GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

真の成功者が身に付ける7つの習慣とは?【英語多読ニュース】

f:id:moutainbook:20190205142547j:plain

「英語多読ニュース」(2月6日号)。今回取り上げるのは、人生に成功するために必要な習慣を紹介する記事です。どんなことをすれば成功者となれるのでしょうか。

別に成功して大金持ちにならなくてもいいんですが、せめて整理整頓された生活を送りたいと思う今日このごろ。皆さんはいかがお過ごしでしょう。

なんてあいさつで書き出ししたのは、今回紹介する記事が「真の成功者が身に付けている習慣」に関するものだからです。

なんでもうまくこなす人を見て、ただうらやましがっているだけではなく、見習えるところは見習って、今回取り上げる記事が言うところの“conscentious person”(誠実な人)を目指しましょう。

生活にすぐ取り入れられる成功のコツ

さて、今回の記事はこちらです。

www.sciencefocus.com

早速、「真の成功者」が持つ7つの習慣を見てみましょう。

1. A place for everything ...

“A place for everything and everything in its place.”で「すべての物にはふさわしい場所がある」という意味があります。まさしくそれを実践できている人が「成功者」。

At home, they make their beds in the morning, wash their dishes directly after a meal, and take out the rubbish before it overflows. At work, they keep their desks tidy and their paperwork filed away. In addition, they plan their day, and help remember important information and dates by making lists and regularly consulting their calendar.

家では朝、ベッドを整え、食事後にすぐ食器を洗い、ゴミはいっぱいになる前に外に出す。仕事では、デスクを常にきれいにしており書類はすぐに整理して片付ける。また、一日の計画を立て、重要な情報や日付はリスト化して忘れないようにし、常にカレンダーを確認する。

書類は分類して片付けて、筆記用具もそれと分かる場所にまとめて入れる…。飲みかけのコーヒーカップは机に放置されていないのも、成功者の特徴だそうで…。

私自身、さすがに飲みかけのコーヒーカップをそのままにしておくことはありませんが、机の引き出しの中は大惨事。ほんと、耳が痛い話です。

2. Half the time

2つ目の習慣は「時間を半分にする」。これはどういうことでしょう。

Conscientious people understand that shorter deadlines can encourage them to find innovative ways of streamlining tasks and stop them wasting time.

誠実な人たちは、締め切りを短くすると、仕事を効率化する良い方法を見つけようとし、時間を浪費しなくなることを知っている。

確かに、締め切りを長くすればするほど、ダラダラと仕事をしてしまう気がします。「かける時間を半分にする!」と決めてしまえば、無駄に時間を費やさないのは確かです。

成功者の習慣3~7

さて、残る5つの習慣はというと、

3. Arrive 10 minutes early(10分早く到着する)
4. Adopt a frog-based diet(フロッグ・ベースダイエットを取り入れる)
5. Don't overcommit(仕事を詰めすぎない)
6. Press the pause button(一時停止ボタンを押す)
7. Be fair(公正に動く)

ちなみに4の“frog-based diet”とは、記事によるとアメリカの作家、マーク・トウェインの名言にちなんだものだそう。

If it’s your job to eat a frog, it’s best to do it first thing in the morning. And if it’s your job to eat two frogs, it’s best to eat the biggest one first.

カエルを食べるのがあなたの役割なら、朝一番に食べてしまうのがいい。カエルを2匹食べなければならないなら、大きい方を最初に食べるのがいい。

なるほど、嫌な物を先に食べる=嫌なことはさっさと片付けてしまいなさい、ということですね。夏休みの最終日、山のような宿題を前に途方に暮れる少年時代…。あれはダメだった、ってことですね。

また、6の「一時停止ボタンを押す」は、「衝動で物事を決めない」ということ。買い物であれば衝動買いをしてしまう前に「本当に必要?」と自問するタイミングを持てるのが「成功者」なのだそうです。

ああ、あの衝動買いをしていなければ、私も今ごろはもう少し金持ちだったかも…。

真の成功者を目指したいあなた!今回取り上げた記事(もちろん英語)を読んで、人生改善のスタートを切りましょう。

www.sciencefocus.com

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。真の成功者になるには、人目がないときにも自分を律することができるかどうかが、最大のポイントですね。