GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

多読に取り入れたい!リアルな写真の英語絵本

多読に取り入れたい!リアルな写真の英語絵本

「ナショナルジオグラフィック」の写真など、リアルな写真を使った絵本を知っていますか?写真で、自然や動物から人々の暮らし、科学など、地球で起きているさまざまなことを伝える絵本です。英語力はもちろん、知識欲も満たしてくれて、大人も子どもも楽しめます。その中から、6冊のノンフィクションの絵本を選びました。多読に取り入れてみてはいかがでしょうか。

1.My Body, Your Body(動物の体と私たちの体)

(総ワード数:66 words)

人間と動物の体の違いを比べ、違いや似ているところを発見する絵本です。人間の子どもと動物の写真が、そっくりな表情で登場します。カエルの目の色と女の子の目の色。カバの口と男の子の口の大きさ。カバの口の中ってこんなふうになっているの?とびっくりするかも。そのほかにも、イヌや、ラマが登場します。

My Body, Your Body(動物の体と私たちの体)

(c)2013 National Geographic Learning, a part of Cengage Learning

My hair is long. Is your hair long, too?

私の髪の毛は長いです。あなたの髪の毛も長いですか?

No, it isn't. My hair is short.

いいえ、私の髪の毛は短いです。

学習する語句

an ear(耳)

an eye(目)

hair(髪)

long hair(長髪)

a mouth(口)

Our World Reader 1 My Body Your Body (Non Fiction)

Our World Reader 1 My Body Your Body (Non Fiction)

 

2.My Day(動物の生活と私たちの生活)

(総ワード数:163 words)

動物の生活と私たちの生活を比べてみる絵本です。子どもと動物がそっくりな動作をしている写真がいっぱい。シャワーを浴びるゾウ。カメレオンの朝ごはん。仲間と遊ぶ馬たち。家族とくつろぐサルたち。動物はどんな一日を過ごしているのでしょうね。

My Day(動物の生活と私たちの生活)

(c)2013 National Geographic Learning, a part of Cengage Learning

After I do my homework, I relax with my family. Do you?

宿題が終わったら、私は家族と一緒にくつろぎます。あなたは?

I eat with my family at night, but I don't do homework! I relax with my family, too.

私は家族と一緒に夕食を食べるけど、宿題はしません!私も家族と一緒にくつろぎます。

学習する語句

at night(夜に)

brush my teeth(歯を磨く)

eat breakfast(朝食を食べる)

eat dinner(夕食を食べる)

get dressed(服を着る)

get up(起きる)

go to bed(寝る)

go to school(学校へ行く)

play with friends(友達と遊ぶ)

Our World Reader 2 My Day (Non Fiction)

Our World Reader 2 My Day (Non Fiction)

 

3.Getting to School Around the World(学校へ行こう)

(総ワード数:263 words)

世界中の子どもたちがどうやって通学しているかが分かる絵本です。学校へ行く通学の手段は国によってさまざまだってことを、知っていましたか?日本人なら電車やバスや徒歩がほとんどですよね?ボートに乗ったり、スノーモービルに乗ったり、ラクダに乗っていくなんて、想像しませんでした。

Getting to School Around the World(学校へ行こう)

(c)2013 National Geographic Learning, a part of Cengage Learning

Some places are very snowy. It can be difficult to travel by car or by bus on snowy roads. Many Inuit children in Canada ride snowmobiles to school.

雪深い地域もあります。そこでは車やバスが雪道を移動するのは大変です。カナダではイヌイット族の多くの子どもたちがスノーモービルに乗って学校に行きます。

Children get to school in different ways all around the world. How do YOU get to school?

世界の子どもたちは、さまざまな交通手段を使って学校へ行きます。あなたはどうやって学校へ行きますか?

学習する語句

airplane(飛行機)

bus(バス)

helicopter(ヘリコプター)

scooter(スクーター)

subway(地下鉄)

Our World Reader 3 Getting to School Around the World (Non Fiction)

Our World Reader 3 Getting to School Around the World (Non Fiction)

 

4.Caring for Elephant Orphans(親を失ったアフリカの小ゾウたち)

(総ワード数:316 words)

人間に住まいを奪われ、親を失ったアフリカの小ゾウたちが、ケニヤのある特別な施設で元気に育っていく様子を紹介する絵本です。小ゾウたちは飼育係や新しくやってきた小ゾウに鼻を巻き付けて親しみを表します。小ゾウたちは飼育係と一日中、一緒に過ごします。寝るときも一緒です。そして、5歳から7歳で野生に帰るお別れの時が来ます。

Caring for Elephant Orphans(親を失ったアフリカの小ゾウたち)

(c)2013 National Geographic Learning, a part of Cengage Learning

The elephants often come back to visit the keepers.

ゾウたちは飼育係の元へよく帰ってきます。

Sometimes they come for help when they are hurt.

ゾウたちはけがをすると飼育係の助けを求めてくることがあります。

Sometimes they come to show their new babies.

赤ちゃんが生まれたときに見せに来てくれることがあります。

Sometimes they just come to say “hello”

ただ「こんにちは」とあいさつしに来てくれることもあります。

学習する語句

help (~を助ける)

protect(~を守る)

take care of(~の世話をする)

Our World Reader 3 Caring for Elephant Orphans (Non Fiction)

Our World Reader 3 Caring for Elephant Orphans (Non Fiction)

 

5.Sweet Surprises(スィート ・サプライズ)

(総ワード数:525 words)

偶然にできた人気のお菓子についてのお話です。チョコチップクッキーやポテトチップスは、偶然にできた驚きの発明品だったのです。

棒付きアイスは英語でpopsicleと言いますが、その名前の由来が面白いんです。アイスクリームコーンがワッフルみたいに網目模様になっているのにもわけがあるんです。お菓子の秘密を探ってみませんか?

Sweet Surprises(スィート ・サプライズ)

(c)2013 National Geographic Learning, a part of Cengage Learning

The customer said the potatoes were too thick, and he sent them back to the kitchen.

「このポテトは厚過ぎる」と言って、客が厨房に返してきました。

This made George angry, so he wanted to make the customer angry, too.

これに怒ったジョージは、お客さんのことも怒らせようと思いました。

George cut a potato into very, very thin slices. Then he cooked the slices in oil until they were crispy, and added lots of salt.

ジョージはポテトをとても薄く切って、パリパリになるまで油で揚げ、たくさんの塩をかけました。

学習する語句

creativity(創造性)

idea(発想)

invent(発明する)

invention(発明)

problem(問題)

put(~を置く)

solution解決策)

use(~を使う)

Our World Reader 4 Sweet Surprises (Non Fiction)

Our World Reader 4 Sweet Surprises (Non Fiction)

 

6.The Cave People of the Karawari(カラワリの洞窟の民)

(総ワード数:775 words)

パプアニューギニアのジャングルにある洞窟に住む、メアカンブットと呼ばれる人々の暮らしを知ることができる絵本です。彼らは洞窟から洞窟へと移り住みながら、独自の生活様式を守って生きている、カラワリでは唯一の洞窟の民なのです。彼らがどのような生活をしているのか、のぞいてみましょう。

The Cave People of the Karawari(カラワリの洞窟の民)

(c)2013 National Geographic Learning, a part of Cengage Learning

The Meakambut people are proud of their traditions.

メアカンブットたちは、自分たちの伝統に誇りを持っています。

Holding their land and their old way of life is important to the Meakambut, but they face many difficulties.

昔ながらの土地で古くからの生活スタイルを大切にするメアカンブットですが、多くの困難に直面しています。

学習する語句

community(コミュニティー)

culture(文化)

future(未来)

generation(世代)

handcrafted(手作りの)

pass down(~を次の世代に伝える)

proud(誇りに思う)

tradition(伝統)

Our World Reader 5 The Cave People of the Karawari (Non Fiction)

Our World Reader 5 The Cave People of the Karawari (Non Fiction)

 

参考

ナショナル ジオグラフィック協会 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ELT INDEX - センゲージ ラーニング株式会社 - ELT

ngl.cengage.com

文:増尾美恵子