GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語の言い間違い。これに笑えたらあなたもネイティブ?!英語多読ニュース

英語の言い間違い。これに笑えたらあなたもネイティブ?!英語多読ニュース

「英語多読ニュースフラッシュ」(7月11日号)をお届けします。最近の海外ニュースから、GOTCHA! 編集部が気になった話題をご紹介!

仕事を失っても全然気にしない21人

わざと?それとも、うっかり?いずれにしても、仕事の現場でこんな書き間違いをしていたら、仕事なくなるよ?わざとだったら勇気がありますね。

www.buzzfeed.com

この記事でどんな言い間違いが紹介されているかというと…、

Please pay your parking fee before existing.
あなたが存在する前に駐車料金をお支払いください。

なんと、まあ、そんなこと…。できませんって。

正しくは“Please pay your parking fee before ‘exiting.’”(退場前に駐車料金をお支払いください)です。とにかく料金は早く払うに越したことはない!という気持ちが先行してしまったのでしょうか。

そしてもう一つ、こちらは求人の張り紙です。

ENGLISH TOOTER
(イギリス人の大酒飲み)

いえ、そんな人、いりませんって。おととい来やがれ。

でも、本当は“ENGLISH TUTOR”(英語の家庭教師)をします!って言いたかったのかもしれません。電話をかけて、その真偽を確かめてみたくなります。実は電話をもらうための作戦だったりして?

記事には英語がわからなくても笑えるネタも紹介されています。ぜひ、お笑いください。

ハリー・ポッターの作者、トランプ大統領の言い間違いを笑う

今、言い間違いの王様として世界から注目を集めているのは、間違いなくトランプ大統領です。

以前、Twitterで #BeforeTheInternetExisted というハッシュタグがトレンド入りしたときには、こんなふうにからかわれていました。

「インターネットが存在する前は、大統領がアポストロフィーの使い方を知らないなんて、知るすべがなかった」

そんなトランプ大統領についてですが、先日、Twitterに投稿した内容を見た「ハリー・ポッター」シリーズの著者、J・K・ローリングさんに大笑いされました。

time.com

Trump defended his tweeting style on Twitter Tuesday afternoon and admitted that he took pride in his writing ability. However, in the same sentence which called out the “Fake News” for searching for typos— he made a typo.

火曜日の午後、トランプはTwitterでの自分の投稿スタイルを弁護する内容をツイートし、自身の文章力に自信を持っていると述べた。しかし、誤字などあら探しをする「フェイクニュース*1」を非難した文章の中で、彼はタイプミスをした。

トランプ大統領は、こんな内容をツイートしました。

After having written many best selling books, and somewhat priding myself on my ability to write, it should be noted that the Fake News constantly likes to pour over my tweets looking for a mistake. I capitalize certain words only for emphasis, not b/c they should be capitalized!

ベストセラーを何冊も著し、私自身、文章力に自信を持っているわけだが、フェイクニュースは絶えず私の間違いを探すことに「私のツイートを注いでいる」。私は強調の意味で言葉を大文字にする(capitalize)。彼らに利用されるためではない(capitalized)!

capitalize を2通りの意味に使い、うまいこと書いたはずだったのですが、残念!タイプミスがありました。

Instead of “pore over,” which means to study carefully, Trump wrote “pour over.”

念入りに調べるという意味の「pore over」ではなく、トランプは「pour over(~に注ぐ)」と書いた。

このツイートを見たローリングさんはというと…、

笑いが止まらなくなりました。

「涙を拭いて、息を整えているわ。ほんと、トランプは世界で最も偉大な作家ね」。greatest をわざと gratest とつづるなんて、ローリングさん、いじわる(笑)。

恥ずかしくなったトランプ大統領はオリジナルの投稿を削除し、誤字のない文章を投稿し直しました。めでたし、めでたし。

過激な政策などで波紋を呼ぶことが多いトランプ大統領ですが、こうやってあえて打ち間違いの投稿をして、世界を平和に保とうとしているのかもしれませんね。

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。自分の記事に誤字を発見し、あわてて訂正することしばし。

*1:虚偽の情報でつくられたニュースのこと。主にネット上で発信・拡散されるうその記事を指す。