちらは一見、「本当に仮定法?」と思った方もいるのでは。このような仮定法を「主語に仮定の意味が込められたパターンで、『彼は』ではなく『彼なら(彼だったら)』のように解釈しましょう。」と関先生はコメント。仮定法には必ずしも if 節があるわけではないということも覚えておきましょう。

仮定法のルールをおさらいしよう!

EJ1903_024-025_特集見開き

『ENGLISH JOURNAL』2019年3月号では、仮定法のルールについて、関先生が徹底解説。よく使う公式に則った仮定法から、if の倒置、また、先ほどの例にも登場した「if 節のない仮定法」などについても説明しています。この特集を読めば「仮定法=if」という認識ではなくなるはずです。

「文法ルールはわかっているよ」という方も、その英文に込められた意味や、実際の使われ方など、より深く確認してみてください。

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年3月号

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年3月号

  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: 雑誌
年間購読なら1冊分お得!

江頭茉里

構成・文:江頭 茉里
ENGLISH JOURNAL編集部員。夢は自分が編集した本ばっかりの本棚を作ること。 熱しやすく、冷めにくい。好きなもの・趣味が多すぎるのが悩み。