GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

他人を批判ばかりする嫌な人にならないコツ10【英語多読ニュース】

他人を批判ばかりする嫌な人にならないコツ10【英語多読ニュース】

「英語多読ニュースフラッシュ」(11月28日号)。今回お届けするのは「なんでもかんでもすぐに批判的になっちゃう。そんな自分がもういやだ!」という方、必読の記事です。

judgment(判断、批判)は、動詞 judge(判断する)の名詞形。なぜだか知りませんが動詞の末尾にある「e」が名詞形には入っておらず、ネイティブスピーカーでもつづりを間違える人が多いんです。世に出回っているニュースですら、つづりの間違いを見かけます。

今回取り上げるのは、そんな単語の形容詞形が使われている judgmental person(批判ばかりする人間)にならないコツを教える記事です。

www.buzzfeed.com

まず、どんな人が judgmental person なのでしょうか。

友人たちとの会話において、有名人の婚約などにあれこれ批判を加えることは、それほど大きな問題ではないと記事は説明しています。何を批判したところで、批判されている本人たちに直接的な影響はないからです。

問題となるのは次のような行為です。

But you’ve probably also judged someone you know — like, say, your BFF who continued dating someone you thought wasn’t right for her, or your coworker who wore an outfit you didn’t think was work-appropriate. That kind of judgment can really hurt other people, and it can also be exhausting for the person doing it.

しかし、あなたはきっと(有名人をばかにするだけでなく)、あなたの知っている人を批判したこともあるでしょう。たとえば、大の仲良しが、彼女にはふさわしくないと思う人と付き合い続けていたとか、職場にふさわしくないと思う服を同僚が着ていたとか。この種の批判は他人を深く傷つけるだけでなく、批判をする本人にとっても疲弊の種となるのです。

BFF とは best friends forever の略で「大親友」のこと。そんな近い人たちを、人はなぜ批判したがるのでしょうか。

“Judgment is a comparison of ourselves to others,” life coach Karin Ulik tells BuzzFeed. “Judging others helps us to feel as though we are secure. It’s a way we control our lives and surroundings, often subconsciously. Once we become consciously aware of this, we can take steps to change it.”

「批判とは、自分と他人との比較なのです」とバズフィードに語るのは、ライフコーチのカリン・ウリクだ。「他人を批判することで安心感を得られるのです。それは自分の生活や環境をコントロールする方法で、たいていの場合は無意識に行われます。しかし、このことを意識的に自覚できれば、そうしないための手段を講じることができます。

記事では自身が消耗しない(つまり批判的にならない)ための10のコツとして、例えば次のようなアドバイスを紹介しています。

1. Ask yourself why you felt the need to judge.
批判する必要があると感じる理由を自問しましょう。

2. Notice what triggers your judgmental thoughts.
批判的な考えを持った原因を突き止めましょう。

3. Stop and consider the reason for someone’s behavior.
批判をやめ、その人がその行動を取る理由を考えましょう。

4. If you’re judging yourself, use a breath-centric affirmation to calm your inner critic.
自己批判をしているなら、呼吸を整えて自己肯定し、批判的な姿勢を和らげましょう。

5. Write down your judgmental thoughts, then reframe them.
批判的な考えを書き出し、それらを見直しましょう。

ちなみに、4番目に出てくる breach-centric affirmation とは次のようなことだそうです。

On your inhale, internally recite “I am,” and on your exhale think “enough.” Repeat as needed. Says Diers, “When we attach a favorite quote or affirming mantra to our breath, we have the opportunity to embody it while simultaneously calm[ing] our nervous system.”

息を吸うときに心の中で「私は」と唱え、吐くときに「大丈夫」と考えるのです。それを必要なだけ繰り返します。(食事療法士の)ダイヤーズに次のように述べています。「お気に入りの文や、肯定的な言葉を呼吸に合わせて唱えることで、それを実現するチャンスを得ると同時に、自身の神経系を落ち着かせることもできるのです」。

筆者は5番目の「批判的な考えを書き出し、それらを reframe しましょう」というアドバイスに特に共感しました。

かつて高校教師だったとき、私は生徒が「なぜそういう行動を取るのか」を考えるのと同時に、最初に感じたネガティブな理由をポジティブに置き換えてみる、ということを何度となくやっていたからかもしれません。

「なんでもすぐに批判的になってしまう」という皆さん、記事が紹介しているコツを少しずつ取り入れ、気持ちのいい生き方に切り替えていきませんか。

記事はさらに5つのアドバイスを紹介しています。それぞれに簡単な解説も付いていますので、お時間のあるときにぜひどうぞ。

www.buzzfeed.com

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。23歳で教員になったとき、高3の生徒と5つしか歳が違わず、ずいぶん苦労したなぁとしみじみ。