GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語速読力アップ!最短1カ月で洋書が読めるようになるポイント3つ

英語で速読できるようになるトレーニング

ペーパーバックや英語のビジネス本を、すらすら読めたらすてきですね。また、TOEICやTOEFLなどの試験でも速読力があれば有利です。英語速読のトレーニングは、何をどれだけ、どんな風にやればいいのでしょうか。話題の本から3つのポイントを紹介します。

学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング

学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング

 

【ポイント1】すぐできる「速読トレーニング」

速読トレーニング

本書で取り上げている「速読トレーニング」は、とても簡単。英文を速く読めるようになりたい人、TOEICなどの試験を控えている人は実践する価値ありです。

ちなみに本書では速読力を計測するために、WPM(Word Per Minute)という指標を使っています。1分当たりに読める語数のことで、語数÷秒数×60という計算式で算出します。例えば、200語の文章を読むのに1分半かかったとしたら、200語÷90秒×60で、133WPMとなります。本書によれば、日本人の平均は100~150くらいとのこと。洋書を自然なスピードで読みたいなら、目標は200WPMです。

では、速読トレーニングの5つのステップを見ていきましょう。

ステップ1:普通読み

いつも通りのスピードで読み、タイムを計測してWPMを算出します。返り読みはしないこと。また、分からない単語があっても調べずに読み進めます。

ステップ2:内容理解

単語の意味を調べたり、よく分からない英文を読み直したりして、7~8割を理解できるようにします。このステップにはあまり時間をかけず、15分以内にとどめましょう。

ステップ3:速読1回目

いよいよ速読に挑戦です。できるだけ速く読み、タイムを記録します。

ステップ4:速読2回目

「ステップ3」の1.5倍のスピードで速読します。このタイムも記録しましょう。

ステップ5:速読3回目

「これ以上速く読めない」というスピードで読みます。「ステップ3」の2倍のスピードが目安。理解度は落ちても構いません。これもタイムを記録しましょう。

翌日の読み直し

翌日のトレーニングを始める前に、タイムを計りながら、昨日読んだ英文を読み直します。スピードを気にせず普通に読みますが、それでも「ステップ1」との速さの違いを実感できるはず。また、一晩おくことで、昨日分からなかった単語や表現を自然に復習し、定着させることにもつながります。

 

いかがでしたか?言ってみれば「速く読むことを心がける」「タイムを計る」これだけです特に特殊なトレーニングや器具を使うわけでもないので、「これだけでいいの?」と思う方もいるかもしれません。

実際にやってみると、「ステップ2」で英文の内容はしっかり理解しているので、「ステップ3」や「ステップ4」で速度を上げていっても単語の意味や文法が気になりません。速く読むことに神経を集中させているので、ゲーム的な楽しさも味わえます

また、計5回読むことになるので、英文の内容に対する理解もどんどん深まっていきます。「ステップ5」では、「ステップ3」の2倍というスピードになりますが、「ちゃんと意味を理解しつつ読んでいる」という実感を持てました。

【ポイント2】教材付きで今すぐ始められる!

英語の本


本書の2つ目のポイントは、速読するための教材が付いていること。つまり「ポイント1」で紹介した「速読トレーニング」を、すぐに試すことができるのです。

教材は、イギリスの作家アーノルド・ベネットの著作 How to Live on 24 Hours a Day。1日あたり400~500語ほどに区切られていますが(28日分あります)、学習者向けではなくネイティブ・スピーカー向けの文章です。「速読トレーニング」を1カ月続けて読み終えることができれば、かなり自信が付くのでは?

また、速読のタイムやWPMを毎日記録するためのGoogleスプレッドシートがネット上で提供されているのもうれしいところ。ダイエットなどでもそうですが、記録を残すとやってきたことの効果を実感でき、モチベーションが上がるものです。1カ月後が楽しみです!

【ポイント3】Kindle専用端末の活用法がよく分かる

Kindleを英語速読に活用

本書では英語速読力を高める方法のひとつとして、Kindleの専用端末を使ったリーディングを推奨しています。Kindle専用端末なら持ち運びがしやすく、いつでもどこでも読めるのでリーディングを習慣化しやすいのです。

さらに、内蔵辞書機能を使って分からない単語をすぐに覚えられるだけでなく、単語帳が自動作成されるので後から復習するのにも効果的です。

スマホでもアプリ版のKindleを使うことはできますが、ついSNSやゲームのアプリを立ち上げてしまって……という経験がある方も多いのでは?真剣に「英語速読力を伸ばしたい」と思うなら、思い切って専用端末の購入を考えてみてもいいかもしれません

この本で「速読トレーニング」をしてから購入すれば、十分に活用できそうです 。

まとめ

英語リーディング

大学受験用からTOEICやTOEFLの受験用まで、英語リーディングの本はたくさん出版されていますが、その多くは「精読」の方法を解説した本。速く読むためのトレーニング法を教えてくれる本はなかなかありません。本書はその数少ない本のひとつです。

まずは1カ月の「速読トレーニング」に挑戦しKindleでリーティングを続ければ、半年後、1年後には驚くほどの速読力が身に付いているかも。まずは1カ月、チャレンジしてみませんか?

学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング

学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング

 

浦子

構成・文:浦子
GOTCHA!のエディター兼ライター。今年の秋は「洋書多読の秋」にする予定。