GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英会話で「単語を並べるだけ」から卒業!センテンスで話せる3ステップ

マルシェ

必要に迫られて英会話をするものの、単語を並べてなんとかサバイバルしている状態。そこから脱して、せめてきちんとした英文で話せるようになりたい!と一発奮起したフリーランサーの英語学習体験記をお届けします。

「単語を並べただけ」の英会話に限界を感じる

こんにちは、高橋一晃と申します。フリーランスとして働き、1年のうち数カ月、海外で暮らしていますが、英会話は初心者です。海外では英語が必須ですが、ついつい「単語だけ」でやりとりをしてしまいます。しかし、それには限界があります。特に、困っていることがあるときは、単語だけではうまく伝えることができません。

英語が得意な友人に相談すると、「中学生レベルの文法ができれば十分だよ」と言われました。

でも、どうやって中学英文法からやり直せばいいんだろう?というか、中学生レベルって、どんなレベル?中学生の英語の教科書で勉強すればいいのか?でも、本を持ち歩くのも大変だし。もう少し簡単にできて、隙間時間や移動中にもできるものといえば・・・?

人気書籍のエッセンスが詰まった「やり直し英語」アプリ

そこで、人気書籍シリーズがアプリになったという、アルクの「タテ×ヨコ」という英語学習アプリを使ってみることにしました。

※2019年3月31日まで特別価格【240円】で提供中!

「タテ×ヨコ」は、算数の100マス計算ドリルのように、タテとヨコを掛け合わせて英文を完成させます。

基本となる1つの文に対して、「タテ」7マスには「I、You、We、They、He、She、Tom」など基本的に主語が、「ヨコ」3マスには置き換えるフレーズのパターンが用意されています。そのマスをアプリ画面で動かして練習するうちに、英語の基礎を習得できるのだそう。

この学習法では、動詞の活用を意識しながら、語句を入れ換えてさまざまな内容の英文を繰り返したくさん作っていくので、核となる英文が自然と頭に定着するとのこと。

アプリ「タテ×ヨコ」の「日常英会話編」基本機能

早速アプリをダウンロードしてみます。英文法をやり直したい人向けの「タテ×ヨコ 日常英会話編」「タテ×ヨコ 高校入門編」「タテ×ヨコ やりなおし英語編」の中から、まずは私にとって最も必要になりそうな「日常英会話編」を選びました。

「学習スタート」ボタンをタップして、学習開始!

タテ×ヨコ

「タテ×ヨコ 日常英会話編」のスタート画面

STEP 0:スキットを読み、聞く

最初のスキットは「久しぶりに道で会う」場面。まさに日常英会話らしい会話です。英文と日本語訳が表示され、さらに音声を聞くこともできます。英文を見ながら音声を聞くのも、アプリなのでやりやすいです。リスニングの練習にもぴったり。

ちなみに、このSTEP 0は、「日常英会話編」だけに用意されているステップなのだそうです。

次のSTEP 1からは、スキットに出てきた基本英文を使って、主語やフレーズを言い換えながら、英文法の基礎を身に付けていきます。

STEP 1:マスを動かして英文を確認し、発音練習

ここでは、タテのマス=主語(I / You / They / …)と、ヨコのマス=フレーズfor ABC Inc. / in Tokyo / as [an] engineer[s])を組み合わせて、それぞれの場合に適した選択語work / works)を確認します。

音声を聞いて発音練習も行います。

タテとヨコのマスは、私のような大人の大きな指でもスムーズに動かせました。

タテ×ヨコ

スルスルとした動きで、まるでゲームをしているよう

英文はシンプルですが、シンプルだからこそ、活用の違いなどに気付きやすい!Iにはwork、sheにはworks、ではtheyには?タテとヨコを自由に動かして、自分のペースで学んでいくことができます。

発音練習では、スマホに向かって英文を読み上げると、発音が間違っていたら×、合っていたら〇が表示されます。音声認識の機能がある、スマホならではの学習法です。

主語やフレーズを入れ換えて英文を確認し、実際に声に出してみる。英文をただ目で見るだけより、自分で声に出して発音練習をすることで、自然と頭に入ってきます。

タテ×ヨコ

発音練習でいきなり不正解!gladがgoodに聞こえているようです

STEP 2:音読しながら穴埋め部分を書く

今度は、英文の穴埋め部分に自分で文字を打ち込んで英文を完成させます。便利なのは、間違えると瞬時に添削が入ること。すごい!

さらに、「詳しく見る」をタップすると、間違えた箇所についての解説が出てきます。リアルタイムの添削と解説で、間違えた理由がすんなり頭に入ってきます。

タテ×ヨコ

areをateと打ち間違えた!すぐに添削が入ります

STEP 3:日本語訳を見て英文を書き、言う

最後に、これまでに学習した英文の日本語訳を見て、英文を丸ごと書きます。発音練習もして、覚えているか確認します。

アプリ「タテ×ヨコ」の「日常英会話編」有料オプション機能

STEP 3には、有料オプションとして「フルセンテンスの英文添削」「総合テスト」「発音集中トレーニング」の3つの機能があります。ここまできたら、有料オプションでもっと学習効率を高めたい!というわけで、有料オプションにも挑戦です。

STEP 3(有料オプション):フルセンテンスの英文添削

日本語訳を見て書いた英文が、瞬時に添削される機能です。基本機能でも穴埋めの添削は受けられますが、オプション機能ではフルセンテンスの添削が受けられるのがポイント。

ピリオドの漏れからスペースの入れ間違い、大文字と小文字の書き分けまで、一瞬でしっかり添削され、驚きです。

今はSNSやインターネット検索でも英語を使う時代。スマホやキーボードで英語を打ち込む練習にもなります。

タテ×ヨコ

文頭の大文字、単語の間違い、スペースやピリオドのないところまで添削される!

STEP 3(有料オプション):総合テスト

15種のテスト形式が用意されています。テストとなると緊張感が走りますが、出題範囲や問題数、出題形式や回答形式をそれぞれ選べるので安心

例えば、

  • 出題範囲:ランダム
  • 問題数:10
  • 出題形式:英文
  • 回答形式:並べ替え

などと、自分で自由に設定してテストをすることができました。

問題を解き終わると、正解率も出してくれます。

電車に乗っているときやちょっとした待ち時間があるとき、今日はガッツリやりたいときなど、状況や気分に合わせて自分で設定できるので、いい感じ!

英文を見て解くのはもちろん、英文を聞いて解く形式もあるので、リーディングとリスニングの両方における自分の理解度を確認できます。

STEP 3(有料オプション):発音集中トレーニング

ここでは、ユニットを選択し、発音練習をします。これが結構難しい!お手本の発音を聞いた後、自分で発音してみますが、なかなか正解しません・・・。正解の〇が表示されるまで、何度も行います。英語の先生でさえ、こんなに根気よくダメ出ししてくれないのではないでしょうか(笑)。

タテ×ヨコ

whoはfood、canはcan’tと認識されてしまった?!

何度も何度もリトライし、やっと正解すると、達成感を得られます!同時に自分の発音の弱点や、今までずっと間違えて発音していた単語などに気付くことができました。

タテ×ヨコ

10回目くらいで、やっと正解しました!

発音する英文はこれまでに学習して理解しているので、発音に集中できるのもうれしいポイントです。

単語ではなく文で話せるようになった!

このアプリ「タテ×ヨコ」を使うことで、今までのように単語だけではなく、短くても文で話せるようになってきました。また、STEP 0の英会話のスキットも、現地の友人と話すときに自然に使えそうな内容なので、そのまま暗記して、ちょこちょこと使ってみています。

ワンランク上の学習は「高校入門編」で

私がアプリで英語学習をしていると、横で見ていた妻が「私もやってみたい」と言い出しました。妻は、日常英会話は問題ありませんが、ビジネス英会話にはちょっと届かないレベル。そこで、中学英文法をしっかり復習できる「高校入門編」にチャレンジしていました。

「高校入門編」も、STEP 0以外は「日常英会話編」と同じ流れで進んでいきます。コンテンツが変わっても、学習法が同じなのは助かります。

「日常英会話編」では学習するユニットは20個でしたが、高校入門編では25個。英文も長くなり、形容詞なども少し難しくなっています。簡単な文法なら問題ない、という方の場合、こちらの「高校入門編」からスタートするのもアリ!

まとめ

英会話のための英語の基礎が身に付けられるアプリの体験談をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

アプリ「タテ×ヨコ」は、自分の英語レベルに合ったタイトルを選び、文法、発音、リスニング、ライティングと、英語に必要な項目をしっかり勉強できます。スキマ時間を活用するもよし、ガッツリと学習時間を確保するもよし。

英検5級編」「英検4級編」「英検3級編」もあり、英語をやり直す大人だけでなく、中高生にもおすすめです!

「タテ×ヨコ」アプリ版と書籍版

アプリ版

※2019年3月31日まで特別価格【240円】で提供中!(アプリ本体[初期起動コンテンツ]の通常価格840円のところ)

書籍版

21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 日常英会話編

21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 日常英会話編

 
21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 高校入門編

21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 高校入門編

 
21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ やりなおし英語編

21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ やりなおし英語編

 
21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 英検3級編

21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 英検3級編

 
21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 英検4級編

21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 英検4級編

 
21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 英検5級編

21マスで基礎が身につく英語ドリル タテ×ヨコ 英検5級編

 

高橋一晃さん

文:高橋一晃

フリーランスとして仕事をしながら、主に日本が冬の期間に2カ月ほどマレーシアやタイで海外暮らしを実践中。いわゆるノマド。英語は初心者のため、海外滞在中は英語が話せる妻に頼りっ放し。せめて一人でスーパーに買い物に行けるくらいにはなりたいと、英語学習に挑戦中。