GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語プラスアルファが身に付く、ニュージーランド留学の魅力

英語プラスアルファが身に付く、ニュージーランド留学の魅力

英語を学びながら将来に生かせる何かを身に付けたい。例えばニュージーランドなら、そんな願いをかなえる留学ができるかもしれません。先日、来日したITENZ(全国私立高等教育機関連盟)の代表クレイグ・マッソンさんに、ニュージーランド留学の魅力をうかがいました。

ITENZ代表のクレイグ・マッソン(Craig Musson)さん

ITENZ代表のクレイグ・マッソン(Craig Musson)さん

語学留学にニュージーランドをすすめる理由

――海外で英語を学びたいと思ったとき、渡航先としてアメリカ、イギリス、オーストラリアなどが思い浮かびます。そのなかでニュージーランド留学がほかと違う理由、ニュージーランド留学に注目すべき理由は何でしょう。

マッソン:イギリスの経済平和研究所が考案した「世界平和度指数」において、ニュージーランドはアイスランドに次いで世界第2位。英語圏に限ってみれば世界1位です。安全面において、留学生を送り出す保護者に安心していただける渡航先と言えるでしょう。

また、ニュージーランドは、世界で初めて「留学生の生活保障に関する服務規程」を詳細に規定した国としても知られています。留学生を受け入れる機関は、この規定が定める条件を満たし、ニュージーランド資格庁(NZQA)に認定・登録されていなければなりません。留学生が安心して学べる環境が整っています。

そして、豊かな自然が挙げられます。週末旅行でキャンピングやスキー、フィッシングなどが楽しめます。それも都市部からでも1時間程度移動するだけで、豊かな自然が味わえる魅力があります。充実したアクティビティーを楽しむのにも最適だと言えます。

なぜ、ニュージーランド?

語学プラスアルファって、何が学べる?

――語学留学の仕組みとして、単に英語を学ぶだけではないプログラムがあるそうですが。

マッソン:ニュージーランドの語学研修コースが提供する特徴的なものに、「英語プラス(English Plus)」があります。たとえば、私がオーナー兼マネージングディレクターを務めるナショナル・トレード・アカデミー(NTA)には、英語に加えて酪農や園芸、乗馬、ラグビーなどを学べるコースがあります。

そのほかの学校では、ホスピタリティー、つまり旅行や観光業界で必要なスキルを学べるコースや、ラグビー、フィールドホッケー、スキーやゴルフといったスポーツを提供するところもあります。

語学プラスアルファって、何が学べる?

マッソン:「英語プラス」の利点は、なんと言っても活動しながら英語が学べることです。分野に特化した専門用語が学べますし、たとえば農作業に使う機械を操作しながら、その分野に関連する英語を現場で実践することができるのです。

語学プラスアルファって、何が学べる?

学びながら、旅を楽しみ、働ける

――留学中、現地で働きたいという方にはどのようなサポートがあるのでしょうか。

マッソン:学生ビザを取得してニュージーランドの教育機関で学ぶ場合、学期中であれば週20時間まで、定期の休暇中であれば時間に制限なく就労可能となる場合があります。

ワーキングホリデー・ビザであれば12カ月間の就労と、期間中に最長6カ月の就学が可能です。3カ月就学したあと、残りの9カ月を旅して楽しむといった過ごし方もできます。

たとえばNTAは、酪農関連で人手が必要な時期を把握しているので、3カ月の就学後には就職先があるようにコースの開始時期を調整するなどしています。

ニュージーランドのどこで学ぶのがいい?

――最初に思い浮かぶのは最大の都市オークランドですが、実のところ、留学におすすめのエリアはありますか。

マッソン:オークランドは今、都市として大きくなりすぎているところもあるので、エデュケーション・ニュージーランド(同国への留学に関する情報を提供する政府機関)では今、それ以外の場所を推奨しています。

たとえば首都のウェリントンやクライストチャーチなど、そのほかの町でも質の高い教育が受けられます。留学先を選ぶときは、学ぶ以外にどんなアクティビティーをやりたいかなど、ライフスタイルにも注目するといいと思います。

南島の北端にあるネルソンという町は好天に恵まれ、海岸が美しく果樹園も多くあります。クライストチャーチは周囲に山があるためトレッキングが楽しめます。近くに温泉やスキー場もあります。

ニュージーランドのどこで学ぶのがいい?

マッソン:さらに南のクイーンズタウン、ここはバンジージャンプ発祥の地としても知られていますが、山や湖、海岸線のフィヨルドなどダイナミックな自然が味わえます。

また、南島にはマールボロ地方をはじめワインの産地として有名な場所がいくつかあるので、ワイン好きの方にはたまらないでしょう。

ニュージーランドの人はオープンで温かく、もてなしの精神にあふれています。必ず良い学びが体験できるはずです。

――マッソンさん、ありがとうございました!

留学したい!さて、何から始めればいい?

留学に興味があるけれど、何から始めればいいかわからない方は、まず、どんな留学の選択肢や学校があるのかを、エデュケーション・ニュージーランドのウェブサイトで調べてみるといいでしょう。

www.studyinnewzealand.govt.nz

「NEW ZEALAND NOW」というウェブサイト(英語のみ)では、ライフスタイルや生活費など、ニュージーランドの生活に関する情報が収集できます。

www.newzealandnow.govt.nz

ニュージーランド留学フェアに行こう!

東京・六本木で「ニュージーランド留学フェア」が開催されます。現地教育機関の担当者と個別の相談ができるほか、留学に関するセミナーも実施されます。行きたい学校が決まっている方や、留学への不安や疑問がある方は、このイベントに参加してみてはいかがでしょう。

開催日時 2018年9月30日(日)13:00~17:00
場所 六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ・森タワー49階)
主催 エデュケーション・ニュージーランド

Takahiro Yamamoto/山本高裕

取材・文・インタビュー写真:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。半年でいいから大自然の中で生活したい。

現地写真提供:エデュケーション・ニュージーランド