GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英会話が上手にできるには、TOEICで950点は必要ってホント?【ヒロ前田が斬る!】

英会話が上手にできるには、TOEICで950点は必要ってホント?【ヒロ前田が斬る!】

TOEIC受験力アップトレーナーのヒロ前田さんの連載「TOEICお悩み相談室」。今回は、英会話を上達させたいからTOEICで950点を取る!という方の相談をバッサリ切り刻みます。

今回のご相談

英会話が上手になりたいです。そのために、半年以内にTOEICで950点を取ってから、スピーキングテストを受ける予定です。アドバイスをください。

――会社員(TOEICスコア845点、30代・女性)

ヒロ前田の回答:

そんな変なことをよく平気で言えますね。

バッサリ辛口の解決

バッサリ辛口の解決策

間違いだらけの考えで行動してはいけない

そんな変なことを、よく平気で言えますね。論理の「ろ」の字もありません。自分では気付かないでしょうから、簡単に説明してあげます。

あなたは英会話が上手になりたい。そのために「半年以内にTOEICで950点を取る」と言っています。ということは、次の論理がベースになっています。

前提 英会話が上手になるには、950点が必要だ

前提 私は英会話が上手になりたい

結論 よって、私は950点を取る

自覚はないでしょうが、あなたはこの考えに基づいて行動しようとしています。ですが、何かが間違っていることに気付きますか。

英会話が上手になるためにテストは必要ない

結論正しいのは、大前提と小前提正しい場合です。

では、あなたの場合を見てみましょう。あなたは小前提で「英会話が上手になりたい」と言っています。これが正しいとすると、大前提が間違っていることになります。

英会話の力を高めるのに必要なのは、英語を話す練習です。TOEICで950点を取る必要はありませんし、その後でスピーキングテストを受ける必要もありません。

繰り返します。

英会話の力を高めたければ、英語を話す練習をするべきです。

それなのに、あなたは半年以内に950点を取ると言っている。自分が何を望んでいるのか把握できていないようですね。

高得点を求める気持ちに問題はない。でも…

実は、もう1つの可能性があります。それは、大前提だけでなく小前提も間違っている可能性です。つまり、あなたは「英会話が上手になりたい」と思っておらず、そう言っているだけ可能性があるということです。

「半年以内にTOEICで950点を取る」と言っている時点で、あなたは「950点を取りたい人」なのではないですか。理由が何であれ、「とにかく950点を取りたい」のではないですか。

もちろん、それはそれで問題ありません。

問題なのは「スコアだけ追求する人だと思われたくない」とか「英語力を高めて何をしたいか考えているという印象を残したい」といった、つまらない思いを持っていることです。

だから、「英会話が上手になりたい」などと、必要がないウソをついた。

違いますか。もし、違うなら、最初に説明したように、あなたは自分が何を望んでいるか把握できていない人です。

いずれにしろ、あなたに必要なのは反省です。気持ちを入れ替えてから出直してください。

以上です。

スッキリ優しい解決

スッキリ優しい解決策

とても積極的ですね

最初に、1つ質問があります。

半年以内にTOEICで950点を取りたいようですが、その「半年」という期限にどんな意味があるのでしょうか。もし大きな意味がないのであれば、今すぐに英会話の練習を始めることをお勧めします。

あなたは、もしかすると950点を取るための勉強と英会話のための勉強は異なるから、まずは会話のことを忘れてTOEICの学習に集中したいのかもしれません。ですが、必ずしもそれは正しいとは言えません。なぜなら、TOEICのスコアを上げる勉強と英会話の練習には、共通点が多いからです。 

次のように考えてみてください。

税理士になるための勉強と、イタリア語の勉強を同時に進めるのは、何かと困難を伴うかもしれません。人によってはそのような勉強も難なくできるでしょうが、2つの完全に異なる種類の勉強をすることによる「相乗効果」はあまり期待できません。

一方、TOEICと英会話には共通点があります。950点を取るためには、当然、大量の「英語」に接する必要があります。しかも、TOEICにはPart 2やPart 3のような「会話」がたくさん詰まっています。ですから、TOEICの教材を使いながら、会話の練習をすることは難しくありません。

Part 2、3の問題を使った会話練習の方法

例えば、Part 2の応答問題を使えば、以下のような練習が可能です。

  • 質問と応答を聞き、直後のポーズを利用して口頭で再現する
  • 質問を聞き、音声より先に自分で応答する
  • 質問と応答を聞き、「会話の続き」を自分で考えて話す

Part 3の会話問題も練習に適しています。

  • カラオケのように、音声をそっくりまねする練習をする
  • 会話をまるまる覚えて口頭で再現する
  • 会話に登場する人物の1人になりきってロールプレイをする

このような学習を中心に据えてTOEIC対策に取り組んだ人が、大きなスコアアップを実現した例はいくらでもあります。英語を声に出す練習はスコアアップに必須とまでは言いませんが、効果的とは言えます。

そして、もしテストを受けたいのであれば、スピーキングテストをたまに受けて成果を確認することは良いことだと思います。

目的に合わせて学習内容を考える 

どのような力を手に入れたいかによって、どんな学習をするかを考えてください。

英会話の力を高めたいと願っているならば、「これはTOEIC対策、こっちは英会話練習」と分けて考える必要は全くありません。大切なのは「英語」を学ぶことであり、話す練習をすることです。結果としてスコアも上昇します。

もし、半年以内に950点を取ることだけに集中すると決めたら、それはそれで悪くありません。ただし、1つ注意が必要です。それは、実際に950点や960点を取得できたときに、もっと高いスコアを取りたくなるかもしれないということです。

半年後のあなたは、あたかも当然のことのように「1年以内に990点を取る」と言っているかもしれません。そして会話の練習を全然始めないかもしれません。英会話力を高めたいという今の思いが本物であれば、それに向かってスタートを切るべきなのは、今ではないでしょうか。

何を実現したいのかを決めるのはあなたです。ご自身で考えて、ご自身で決めてください。

「【リモート受講】TOEIC対策 納得の英文法」開催(T’z英語ラウンジより)

f:id:moutainbook:20181207142751j:plain

大人のための勉強スペース「T’z英語ラウンジ」では、ロス・タロックさんと私、ヒロ前田による、英文法を学ぶセミナーを開催します。しっかり考えながら解答せざるを得ないユニークな出題形式を用いて、40問を超える練習問題に取り組むことで、「納得」しながら英文法を学べます。12月15日のセミナーだけでなく、遠隔受講したい方を全国から募集しています。

詳細は、T’z英語ラウンジ公式ウェブサイトをご覧ください。

tz-eigolounge.jp

おすすめの本

CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

  • 作者: ロバート・ヒルキ、相澤俊幸、ヒロ前田
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/02/01
  • メディア: 単行本
【新形式問題対応/CD-ROM付】  TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

  • 作者: ヒロ前田、テッド寺倉、ロス・タロック
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: 単行本
【新形式問題対応】TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6

【新形式問題対応】TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6

  • 作者: ヒロ前田
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2017/02/28
  • メディア: 単行本
【新形式問題対応】TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7

【新形式問題対応】TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7

  • 作者: ヒロ前田
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2017/05/30
  • メディア: 単行本

ヒロ前田

ヒロ前田(ひろ まえだ)

TOEIC受験力UPトレーナー。神戸大学経営学部卒。大人のための勉強スペース「T’z英語ラウンジ」経営。2003年5月に講師として全国の企業・大学で指導を開始。2005年にはTOEICを教える指導者を養成する講座をスタートし、トレーナーを務めている。2008年グランドストリーム株式会社を設立。TOEICの受験回数は100回を超え、47都道府県で公開テストを受験する「全国制覇」を2017年5月に達成。取得スコアは15点から990点まで幅広い。著書に『TOEIC®テスト 究極の模試600問』(アルク)、『TOEIC®テスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人』(KADOKAWA)、共著に『TOEIC®テスト 新形式問題やり込みドリル』(アルク)等がある。
●TOEIC受験者必読メルマガ
http://hiromaeda.info/

写真:山本高裕(GOTHCA!編集部)