GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

Rubber(ラバー)の意味は消しゴム…だっけ。違った?(汗)アメリカ英語 vs. イギリス英語

Rubber(ラバー)の意味は消しゴム…だと思ったけど、違った?(汗)アメリカ英語 vs. イギリス英語

Rubberにはもちろん、単に「ゴム」という意味もあります。

同じ言葉を話しているはずなのに、お互いが思い浮かべているのは別のもの。そんなことは日本人同士の会話でも起こります。所変われば英語も変わる。同じ英語を話すアメリカとイギリスでも、そんな誤解はよくあります。

早速ですが、次のやり取りを見てみましょう。イギリス人のオリバーが困っているようです。

Oliver (UK): Oh, I forgot my rubber. Can I use one of yours?
James (US): Oh, you have a big date do you?
Oliver (UK): Sorry? No, I'm just about to take a math test. Why?

Oliver (UK): Oh, I forgot my rubber. Can I borrow yours?
Mary (US): That's not the sort of thing I bring into class.
Oliver (UK): Really, where would you use a rubber?

何のやり取りをしているんでしょう。日本語にしてみます。

オリバー(英):ああ、「ラバー」を忘れた。君のを貸してくれる?
ジェームズ(米):へえ、大事なデートの約束かい?。
オリバー(英):え?これから数学のテストを受けるんだけど。なんで?

※ 会話はすべてフィクションです。

日本人は学校で、eraser が「消しゴム」と習いますが、イギリスでは rubber に消しゴムという意味があります。

「消しゴムを貸して!」というオリバーに、アメリカ人のジェームズはなんで「デートの約束かい?」と言うんでしょう。

その真相はというと…。

アメリカでは rubber に「コンドーム」という意味があるから!

あ、今、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られた気がしました。

先に書いたように、日本人の多くは消しゴムを eraser と覚えているので問題は起きなさそうですが、イギリス人の先生から rubber と習って、「ほほう、消しゴムはラバーか!」と喜んで所構わず使ってしまい、ひょっとしたら赤面したくなる誤解を生む可能性がなきにしもあらず。気をつけましょう。

GOTCHA! 編集部

原案:データベース編集部
文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。