GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

この問題、すぐに解けますか。その2~TOEIC L&R パート5、品詞問題に挑戦しよう!

この問題、すぐに解けますか。その2~TOEIC L&R パート5、品詞問題に挑戦しよう!

TOEIC L&RのPart 5形式の問題をタイプ別でお届けする不定期連載。今回も前回引き続き「品詞問題」を3問出題します。すぐに解けるか力試しをしてみましょう!

パート5の概要

問題に挑戦する前に、TOEIC の Part 5 の形式について確認しましょう。

問題形式 短文穴埋め問題
問題数 30問
選択肢 4
解答時間 1問平均20秒(3~25秒)
※ リーディングセクション全100問を解く場合の目安です。目指すスコアにより異なります。
解答の仕方 英文を読み、その空所に当てはまる語句を4つの選択肢から1つ選ぶ。
特徴 語彙や文法に関する知識が問われる。

30問で最もよく問われるのが、語彙と文法です。今回はこの文法から「品詞」に関する問題を3問出題します。

品詞問題では、語尾の形が異なる語が並んでいます。名詞(-tion、-ance、-ment など)・形容詞(-ous、-ic、-al、-ful など)・副詞(-ly)によくある語尾をしっかりとインプットして試験に臨みましょう。

練習問題にチャレンジ!

制限時間は1分。では、スタート!

1. According to the conditions that were agreed upon prior to the project, I'm afraid that the completion date is not really -------.

(A) negotiate
(B) negotiable
(C) negotiation
(D) negotiated

2. Customer ------- has been our top priority since we began doing business and will remain our main focus.

(A) satisfy
(B) satisfying
(C) satisfactory
(D) satisfaction

3. There is ------- no way that you can persuade me to go ahead with such a costly project.

(A) absolution
(B) absolute
(C) absolutely
(D) absolutes

正解と解説

1. 正解 (B)

I’m afraid that ~. (~と思う)という文中に空所があります。that 以降の文を見ると「主語(S)+ be動詞(V)+ (not really)+ 空所」です。この構造から、空所に入るのは be 動詞に続く補語として機能し、かつ、really(本当に)が修飾できる語だと分かります。正解は、形容詞の (B) negotiable。(D) の negotiated を過去分詞と考えると、空所に入れて文の形は成立しますが、ここでは文意が通らず不正解となります。

【訳】プロジェクトに先立って合意した条件によれば、完了日は交渉可能というわけではない。

(A)[動]交渉する
(B)[形]交渉できる
(C)[名]交渉
(D)[形]交渉による

【語注】prior to:~に先立って、completion date完了日、完成日 

2. 正解 (D)

空所の直後に has been と文の動詞があるため、空所を含めた Customer ------- を文の主語と考えましょう。Customer satisfaction で「顧客満足度」という複合名詞になるので、(D) satisfaction が正解です。

【訳】顧客満足度は、創業以来の私たちの再優先事項であり、今後も焦点の中心となるでしょう。

(A)[動]~を満足させる
(B)[形]満足させる
(C)[形]申し分のない
(D)[名]満足(度)

【語注】top priority:最優先(事項)

3. 正解 (C)

 

全体を見ると There is no way that ~. とあり、「(that 以下)はあり得ない」という内容になっています。空所がなくても文自体は完成しており、空所には no way(あり得ない)を強調する副詞が入ると考えるのが妥当です。正解は (C) absolutely です。

【訳】そんな費用のかかる企画で行くなど、私を絶対に説得できるわけがない。

(A)[名]免除
(B)[形]絶対の
(C)[副]絶対に
(D)[名]絶対的なもの(複数形)

【語注】persuade:~を説得する、go ahead with:~を進めるcostly:費用のかかる

 

いかがでしたか?全問正解できたでしょうか。次回もお楽しみに!

GOTCHA! 編集部

原案:データベース編集部
文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。