GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

大人に効く、英語の発音を磨くための特効薬とは?

大人に効く、英語の発音を磨くための特効薬とは?

児童英語教師のためのジャズチャンツワークショップなどを主宰する内藤直美さんによる、ジャズチャンツを使って発音をネイティブのようにする方法を2回に分けてお届けしています。前回は、子ども向けのジャズチャンツを紹介いただきました。後半は大人の発音矯正に速攻効くジャズチャンツを教えていただきます。

こんにちは。内藤直美です。ジャズチャンツは大人の方にも、即効性がある学習法なのです。現在、児童英語教師のためのジャズチャンツワークショップを主宰し、先生方にもジャズチャンツを多数紹介していますが、毎回、先生方がジャズチャンツのユーモアに思わず吹き出したり、驚いたりと、笑いが絶えない学びの場になっています。

そんな英語の先生方からは、ジャズチャンツの効果について「アメリカに旅行中にジャズチャンツで歌っている会話がそのままでてくるのに驚いた」「英語で会話しているときにジャズチャンツのフレーズが口から出てきてしまう」などの感想が寄せられます。

Jazz Chants (ジャズチャンツ)とは?

Jazz Chants (ジャズチャンツ)とは?

ジャズチャンツとは、1970年代、ニューヨーク大学で外国人学生に英語を教えていたキャロリン・グラハム氏が、アメリカ英語の話し言葉の抑揚がジャズのリズムと重なることに気づき、考案した英語学習法です。ニューヨーカーが日常で使っている会話フレーズを自然のリズム、イントネーション、チャンク(言葉の塊り)のまま歌詞に落としこみ、キャロリン・グラハム氏ならではのナンセンスやユーモアのエッセンスを混ぜて、数多くの楽しいジャズチャンツが生み出されました。その後、世界中にジャズチャンツは広まり、自然な英語のスピーキング力、リスニング力を体得するための効果ある英語指導法として支持されるようになりました。

また、キャロリングラハム氏がこだわったのは、アメリカの教養ある層が話す英語を使うことです。自分の生徒たちが将来、どんな場へ出ても恥ずかしくないような発音、表現、アクセントを使い、スラングや、はやりの言葉は使っていません安心して学べる英語なのです。

ジャズチャンツには、それぞれに英語の文法、構文、間違いやすい発音など、分かりやすい学習目的がしっかり組み込まれています

ユーモアを楽しもう!大人におすすめのジャズチャンツ

ジャズチャンツは、ビジネス英語、やり直し英語など、さまざまな目的で有効的に活用されています。文法英語、受験英語ばかりを習い、英語への苦手意識が強かった方たちが、気持ちをほぐしていくのにも大きな役割を果たしています。

今回は、『Small Talk』『Jazz Chants Old and New』『Let’s Chants Let’s Sing 6 』 に収録されているジャズチャンツをいくつか紹介します。日常生活でよくある場面設定で、ユーモアたっぷりの会話文で構成されたジャズチャンツですので、大人の英語学習に役立つこと間違いなしです。

身体が自然に揺れてくるシンプルなジャズのリズムと会話文は、記憶に残りやすいフレーズが何度も繰り返されています。発音のみならず、日常会話で使われる頻度が高いフレーズがリズムよく体得できます。

ジャズチャンツを声に出して試してみよう!

黄色でハイライトしている箇所(太文字の箇所)に4拍子のリズムが来ます。手拍子をしたり、机を軽く叩いたりしながら、4拍子に乗せてフレーズを言ってみましょう。単語の途中で拍子が入る場合や、単語の無い場所で拍子が入る場合もあります。

We’re Having a Party 

パーティーやランチに招待されたときの自然な答え方を練習しましょう。

A:We’re having a party next Saturday night.

A:Can you come(拍) Can you come? (拍) 

B:I’d love to(拍) I’d love to. (拍) 

B:That sounds great. I’d love to. (拍) 

B:Sounds great. Sounds good.

B:Sounds like fun.  I’d love to. (拍) 

A:来週の土曜日にパーティーをするのですが。

A:来られますか?来られますか?

B:喜んで。喜んで行きたいです。

B:それは素晴らしいです。行きたいです。

B:いいですね。いいですね。

B:楽しそうですね。喜んで行きたいです。


『Small Talk 』p. 24より抜粋

内藤直美さんの大人クラスの動画です。

何かに招待されたり、提案されたりして、それに喜んで応じるときに、この I’d love to.が、スムーズに出てくるようになりますよ。続けて、It sounds ~.または、Sounds ~.と自分の気持ちを添えるのがスムーズな気持ちよい会話につながっていきます。

Can You Come Over?

A:Can you come over for lunch tomorrow?

B: I wish I could but I’m afraid I can’t.

A:Oh, I’m sorry. That’s too bad.

B:I really wish I could. (拍) (拍)

A:明日、ランチにうちに来られますか?

B:行きたいけれど、残念ながら行けなません。

A:あらら、残念です。それは残念です。

B:本当にお伺いしたかったのですが。


『Small Talk』 p. 23より抜粋

誘いを断らなければならないときに、“No, I can’t” などと答えたりしたら、それは大変失礼な言い方です。失礼なく断る、大人流儀のフレーズを覚えておきましょう。 I wish I could ~. や I wish I could but I’m afraid I can’t. などのお決まりの返答パターンが瞬間にでてきるようになるのは円滑な人間関係のためにもとても大切です。 

また、ネィティブの会話は人を誉めることが多いですが、日本人は誉められるとついそれを否定して返してしまいます。「素敵なセーターですね」-「いえいえ、そんなことないですよ。こんなの安物ですよ」が典型的な会話でしょうか。アメリカ人の場合はどうでしょうか。

You Look Wonderful Today 

A:(拍) You look wonderful today.     

B:So do you

A:(拍) You look wonderful today.       

B:So do you.

A:(拍) That’s a nice color on you.     

B:Thanks a lot. 

A:(拍) That’s a nice color on you.    

B:Thanks a lot. 

  (拍) I’m glad you like it.(拍) (拍)

A:That’s a wonderful color on you.  (拍)

B:Thanks a lot.

  (拍) I’m glad you like it.(拍) (拍)

 

A:今日、とても素敵ですね。  

B:あなたこそ。

A:今日、とても素敵ですね。  

B:あなたこそ。

A:その色、お似合いですね。   

B:ありがとう。

A:その色、お似合いですね。

B:ありがとう。 気に入ってもらえてうれしいです。

A:その色は大変すばらしくあなたにお似合いです。

B:ありがとうございます。 あなたに気に入っていただけてうれしいです。


『Small Talk』 p. 17より抜粋

人に誉められたら、とりあえず So do you. というのが間違いない答えです。または素直に、Thank you. や Thanks a lot.  というフレーズを用意しておきましょう。日本的に「いえいえ、そんなことはないです」と否定したら、相手の意見を頭から否定してしまうことになり大変失礼な言い方になってしまいます。『Small Talk』でアメリカ人の普通の会話を知っておくことは、アメリカ人の考え方、文化を学ぶ糸口になります。

CDはネィティブが話すスピードですが、これ以上に速く口が動いて話せるように練習を積むと、英語特有の音の連携など、2つの単語をつなげて1つの単語のように発音するような音の変化を体得でき、同時にリスニング力も上がっていきます。英語のプレゼンテーションの前に、ジャズチャンツをテンポよく早口で唱えてみるのもおすすめです。

Small Talk: More Jazz Chants

Small Talk: More Jazz Chants

 

大人の日常をユーモラスにするちょっとした会話

大人の日常をユーモラスにするスモールトーク

『Jazz Chants Old and New』には、日常生活でありがちなトラブル、口げんか、煩悩にまみれたつぶやきがユーモアたっぷりに出てきて、つい引き込まれていってしまいます。登場人物も、おとぼけな人、わがままな人、有頂天な人、悪気はないんだろうけれど失礼な人、とリアルな人間像が出ています。

It’s Got to Be Somewhere

何か物をなくしてしまってパニック気味の女性と、それを落ち着かせようとする男性のコミカルな会話です。こんな状況、夫婦間でよくありますよね。感情の込め甲斐があるジャズチャンツです。

A:It’s got to be here. It’s got to be here.

B:It has to be here. It must be here.

A:It’s gone! It’s gone! It’s gone! It’s gone!

B:Take it easy! (拍) Take it easy!  (拍)

B:Try to remember. Try to remember.

A:I can’t remember. I can’t remember.

B:Try to remember.

A:I can’t remember.

B:Think back.

A:I can’t think!

B:Where did you put it? Where did you put it?

 

A:ここにあるはず。ここにあるはず。

B:ここにあるはずだね。ここにあるはずだね。

A:消えちゃった。消えちゃった。消えちゃった。消えちゃった。

B:落ち着いて。落ち着いて。

B:思い出してごらん。思い出して。

A:思い出せないのよ。思い出せないのよ。

B:思い出して。

A:思い出せないよ。

B:よく考えてみて。

A:考えられないの!

B:どこに置いたの?どこに置いたの?


『Jazz Chants Old and New』 p. 15より抜粋 

Jazz Chants Old And New

Jazz Chants Old And New

 
Jazz Chants(r) Old and New: Student Book

Jazz Chants(r) Old and New: Student Book

 

日本人がなかなか使いこなせない表現をものにしよう

『Let’s Chants Let’s Sing 6 』に収録されているジャズチャンツは、日常での使用頻度は高いけれど、日本人がなかなか使いこなせていない表現に溢れています。中学3年生程度の構文や文法が収録されており、大人の文法やり直しには最適です。

ジャズチャンツは、いろいろな場面設定での明解に話す力、応答の瞬発力、表現力を疑似体験しながら、英語力を鍛えていきます。こうした過程を積んだ生徒たちはディベートやプレゼンテーションの場がとても得意です。発声がとてもクリアで、照れずにアクセントを置いて話し、誰に何のために話すかということに重きをおく英語式の会話に慣れています。何よりもユーモアのセンスがあります。

また、この本のチャンツはもともと早口に読むものが多いため、口の動きを意識して、口を大げさに動かしながらはっきりと発声して読みましょう。英語特有の口筋肉を鍛えるのに効果的です。

What Did the Farmer Forget to Do?

A:What did the farmer forget to do?

A:What did the farmer forget? (拍)

B:The farmer forgot to shut the door,

B:So the little red hen laid an egg on the floor.

A:What did the farmer forget to do?

A:What did the farmer forget? (拍)

B:The farmer forgot to turn out the light,

B:So mosquitoes came in and bit him all night.

 

A:その農夫は何をし忘れた?

A:農夫は何を忘れたの?

B:農夫はドアを閉め忘れたんだ

B:だから小さい赤いめんどりは床の上に卵を産み落としちゃったんだ

A:その農夫は何をし忘れたって?

A:農夫は何を忘れたの?

B:農夫は電気を消し忘れたんだ

B:だから蚊が入ってきて、一晩中彼をさしまくったんだ


『Let’s Chants Let’s Sing 6 』 p. 20より抜粋

Let's Chant, Let's Sing 6

Let's Chant, Let's Sing 6

 

いかがでしたか?ジャズチャンツには、多くのアメリカ英語の技法が詰め込まれています。ぜひ、何度も声に出して、CDと同じリズムを刻んでみてください。楽しみながら、確実に英語の話す力が伸びていくのを感じ取ってください。

内藤直美

文:内藤直美
幼児期よりオーストラリア、南米、ドイツなど海外6か国で20年以上を過ごす。インターナショナルスクールで学ぶ日本人生徒のためのESLチューターとして活動。現在、世田谷区で、幼児から大学生に英語指導。児童英語教師のためのワークショップを主宰。

編集:増尾美恵子