GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

土星の輪が消えてしまうってホント??【英語多読ニュース】

土星の輪が消えてしまうってホント??【英語多読ニュース】

「英語多読ニュースフラッシュ」(12月26日号)。今回お届けするのは「土星」に関する話題です。土星のあの美しい輪が、以前の予想よりも早く消えてなくなってしまうそうです!

その昔、土星の輪が見たくて天体望遠鏡を手に入れた私としては、今回のニュースで「土星の輪って消えるんだ」と、そもそもの事実に驚きました。それも予想を超えるスピードで消えていきつつあるとは。

One day, Saturn may be known as the “ringless planet.” A new NASA-led study shows Saturn’s rings are disappearing at a startling rate.

いつの日か、土星は「輪のない惑星」として認識されるかもしれない。NASAが主導した新たな調査により、土星の輪は驚くべき速さで消失しつつあることが分かった。

www.cnet.com

土星の輪の主成分は氷と岩やほこり。それが土星本体の重力により引っ張られることで、「輪の雨(the ring rain)」という現象が起き、土星の輪が消失する原因となっているのだそうです。

Scientists estimate the rings could be gone in 300 million years, but they could vanish even faster. NASA's Cassini mission made more detailed observations of ring rain, and that data indicates the rings could disappear in just 100 million years. That's a blink of an eye compared to Saturn’s age of over 4 billion years.

科学者たちは土星の輪は3億年で消失すると見込んでいたが、もっと早い可能性がある。NASAのカッシーニ(無人土星探査機)の調査により、「輪の雨」をより詳細に調査することができ、そのデータから、輪はほんの1億年で消失しうることが分かった。40億年を超える土星の年齢から考えれば、それはほんの一瞬のことだ。

え?1億年ですか?

早く消えるというからびっくりしましたが、正直なところ3億年と1億年の違いにピンと来ません。2億年の差が巨大であることに間違いはありませんが…。

"We are lucky to be around to see Saturn's ring system, which appears to be in the middle of its lifetime," says O'Donoghue. Be sure to enjoy the view while it lasts.

「寿命の半ばほどにあるとみられる土星の輪を見ることができる時代にいることができ、私たちは幸運です」とオドナヒュー(NASAの科学者)は言う。その姿を見られるうちに楽しんでおこう。

死ぬまでに一度くらいは見ておけ、ということでしょうか(笑)。

実は私が天体望遠鏡を手に入れたときは、ちょうど土星の輪が地球と水平になっていたため、土星の輪を見ることができなかったのです。

そうですね、見られるうちに見ておきたいものです。

最後に、記事が紹介している「土星の輪消失」を説明するNASAの動画をご覧ください。

下は、土星探査機カッシーニが2017年に地球に届けた土星の写真を紹介するNASAのページです。宇宙のロマンが感じられます。

solarsystem.nasa.gov

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。宇宙とか、星座にまつわるギリシャ神話が大好きだった子ども心を久しぶりに思い出しました。