GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

地獄で仏の実践翻訳ゼミナール ― 宮脇孝雄氏の新著『翻訳地獄へようこそ』刊行

地獄で仏の実践翻訳ゼミナール ― 宮脇孝雄氏の新著『翻訳地獄へようこそ』刊行

『翻訳地獄へようこそ』編集実務に携わった原 智子さん(左)と、アルク出版編集部 菊地田孝子(右)

みなさま、こんにちは!アルク広報チームの河合です。アルクの新刊やサービス、イベントや取り組みなどの情報をお届けする「アルク広報ニュース」。今回は、翻訳業界の中で、その博識ぶりと練達の訳文で高名な宮脇孝雄氏による新刊『翻訳地獄へようこそ』にスポットを当てました。

今月のスポットライト

悩める翻訳者と海外文学ファンは特に必読!必見!

昨年休刊されたアルクの情報誌『マガジンアルク』で長年、翻訳のおもしろさや深みをつづっていただいた宮脇孝雄先生のエッセー「英語翻訳ミヤワキ研究所」が一冊の本になりました。

本書『翻訳地獄へようこそ』は、読めば読むほど、翻訳者の苦悩と翻訳の奥深さがじわじわ染みてきます。

文法的に正しく訳したのに、著者が本当に言いたいことはまるっきり伝わっていない――そんなことがままあるのが「翻訳の世界」とのこと。

表層的な訳から脱したい、時代や文化背景の違いを乗り越えて、より正確でより魅力的な訳にたどりつきたい――。知恵を振り絞りあらゆる手段を使い、正しく訳せたときの喜びは格別ながら、心残りのある訳文しかひねり出せなかったときには悔いがいつまでも尾を引き…。そんな悶絶の心境を吐露した「まえがき」に始まり、数々の誤訳例を取り上げながら、温かくユーモアに満ちた文章で翻訳の実践を紹介するこの本。

翻訳者や志望者のみならず、「言葉」に関心のあるすべての人々に翻訳の奥深さを味わい楽しんでいただけること請け合いです。

そんな本書の刊行を記念して開催する7月28日(土)のトークショー(ジュンク堂書店池袋本店)は、またたく間に満席となりました。

8月には、東京・下北沢にある「本屋B&B」で対談イベントが開催されます。ぜひご参加ください。

<イベント開催概要
【タイトル】宮脇孝雄×豊崎由美「翻訳生き地獄、住み心地はどうですか?」『翻訳地獄へようこそ』(アルク)刊行記念
【日時】8月23日(木)20時~22時(19:30開場)
【場所】本屋B&B
【入場料】前売 1,500円 + 1 drink order (当日店頭 2,000円 + 1 drink order

▼詳細はこちら▼
http://bookandbeer.com/event/20180823/

では最後に、『翻訳地獄へようこそ』を担当した菊地田からのメッセージをお届けします。

『マガジンアルク』連載当時から、宮脇さんのこのエッセーにはものすごいエネルギーがこめられていました。さまざまな種類の翻訳のサンプル、奥深い蘊蓄(うんちく)、経験値とセンスに支えられた目が覚めるような模範訳、そしてエッセーとしての上質な文章。他に類を見ない連載だったと自負しています。そんな宮脇さんの名文集をまとめて皆さんにお届けできる運びとなり、編集者として感無量です。

翻訳地獄へようこそ

翻訳地獄へようこそ

  • 著者: 宮脇孝雄
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/06/22
  • メディア: 単行本

新刊案内

1. 『ENGLISH JOURNAL』8月号(7月6日発売)

日々、英語学習に励んでいる皆さま、たまには思いっきり笑って息抜きしませんか? 今月の特集は、「英語」と「笑い」をテーマに、世界5カ国のお国柄ジョークとコメディーをご紹介。ジョークを楽しむための背景知識を紹介するほか、日本人コメディアンが、英語で人を笑わせるコツを直伝。英語で笑いましょう!

特別企画で取り上げるのは、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』。アメリカで女性の権利に目が向けられ始めた1970年代のテニス界を描いた作品です。劇中のせりふで描き出される、当時のアメリカ社会における男女同権やマイノリティーに対する扱いについて、ご紹介します。

EJインタビューは、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のモデルとなった元プロテニスプレーヤーのビリー・ジーン・キングと、映画で彼女の役を演じたエマ・ストーンの二人が登場します。

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2018年 8月号

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2018年 8月号

  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/07/06
  • メディア: 雑誌
2. 『ニュース英語が本当に解るボキャブラリー』(6月18日発売)

好評を頂いたロングセラーの既刊書を、より携帯性を高めた新書サイズでお届けするシリーズ「アルク・ライブラリー」に、新たなタイトルが仲間入り。2007年発行の『決定版 ニュース英語が本当に解るボキャブラリー』を再構成し、[政治・経済編]と[科学・社会編]の2冊に分け刊行しました。

本書は、米有力メディアに幅広い寄稿経験を持つ元米紙記者が、米CBS、英BBCのニュースで実際に使用された単語と熟語を中心に、重要表現を厳選。日常会話やディベートにも役立つ語彙から、現代社会が見えてくるキーワードまで、分かりやすく解説します。

 

ニュース英語が本当に解るボキャブラリー[政治・経済編] (アルク・ライブラリー)

ニュース英語が本当に解るボキャブラリー[政治・経済編] (アルク・ライブラリー)

  • 著者: 谷川幹
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/06/18
  • メディア: 単行本
ニュース英語が本当に解るボキャブラリー[科学・社会編] (アルク・ライブラリー)

ニュース英語が本当に解るボキャブラリー[科学・社会編] (アルク・ライブラリー)

  • 著者: 谷川幹
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/06/18
  • メディア: 単行本
3.『アメリカ留学公式ガイドブック [第2版]』(6月18日発売)

アメリカ大使館が推薦する留学ガイドブック。著者は、日米間の教育・文化・学術交流を促進するフルブライト交流事業を手掛ける日米教育委員会です。

本書は、「留学する本人が、自分の力で大学を選び、渡航・入学の手続きなど、すべて完遂できるよう」に作られています。さらに留学後に役立つ情報も掲載しています。

現地での編入や大学院進学はもちろん、キャンパスライフや留学生の義務、異文化適応までカバー。アメリカ留学のガイドブックは数あれど、本書はアメリカの教育制度や留学生に関する情報はきめ細やかで、信頼性が高い一冊です。

留学成功の秘訣は、情報収集と準備にあり。留学を「成功させる」ための心強い伴走者として、本書をお役立てください。

アメリカ留学公式ガイドブック[第2版]

アメリカ留学公式ガイドブック[第2版]

  • 著者: 日米教育委員会
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/06/18
  • メディア: 単行本
4.『自由英作文はじめの1冊』(7月6日発売)

中学校で習うような一文は書けるけれど、文章になるとどう書いていいかわからない…。そんな悩みを抱える、自由英作文ビギナーにぴったりの一冊です。

ライティングと言えば、文法を正しく使って一文を正確に書くことばかりに気を取られがちですが、「文章全体で何を伝えたいのかを考えて、文の流れを組み立てること」をしないと、相手に伝わる文章を書くことはできません。

本書では、大学入試や資格・検定試験でよく出る「意見を述べる」「説明する」「要約する」タイプの文章について、アイデアを出してから、文章を書き上げるまでの手順・考え方をお伝えします。

加えて、初級者が悩むポイントや間違えやすい文法・表現などを具体的に解説。総合的な英語の力を身に付けながら、ライティングの力を引き上げるテクニックがつかめます。

自由英作文はじめの1冊 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

自由英作文はじめの1冊 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

  • 著者: 工藤 洋路
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/7/6
  • メディア: 単行本

ニュース

1. スマートニュースの新コンテンツ「英語学習チャンネル」のToday’s Expressionを共同開発

去る6月、スマートニュース社が運営するアプリ「スマートニュース」に、「英語学習」チャンネルが加わりました。特別コーナー“Today’s Expression”は、アルクがコンテンツを提供しています。

英語表現は、「英辞郎 on the WEB」からピックアップ。毎日異なる表現の意味や使用される場面の説明、例文をひとつずつ紹介しています。さらに多くの意味や表現、例文などを知りたい場合は、「英辞郎 on the WEB」へのリンクがあるので大変便利です。

本チャンネルにはその他、英語学習についてのコラムが多数掲載。「GOTCHA!」の厳選記事もお読みいただけます。

▼詳しくはこちら▼

www.smartnews.com

2. 小学校の英語教育 これからセミナー 【第2回】小学校英語の「評価」 そして「これから」 [8月5日(日)]

2020年度から小学校5・6年生で英語が教科化されるなど、大きな変革が起きている小学校英語。目まぐるしく変わる状況を整理し、英語指導者として、さらに指導力に磨きをかけるためのセミナーを開催します。

今回のテーマは「評価」。教科化されるに当たり、英語は数値による評価が求められることになりました。この点について、指導以上に悩ましいという声が小学校の現場から聞こえています。

小学校英語の現場にふさわしい評価の考え方と具体的な評価方法を、上智大学の藤田保先生と山ノ内麻美先生が、理論と実践の両面からワークショップ形式で伝授します。

この「これからセミナー」では、指導者同士のつながりを深めることも大切にしたいと考えています。1人ではなかなか答えが出にくいことも、みんなで考えればきっと突破口が開けるはず。そんな仲間を見つけるキッカケにもしていただければと思います。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

▼詳しくはこちら▼
https://www.alc.co.jp/seminar/detail/180805.html

3. 英語学習アドバイザー 実践ワークショップ[8月25日(土)・26(日)]

アルクでは、英語学習アドバイスのプロを養成する「英語学習アドバイザー資格認定制度 」(ESAC:English Study Advisors’ Certificate)を展開しています。

資格はジュニア、アソシエイト、プロフェッショナル、マスターの4つのレベルで認定されます。自主学習教材「ESAC®英語学習アドバイザーコース」でジュニア・アドバイザー資格を取得した後に、実践ワークショップに参加することで、さらに上位の資格を取得することが可能です。本ワークショップでは、教材で学んだ知識をベースに実践練習を行います。

ESAC英語学習アドバイザーは、多くの大学や企業などで採用され、英語学習者が自律的に学習できるように、目標達成に向けてのお手伝いをしています。資格取得を目指す方はもちろん、幅広い英語学習指導力を身に付けたい方も、ぜひご参加ください。

 ▼詳しくはこちら▼
https://www.alc.co.jp/seminar/#e0825

それではまた、来月にお会いしましょう!

地球人マーク アルク

文:アルク 広報チーム

アルクのあれこれ情報を、もっとたくさんの方に知ってもらおうといろいろ活動中。

◇アルクってどんな会社?と思われたら「会社案内」へ https://www.alc.co.jp/company/ 
◇言葉やコミュニケーションについての情報なら「アルクplus」へ
http://plus.alc.co.jp/