GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

旅のお供に洋書!自宅バカンスにも!英語レベル別おすすめ7冊

旅のお供に洋書!自宅バカンスにも!英語レベル別おすすめ7冊

年々長くなる日本の夏、やっと夏休みシーズン到来です!普段の移動中はスマホをチェックする方も、休暇中は本を手に取ってみては?(もちろん電子書籍でも!)読書と英語学習を兼ねたいという方のために、旅行に持っていくもよし、自宅で本の中の旅へ出発するもよし、なおすすめ洋書7冊を紹介します。

『Haroun and the Sea of Stories(ハルーンとお話の海)』サルマン・ラシュディ

■英語レベル:初中級

Haroun and the Sea of Stories (Puffin Books)

Haroun and the Sea of Stories (Puffin Books)

 
ハルーンとお話の海

ハルーンとお話の海

 

風刺がピリッと効いた、子どもも大人も楽しめる冒険小説

マジックリアリズムの作家として知られ、ブッカー賞を受賞、そしてノーベル文学賞の受賞も取りざたされるインド出身のサルマン・ラシュディ。『真夜中の子どもたち』などが有名ですが、実は本書のようにとびっきり楽しいファンタジー小説もあります。作家が長男のために書いたそうです。

実際の社会状況を思わせる風刺が盛り込まれ、言葉遊びも満載。でも、とても読みやすい英語です。また、その世界を日本語で現出させている翻訳もまたすごいです。ぜひ、英語と日本語の両方で読むことをおすすめします。

物語の主人公は、「アルファベー」という「悲しい町」に両親と住む少年ハルーン。無限大の海のようにお話を語るのを仕事とする父、ラシードは、ある出来事を機に突然物語ることができなくなります。お父さんにお話の海を取り戻させるべく、ハルーンは「オハナシー」の世界へ、水の精モシモと機械の鳥デモモと一緒に旅立ちます。その世界では、「お話の海」が大きな悪だくみによって危機に瀕していました。

各章はもれなく、すぐ続きが読みたくなる終わり方をしていて、読むのをやめられなくなります。物語の力がいかに偉大かを思い起こさせてくれる本書は、難しいことを抜きにしても、とにかく面白い第一級のファンタジーです!

『Luka and the Fire of Life』サルマン・ラシュディ

■英語レベル:中級

Luka and the Fire of Life: A Novel

Luka and the Fire of Life: A Novel

 

ハルーンの物語と併せて読みたい、弟ルカの冒険

『Haroun and the Sea of Stories』のハルーンの弟、ルカが活躍する物語です。こちらは作家が次男のために書いたとのこと。日本語訳は出ていないようですが、本書の英語も読みやすいです。この動画で本の朗読が少し聞けます。

12歳のルカがお父さんを救うために、「イヌという名前のクマ」と「クマという名前のイヌ」を連れて、「命の火」を手に入れるために、魔法の世界へ冒険に繰り出します。

『Changing Planes(なつかしく謎めいて)』アーシュラ・K・ル=グウィン

■英語レベル:中上級

Changing Planes

Changing Planes

 
なつかしく謎めいて (Modern & classic)

なつかしく謎めいて (Modern & classic)

 

空港での待ち時間に読むと極上の臨場感が

このアメリカ作家は「ゲド戦記」シリーズなどヤングアダルトの本でも有名ですが、本書は大人向けです。

空港の長い待ち時間。新鮮に思えるうちはいいですが、慣れてきたり、飛行機の出発が大幅に遅れたりすると、なかなか耐え難いという人もいるかもしれません。そんなときにはぜひこの一冊を!

空港で「飛行機(planes)」を「乗り継ぐ(change)」のではなく、「次元(planes)」を「乗り換える(change)」人々の体験記から成るSF小説です。次元を移動した先は突拍子もない場所で、摩訶不思議な人たちが存在しています。でも、どことなく覚えがあるような?

皮肉なユーモアにあふれていて、ちょっとゾクッとします。

『Matilda(マチルダは小さな大天才)』ロアルド・ダール

■英語レベル:初級

Matilda

Matilda

 
マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)

マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)

  • 作者: ロアルドダール,クェンティンブレイク,Roald Dahl,Quentin Blake,宮下嶺夫
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/10/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 38回
  • この商品を含むブログ (40件) を見る
 

子どものころ魔法が使えるようになりたかったすべての方へ

このイギリス作家の児童文学はどれも最高ですが、ここでは続けて3冊を紹介します。1冊目は、不思議な力を持ち、頭が「良過ぎる」少女、マチルダが主人公の本書。

幼児期に一人で本が読めるようになり、図書館に通って本を読みあさるマチルダ。でも、両親はそんなマチルダを理解できず、「本なんか読むな」としかります。学校に入ると、理不尽な独裁者のような校長と、マチルダを応援してくれる教師との出会いがありました。自分が不思議な力を持つことに気付いたマチルダは、ある行動を起こします。

クライマックスは、大人が読んでも大興奮すると思います。不思議な力がある方がいいのか、ない方がいいのか、考えてしまいそうです。

『The Witches(魔女がいっぱい)』ロアルド・ダール

■英語レベル:初級

The Witches

The Witches

 
魔女がいっぱい (ロアルド・ダールコレクション 13)

魔女がいっぱい (ロアルド・ダールコレクション 13)

  • 作者: ロアルドダール,クェンティンブレイク,Roald Dahl,Quentin Blake,清水達也,鶴見敏
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
 

「本当の」魔女の姿とは?

灼熱の夏にひんやりしたい方はこちらを。本書に出てくる魔女が怖い!笑える描写も多いのですが、やはり怖い!ホラーほど怖くはありませんが、背筋に寒さを感じるには十分です。

おばあちゃんから「本物の」魔女の話を聞いていた少年が、ある日、とんでもなく恐ろしい会合を目撃してしまいます。少年の運命は?

アンジェリカ・ヒューストン主演で映画化されていますが(邦題は『ジム・ヘンソンのウィッチズ / 大魔女をやっつけろ!』)、本とは結末が異なります。2018年6月時点での情報では、もっと原作に忠実な形で再映画化される話が進んでいるとのこと。監督・脚本を「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメキス、製作に『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロが参加する予定のようです。

www.moviefone.com

『James and the Giant Peach(おばけ桃が行く)』ロアルド・ダール

■英語レベル:初級

James and the Giant Peach

James and the Giant Peach

 
おばけ桃が行く (ロアルド・ダールコレクション 1)

おばけ桃が行く (ロアルド・ダールコレクション 1)

  • 作者: ロアルド・ダール,クェンティン・ブレイク,柳瀬尚紀,Roald Dahl,Quentin Blake
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/04/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

桃と虫が好きな人もそうでない人も、ビッグサイズの冒険へ!

かつては『おばけ桃の冒険』という邦題で翻訳が出ていました。ロアルド・ダールの児童書ではよくあることなのですが、この物語の主人公、ジェイムズの境遇は悲惨とも言えるもの。でも、その境遇を吹き飛ばすような少年の冒険と成長が描かれます。

つらい日々を過ごしていたジェイムズが、巨大化した桃に乗り込んで、巨大化した虫たちと一緒に、空へ海へと飛んでいく物語です。

ヘンリー・セリック監督、ティム・バートン製作のアニメーション映画があります。

2018年8月6日(月)~8月12日(日)、この小説を基にしたダンスと劇が融合した舞台が上演されますので、ご興味がある方はこちらもどうぞ。

www.owlspot.jp

『Orlando: A Biography(オーランドー ある伝記)』ヴァージニア・ウルフ

■英語レベル:上級

Orlando (Vintage Classics Woolf Series)

Orlando (Vintage Classics Woolf Series)

 
オーランドー―ある伝記 (ヴァージニア・ウルフ・コレクション)

オーランドー―ある伝記 (ヴァージニア・ウルフ・コレクション)

 

既成の枠をすがすがしく飛び越えて愛に生きる

『ダロウェイ夫人』『灯台へ』『波』などで知られるイギリスのモダニズム文学の作家ですが、それらの作品とはちょっと異なる趣向の小説です。

主人公のオーランドーは16世紀から20世紀まで生きて、それでもまだ若いまま、しかも途中で性転換もします。ファンタジーっぽく聞こえるかもしれませんが、タイトルに「伝記」とあるように、読んでいると歴史的事実であるかのように真実味を感じます。不思議です。歴史小説が好きな方、妙に現実味のある異世界へ迷い込みたい方など、必読です!

2017年9~10月には多部未華子が主人公で上演されました。この舞台でこの物語を知った方もいらっしゃるかもしれません。

www.parco-play.com

映画はサリー・ポッター監督の『オルランド』があり、傑作です。

オルランド 特別版 [DVD]

オルランド 特別版 [DVD]

 

gotcha!

文:Irene
日本でも海外でも、外で英語の本を読んでいると、英語で話し掛けられることがあります。話し掛ける人からすれば当然と言えば当然の行為ですが、英語を読んではいても話すのは苦手だったりするので、一瞬戸惑います。