GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

EF、世界各国の英語力を測る「EPI英語能力指数」の2018年版を発表

EF EPI

海外留学・語学教育事業を展開するEFが、英語能力のベンチマーク「EF EPI英語能力指数2018年版」を発表。日本の順位は低下、依然として「LOW」に分類されました

EF EPI英語能力指数とは?

海外留学・語学教育事業を展開するEF(イエデュケーション・ファースト)が、世界88か国・地域、130万人の英語テストビッグデータを活用した英語能力のベンチマーク「EF EPI英語能力指数2018年版」を発表しました。

英語力を示す世界規模のベンチマーク

EF EPIは、同社が過去に実施した英語能力テスト(EF SET)の結果に基づき、英語能力を経年的に計測・追跡する、世界規模のベンチマークとして開発された指数です。

無料の英語能力テストであるEF SETから得られたビッグデータを利用することで、世界規模の広範かつ標準化された指標を提供できるのが特徴。また、CEFRに準じており、TOEFLやTOEIC、IELTSなど既存のスコアへの換算も可能です。

指数(EF EPIスコア)の世界ランキングと、指数分布をもとに全参加国の英語レベルを5段階に分けた英語能力レベル、EF EPI指数と外部指標の比較や国・地域別動向をまとめた分析レポートから構成されており、2011年に初版が発表されて以降、これまでに7版が公開されています。

日本のレベルは LOW

EF EPI 2018ランキング

2018 EF EPI 世界ランキング 日本は88か国中49位

シンガポールがアジア初のトップ3に

2018年版では、調査対象国が8か国増え、全88か国・地域の比較が可能に。スウェーデンが3年ぶり4度目の世界ランク1位に返り咲いたほか、シンガポールがアジア圏で初めてトップ3にランクインしました。

日本のランクは低下

一方、日本の英語能力指数は、前年より0.54ポイント下落の51.80(前年実績52.34)で、全88か国中49位(同37位)とランキングを大きく落とし、3年連続で「低い」英語能力 レベルにとどまりました。

EF EPI 英語能力指数2018年版の主なポイント

日本のランキングは年々下落

2011年には、全44か国中14位(EF EPIスコア54.17)であった日本の順位は8年連続で下落。今年はついに、全88か国中49位にまでランキングを落としました。

調査対象国・地域、受験者数は88か国、130万人に拡大

東欧、中央アジア、中南米地域を中心に13か国の国々が新たに調査対象国に加わり、総調査対象国は88か国・地域に拡大。また、「非常に高い」英語能力レベルに位置付けられた国の数は過去最高の12か国に。世界的な英語能力は上昇傾向

あらゆる業界で英語のニーズが拡大

2016年には英語能力の一番高い業種と低い業種の差が19ポイントあったのに対し、2018年版では10ポイント前後まで縮小。世界的に、業種間の英語能力の差は縮まっており、あらゆる業種で英語に対するニーズが高まっていることが見てとれます。

法務や経営企画、ITなどの専門職の英語能力がより高い傾向

国、業種をまたいだ職種間の英語能力の比較では、法務の英語能力が最も高い結果に。続いて、経営企画、ITがいずれも「高い英語能力」のレベルに位置付けられています。一方、人事、カスタマーサービス、事務、流通・販売業務の従事者は、英語能力が「低い」または「非常に低い」レベルにとどまっています。

詳しくはこちら

EF EPI 英語能力指数2018年のランキングおよびレポート全文は、以下のサイトで。

www.efjapan.co.jp

GOTCHA! 編集部

構成:GOTCHA! 編集部

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。