GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

ネイティブが使う「省エネ英単語」とTOEICの「楽なスコアアップ法」って?人気記事

人気記事ランキング

GOTCHA!で人気が高かった記事をランキング形式でご紹介します。(集計期間:2019年12月16日~2019年1月15日。5回以上ランクインした記事は殿堂入りとして、集計から除外しています)

1位

 

冗長になりがちな英文を、ネイティブらしいスッキリとした簡潔な表現に変身させる英単語を紹介する新連載が1位に!「言えそうで言えない」、すぐに使える英語表現をたくさん紹介しています。

2位

 

前回に引き続いて堂々の2位。海外で長く活躍している通訳者が、通訳の大切なポイントや高い英語力を身に付けるコツを紹介した記事です。

3位

 

前回の8位から大幅にランクアップ!GOTCHA!新書の『バリバリウケる!ジャパングリッシュ』と『即使える「病院英語」ハンドブック』の著者、アンちゃんことアン・クレシーニさんの、「日本人がよく間違える」英語表現を解説する記事です。「遊ぶ = play」でしょ?と思っていたら、要注意

4位

 

「殿堂入り」も間近と思われる人気記事です。イングリッシュ・ドクター、西澤ロイさんが「日本人の英語リスニング力がUPしない根本原因」を教えます。

5位

 

前回に引き続き、年末年始に人気だった記事です!海外に行かなくても日本で英語浸けになれる方法を紹介しています。さあ、どこに行きましょうか?

6位

 

年末年始によく読まれた、洋書が初めての方にもおすすめの本を紹介した記事です。年末年始以外でも、「今年こそは英語の本を読むぞ!」と決意した方もどうぞ!

7位

 

去年のクリスマスがもうはるか昔のことのよう・・・(大人になってしまったせいでしょうか)。ですが、クリスマス気分が最大の時期に人気だった記事です!

8位

 

「日本人の英語、これでいいのか?悪いのか?」問題に決着をつけるべく、ネイティブスピーカーに調査した結果を大公開!果たして、“Call me taxi.”は?

9位

 

「え?そんな方法あるの?ないよね?それとも何か秘策でも?」と、気になってしょうがない記事がランクイン。「二重人格」のヒロ前田さんが答えます。

10位

 

前回栄えある1位だった記事が、今回もランクイン。Hapa英会話を主宰するJun先生の人気連載です。ネイティブスピーカーは「頑張ってね!」を英語でどう言うのでしょう?Jun先生が動画で解説します!

 

気になる記事はありましたか?

GOTCHA!の新着記事情報は、メールマガジン「語学力アップマグ」でお届けします。下記のフォームでメールアドレスを登録するだけ。メールアドレス以外の個人情報は不要です。ぜひご利用ください!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。