GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語で意見が言える! 書ける! 驚きの勉強法「TAGAKI(多書き)」

「Cool Japan 日本のすごいところ」が英語で言える? 超簡単ライティング

英語で自分を表現する力を磨きたい!そんな方におすすめなのが、「TAGAKI(多書き)」です。英語で意見を言ったり書いたりすることが楽になって、TAGAKI の学習法にハマること間違いなし!TAGAKI のメソッドを考案したmpi松香フォニックス名誉会長の松香洋子さんに、その勉強法を詳しく教えていただきます。

TAGAKI 10 (TAGAKI(多書き))

TAGAKI 10 (TAGAKI(多書き))

  • 作者: 松香洋子,mpi 松香フォニックス
  • 出版社/メーカー: mpi 松香フォニックス
  • 発売日: 2018/10/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

「TAGAKI(多書き)」って何?

TAGAKI(多書き)は、文字通り英語を「たくさん書く」のですが、ただたくさん書けばよいというわけではありません。「考える 」→「書く 」→「伝える」 を繰り返し、これまでの日本人の学習に足りなかった、自己表現力の不足を段階的に補い、自己表現を楽しむことができる、全く新しい英語ライティングのメソッドです。

特徴

  • TAGAKI には、レベル10から50までの5つの段階があります。簡単な課題からクリアして、徐々に高みを目指します。スポーツで例えるならボルダリングの簡単なコースから始めるイメージです。無理のないコースで練習するうちに必要な筋肉は自然についてきます。
  • 英語力と同時に、自己表現力を磨く「メンタル面」の目標をレベルごとにクリアしていきます。
  • レベルごとに用意された、たくさんのトピックで練習します。
  • 「考える」→「書く」→「伝える」の3つのプロセスを繰り返します。

まずは、スタート地点の「TAGAKI 10」に立ってみましょう

今回は、5つの段階のうち、最初の TAGAKI 10を紹介します。TAGAKI 10では、単語ベースではなく10語前後の文で表現することを習慣にします。

また、2018年流行語大賞を得た「そだねー」に代表されるように、日本には同意することを大切にする文化があり、「空気を読む」という表現も大切にされています。しかし、英語を使う環境では、どのようなときでも「自分の考えを明確に表現する」ことが求められます。日本人にはあまり慣れていないことですから、すぐに海外の人のレベルに追いつこうと焦ることはありません。まずは、TAGAKI 10で、「即断即決」ができることを目標に、さまざまなトピックで表現力を鍛えていきましょう。

目標

  • 気持ちや意見を即断即決する(メンタルの目標)

  • 10語前後の英文をたくさん書く(英語の目標)

小さな発見を楽しみながら、丁寧に積み重ねていきましょう。高い英語力をお持ちの方でも、TAGAKI 10のレベルからのスタートがおすすめです。

トピック:「Cool Japan 日本のこんなところがすごい!」

今回は、「Cool Japan 日本のこんなところがすごい!」をテーマに練習してみましょう。

今日のトピック:「Cool Japan 日本のこんなところがすごい!」

ライティングの手順:さっそく書いてみよう!

1.  即断即決!次の3つのポイントについて自分の意見を決めましょう

瞬発力を鍛えるつもりで自分の考えを素早く挙げてみましょう。

① 自分が誇りに思うことを挙げてみよう 
② 自分が心配していることを挙げてみよう 
③ 日本人みんなが誇りに思うことを挙げてみよう

2.  次の3つの例文に、決めた意見を入れ換えましょう

3つのポイントの例文を紹介します。これらの例文の一部を入れ替えて、1で決めた考えを入れましょう。

1. I’m proud of (the polite people).

私は礼儀正しい人々を誇りに思います。

2. I’m worried about (the safety). 

私は安全性心配しています。

3. We’re proud of (the clean streets).

私たちは清掃が行き届いた街を誇りに思っています。

入れ替えフレーズ例1と3(誇りに思うこと)

    • everything being on time(全てが時間厳守)
    • the clean streets(清掃が行き届いた街)
    • the clean water(清潔な水)
    • the safety(安全性)
    • the polite people(礼儀正しい人々)
    • the tasty food(おいしい食べ物)
    • the old shrines and temples(昔からの神社と寺)

入れ替えフレーズ例2(心配なこと)

    • the crowded trains(満員電車)
    • the good service(よいサービス)
    • the healthy food(健康的な食べ物)
    • the Internet(インターネット)
    • the public transport(公共交通機関)
3. 完成した英文3つを書きましょう

1. I’m proud of (          ).

2. I’m worried about (          ). 

3. We’re proud of (          ).

4. 作成した英文3つを覚えて、(何も見ずに)書きましょう
5. 最後に、作成した英文3つを覚えて、声に出して言ってみましょう

誰かに伝えるつもりで言ってみましょう。

まとめ

 「添削のいらない英作文」

TAGAKI 10の段階では、入れ替え用の単語やフレーズを使用し、写し間違いがない限り、絶対に間違いのない文ができるようになっています。例えば、判断が難しい名詞の扱い、a、an、the、単数、複数についてきちんと提示しています。

考える時間、書く時間、伝える時間を短縮していく

TAGAKI 10では身近な話題について、10語前後の文で書いていくのが目標です。初めは10分くらいかかったとしても、別のトピックを同じ手順で練習をしていくとうちに、5分程度でできるようになります。つまり、早く考え、早く書いて、早く伝えるということができるようになります。このように自分を鍛えることで、英語を白紙に書くという検定試験や、自分の考えを即断即決で述べなくてはならない面接試験や商談などに対応できる第一歩になります。

いかがでしたか。次回は、TAGAKI 20のレベルの学習法とトピックをお届けします。お楽しみに!

こちらもおすすめ

TAGAKI についての詳しい紹介はこちらから↓

tagaki.jp第15回日本e-Learning大賞「英語4技能教育特別部門賞」受賞記念デジタル教材『mpi英語プログラム』無料モニターキャンペーン期間延長!(1月31日まで)

prtimes.jp

松香洋子さんの本

英語、書けますか -TAGAKI (多書き)のすすめ- (TAGAKI(多書き))

英語、書けますか -TAGAKI (多書き)のすすめ- (TAGAKI(多書き))

  • 作者: 松香洋子,mpi 松香フォニックス
  • 出版社/メーカー: mpi 松香フォニックス
  • 発売日: 2018/10/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

松香洋子

松香洋子(まつか ようこ)
株式会社mpi 松香フォニックス名誉会長。「J-SHINE小学校英語指導者認定協議会」理事。放送大学教員免許更新講習講師。

編集:増尾美恵子