GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

今度こそ英語を話したい!そのために知っておくべきポイント3つ

『リラックスイングリッシュ』

何度も挑戦したけど、結局英語を話せない。その原因のひとつは、「ネイティブのようにすらすら話さなくては!」という重圧感かもしれません。20カ国語を話せる語学の達人が書いた本、『リラックスイングリッシュ』から、英語を話せるようになるために知っておきたいポイントを、3つ紹介します。

リラックスイングリッシュ

リラックスイングリッシュ

 

著者はどんな人?

この本の著者、ピョートル・フェリクス・グジバチさんはポーランド人。20カ国語を話し、ベルリッツやモルガン・スタンレー、Googleでも働いた経験があります。

語学の達人であり、かつグローバル・ビジネスについての経験も豊富なので、外国語でコミュニケーションを取る秘訣をよく心得ているのです。

そんなピョートルさんが、英語を話すコツを教えてくれる本書を読めば、その名の通りリラックスして英会話に取り組む気持ちになれそうです。

【ポイント1】「描写」ではなく「行動」にフォーカス

コーヒーを飲む女性

著者がまずすすめているのは、自分の普段の生活に根差した表現を、英語でセンテンス化しておくこと。

といっても、いきなり英文を作る必要はありません。まずは名詞。好きなものやよく使うものなど、生活の中でこれは欠かせないというものをピックアップします。

例えば、「コーヒー」や「スマホ」、「Tシャツ」など。次に、これらの名詞が含まれるセンテンスを用意します。Googleなどで「coffee 例文」というように検索すれば、いくらでもお手本が出てくるのでまねしてみましょう。

このとき注意したいのは、「描写」ではなく「行動」を扱った例文を選び出すこと。

例えば、いくらcoffeeを使っていても、This is coffee. といった「描写」の例文はあまり使う機会がありません。「これはコーヒーだ」というのは、誰が見てもわかりますからね。

それより次のような、「行動」を表す例文を覚えましょう。

Do you want to grab a coffee?

コーヒーでもいかがですか?

Can I have a cup of coffee?

コーヒーをください。

I drink coffee every morning.

コーヒーを毎朝飲みます。

これらの3つの例文を覚えるだけでも、コーヒーを人にすすめたり、注文したりできるし、自分の習慣を人に伝えたりできるわけです。このほうが、「描写」の表現よりずっと使う機会が多そうですよね。

この本の巻末には、「コーヒー」だけでなく、「スマホ」や「Tシャツ」「写真」など、日常生活でよく使いそうなものをテーマにした例文を50題も収録。そのままお手本として使えます。「書類」「会議」「スケジュール」なども取り上げているので、仕事で英語を使えるようになりたい人にも役立ちそうです。

これらのフレーズを覚えたら、オンライン会話などでどんどん使ってみることを、著者はすすめています。

【ポイント2】DVDを活用して無料のスピーキング練習

DVDがたくさん並んだ棚

次は、自宅で気軽にできるスピーキング練習法です。

まずは、好きな海外ドラマや洋画のDVDを1枚選びましょう。SFなどより日常生活を描いたものがおすすめです。

DVDを再生しながら、登場人物が話す英語に合わせてなんとなく、英語っぽく「ウワウワウワ」と話してみます。たったこれだけ!

せりふを一言一句追う必要はありませんが、声のトーンやリズムは「完コピ」します。「それだけでいいの?」と思うかもしれませんが、この練習法には2つの効果があります。1つ目は「その言語を口に出すことへの恐れを払拭できること」。もう1つは、「その言葉特有のリズムやイントネーションが体得できる」ことです。

関西出身の人と話していると、自分は関西出身でなくてもなんとなくイントネーションが似てきたりすることって、ありますよね?また、小さい子どもやお年寄りと話していると、こちらも話すスピードがだんだんゆっくりになってきます。イントネーションやリズムは、いつの間にか似てくるのです。

この方法なら、忙しかったり疲れていたりして、あまりやる気が出ないときにも気軽に取り組めそうです。また、俳優のように、役になりきって演じてみると面白そうですね!

【ポイント3】質問するなら「事実」より「価値観」

日本の文化と自然

こちらは、やや上級編といえるかも。

ネイティブ・スピーカーと話す機会があっても、何を聞けばいいのかわからない、会話が続かないという方も多いのでは?

そうなる理由は、「事実」を尋ねているからです。「事実」を尋ねると会話が一問一答になってしまい、後が続きません。さらに、相手にとって答えにくい質問だったら、相手は沈黙したり、怒ったりするかもしれません。

例えば、「日本に住んで長いですか?」と聞いたら、相手は「〇年です」と事実を答えるしかありません。また、「週末は何をしましたか?」という質問に対しては、「二日酔いで寝ていました」と事実を答えるか、「別にこれと言って何も……」と口ごもるかになってしまいます。いずれにしても、これでは会話が弾みそうにありませんね。

ではどうすればいいのか?こうした「事実」を問う質問を「価値観」を問う質問に変えてみましょう

「価値観」とは、その人の信念や考え方の基準、夢や希望などのこと。先ほどの「事実」を問う質問を、「価値観」を問うものに変えるとこうなります。

Have you been living in Japan for a long time?

日本に住んで長いですか?

What's attractive about Japan?

日本の魅力は何ですか?

What did you do over the weekend?

週末は何をしましたか?

What do you like to do during the weekend?

普段週末は何をしていますか?

価値観型の質問になると、相手がぐっと答えやすくなると思いませんか?

1問目だったら、相手は「日本の四季です」「アニメが大好きです」「合気道や柔道に興味があります」など、さまざまな答え方ができます。そうしたら次は、「どの季節が一番好きですか」「初めて見た日本のアニメは何ですか」「習ったことはありますか」などなど、さらに聞くことができますね。

しばらく前に「質問力」という言葉がはやりましたが、いい質問をすることが、楽しく会話を続けるコツのようです。

リラックスイングリッシュ

リラックスイングリッシュ

 

GOTCHA! 編集部

構成:GOTCHA! 編集部

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。