GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

TOEICで目標スコアを達成したい?英語基礎力を高めるトレーニング9種

TOEICで目標スコアを達成したい?英語基礎力を高めるトレーニング9種

英語力を伸ばすには地道な努力がモノを言います。でもどうせ努力をするなら確実に成果を出したいですよね。そんな方のために、確実に英語力が伸びるトレーニング法を紹介します。

スラッシュリーディング

英文を意味のかたまりごとにスラッシュで区切り、文頭から順番に理解していく読み方です。長い英文も「句」や「節」を意識しながら、それぞれ独立したかたまりとして捉えると、文構造を理解しやすくなります。

スラッシュで区切る目安

  • 長い主語(主部)の後
  • コンマ「,」、セミコロン「;」、コロン「:」、ダッシュ「-」のあと
  • 前置詞
  • 接続詞
  • that節
  • 関係詞節
  • 不定詞
  • 分詞
  • 長い目的語や補語

サイトトランスレーション

まずは英文にスラッシュを入れます(スラッシュリーディング)。そして、そのかたまりごとに前から順番に日本語に訳します。少しくらい不自然な訳でも、心配はいりません。意味のかたまりごとに少しだけストップして、しっかり声に出して訳していきましょう。

英文に和訳があるなら、最初のうちはそれを参考にしましょう。英文に音声があるなら、音声のポーズを利用して、自力で英文を訳すことにも挑戦しましょう。

音読

声を出して英文を読む練習です。音読する英文は、手本となる音声が付いているものがよいでしょう。練習するにあたっては、必ず事前にお手本の音声で英文スクリプトの音を確認するようにしましょう。

単語や構文はもちろんですが、発音やイントネーションがわからないまま読んでも効果はありません。意味のかたまりで一瞬止まり、内容を頭で理解しながら読み進めます。

音の強弱や発音も意識しながら、お手本の音声をできるだけまねして読むと効果が上がります。

ディクテーション

リスニング力アップのための練習です。音声のある英語素材を使います。音声を再生し、1文が終わったところで止め、書き起こします。1文が長いときは、文の途中で止めても構いません。

最初のうちはつづりや意味の理解を完璧に求める必要はありません。とにかく1文を最後まで聞き取り、素早く書き出すことに集中しましょう。

英文を最後まで聞いて、頭の中に留め、復唱してから書き出すことは、短期記憶を鍛える練習にもつながります。

TOEICで目標スコアを達成したい?英語基礎力を高めるトレーニング9種

センテンスリピート

音声のある英文素材を使います。音声を再生し、1文聞いたところで止めます。発音やイントネーションをまねて、そのままリピートをしましょう。

ただ音を「出す」だけではなく、意味を頭で理解しながらリピートすることが大切です。英文スクリプトを見ながら、繰り返し行いましょう。

1文が長いときは、文の途中で止めても大丈夫です。ただし、単語単位ではなく、意味のかたまりで区切ってください。

オーバーラッピング

英文スクリプトを見ながら、音声に合わせて同時に発話していきます。このときに、音声からずれないように、ぴたっと音声に重なって発話することを意識します。

最初のうちはなかなか上手にできないかもしれませんが、練習を繰り返すことで、徐々に重ねることができるようになります。

オーバーラッピングをすることで、発音やアクセント、イントネーションを覚え、自分でも同じ音を再生できるようになります。

シャドーイング

英文スクリプトを見ずに音声を聞き、シャドー(影)のように1、2語ずれて後から追いかけて発話する練習です。

何度も繰り返していると、スクリプトを暗唱してしまいますが、決して同時に発話しないようにしてください。あくまでも、「聞こえてきた英語を耳でキャッチし、それに少し遅れて、同じ内容を再現する」ということが大切です。

発話するときは、なるべく意味を頭で思い浮かべてください。繰り返し練習することで、音を聞き取る力が格段と上がります。

リプロダクション

スクリプトを見ないで音声を聞き、1文終わったら音声を一時停止します。そして同じ内容をリピートします。パッセージの終わりまで、それを繰り返しながら進みます。

センテンスリピートと同様、お手本の音声の発音やイントネーションをまねし、また、ただ音を「出す」だけではなく、意味を頭で理解しながら発話することが大切です。

最初のうちは、短めのかたまりから始めても大丈夫です。徐々に1文全部をリプロダクションすることを目指しましょう。

リード & ルックアップ

英文を1文読み、ピリオドまで来たところで顔を上げます(ルックアップ)。そして今読んだ内容を発話します。最初のうちは1文を短く切ったかたまりで行ってもいいでしょう。慣れてきたら、1文単位で練習をします。

英文を読むとき、また読んだ内容を発話するときには、発音やイントネーションに気をつけてください。また、意味や文構造をしっかり理解した上で行うことが大切です。

繰り返し練習することで、短期記憶保持力と文法力アップにもつながります。

 

出典:「TOEIC® LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース(講義動画付き)

https://ec.alc.co.jp/lp/toeic_new/t500/index.html

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース(講義動画付き)

冨田三穂 監修。500点突破を目指す方にとって必須である「英語の基礎力」に焦点を当てた特別カリキュラムを設定し、3カ月で英語の基礎力を固める新形式対応講座。

詳細はこちら

GOTCHA! 編集部

構成:GOTCHA! 編集部

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。