GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

価格の安いオンライン英会話は? 選び方のポイントと代表的なサービス4選

格安のオンライン英会話

今回の記事では、リーズナブルな受講料でサービスを受けられるオンライン英会話をご紹介します。

オンライン英会話自体、従来の英会話スクールより値段が安いということで注目を集めました。実店舗を必要とせず、日本にいない講師であっても採用できることもあって、店舗代および人件費を大幅に抑えることができるのがその理由です。

しかし、実はオンライン英会話の受講料もピンキリで、中には1回当たり1万円以上するようなプレミアムな会社もあることはご存じでしょうか(もちろん、その分質の高さをアピールしています)。

雨後のタケノコのようにオンライン英会話が増えている中で、きっちり受講料を調べないと思わぬ出費を強いられることにもなりかねません。そこで、今回の記事では値段にこだわり、安価なオンライン英会話をご紹介したいと思います。

無理なく続けられる「安い価格」はオンライン英会話最大のメリット!

ピンキリではありますが、英会話スクールですと、1回当たりのレッスン代が3,000~7,000円ほどの価格帯のところが多くなっています。

また、一般的にグループレッスンの方が安くて、1対2(講師1人につき受講生2人)やマンツーマンレッスンですと、1回当たり1万円を超えるような価格のスクールもあります。

毎月数万円は覚悟しなければいけませんし、定期的に通わなければいけないので、少し仕事が忙しくなると面倒になってやめてしまう人が多いものです。

それに対して、オンライン英会話の最大のメリットは安さです。1回当たり100円台!という驚きの価格を実現しているケースも少なくありません。

例えば、今回ご紹介するDMM英会話ですと、スタンダードプランで毎月5,980円(税込)、毎日レッスンを受ければ1回当たり193円にまでレッスン代が下がります。

とにかく「レッスン代が安くて、家計への負担が軽い」というのは、オンライン英会話が急速に受け入れられた最大の原因と考えられます。

時間も場所も自由!自分のペースで受講できる

時間も場所も自由なオンライン英会話

オンラインでレッスンを受けられるので、わざわざスクールの店舗まで出かける必要がありません。

自宅はもちろん、出張先や会社の会議室など、インターネット環境とパソコン(タブレットやスマホでも可能ですが、画面は小さく感じるかも)があれば問題なくレッスンが可能。

また、中には夜中も開講しているオンライン英会話もあり、自分の生活スタイルに合わせてレッスンを受けることもOKです。

このように、従来の英会話スクールに比べて受講生の自由や利便性が広がっており、忙しい現代人にはぴったりのスタイルと言えるでしょう。

安さもいいが成果にもこだわろう

オンライン英会話の多くは、スクールと比べてとても安いレッスン代が設定されています。しかし、まるで英語を身につけられなければ、どんなにレッスン代が安かったとしても、あまり意味がありません。

安いレッスン代のオンライン英会話を探し求めるのもよいのですが、それよりはそのサービスを利用して、いかに自分が効率的に英語を身につけるのかを考えた方が生産的です。

目的はあくまで「英語を上達させること」であり、値段はその次に重視すべきポイント。

自分が何を目標としており、いつまでに達成したいのかを自分に問いかけ、それから「どのオンライン英会話が自分の目標達成をより効果的にサポートしてくれそうか」を考えればよいのです。 

フィリピン人講師が多い!講師の質にばらつきも?

レッスン価格の安いオンライン英会話では、多くの場合講師のすべて、あるいは大部分にフィリピン人を採用しています。

フィリピン人はアメリカンアクセントで、明るい国民性であるとも言われています。
その一方で、自宅でレッスンすることを許可していたり、経験が十分でなかったりと、英語を教えるスキルについては疑問の残る講師もいます。

ただ、講師の質に差があるのは、オンライン英会話だけではなく英会話スクールでも同様。こうしたばらつきはある程度覚悟し、自分からレッスンをリードするくらいのつもりで取り組んだ方が、ストレスなく効果的にレッスンを受けられますよ。

また、オンライン英会話を通じて日本人が身につけるべき能力は「話す」能力。特に、「間違いや発音などをあまり気にせずドンドン話す」能力です。そうした観点から考えれば、そもそも、講師がネイティブか、発音が綺麗かなどは大きな問題ではありません。

価格の安いオンライン英会話4選!

ここでは、1回当たりのレッスン代が安く、お得に英語を身につけられるオンライン英会話を4つご紹介します。

今回ご紹介するオンライン英会話サービスは、次の4つです。

  • DMM英会話
  • ネイティブキャンプ
  • QQイングリッシュ
  • レアジョブ英会話 

価格の安いオンライン英会話(1)DMM英会話

DMM英会話

大手ネットサービス、DMMが提供するオンライン英会話

サービスの提供開始は比較的最近ながら、あっという間にメジャーな存在となったのがDMM英会話。その名の通り、各種のネットサービスを手がけるDMMが提供するオンライン英会話です。

2018年3月現在、レッスン料金は月5,980円(税込)~となっています。

これは、フィリピン人を中心として世界中の講師(非ネイティブ)がレッスンを担当するスタンダードプランで、毎日25分のレッスンを1回受けることができます。

ポイントは以下の通りです。

  • 1レッスン当たり100円台の手頃な値段設定
  • 本来1,480円/月の英語学習プログラム「iKnow!」を無料で利用可能
  • ベストセラー「瞬間英作文」シリーズをはじめとした7,000以上の教材が無料で使用可能
  • レッスン内容が記録される「レッスンノート」で復習が効率的に
レッスン価格は業界最安値。しかし、教材などは豊富

値段は安いのに無料教材も豊富なのがDMM英会話。使い方次第では初級~上級まで、レベルを問わず英語力を伸ばせますよ。

DMM英会話の体験レポートはこちら(GOTCHA! バックナンバー)

価格の安いオンライン英会話(2)ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

回数無制限で受講できる

ネイティブキャンプは、回数制限なし(24時間無制限に受講可能)で月額5,500円(税込)という値段設定のオンライン英会話です。回数制限なしというのが斬新で、業界を驚かせました。

ポイントは以下の通りです。

  • 「今すぐレッスン」なら予約不要ですぐにレッスンが開始できる
  • Skypeが不要。ブラウザ上でレッスンできるのが便利
  • 「英国式カランメソッド」でスピーキング力が効果的に身につく
安さだけでなく、メソッド(教え方)にも自身あり!

飲み会1回分のお値段で、無制限にレッスンを受けることができます。コースはさまざまありますが、ポピュラーな英語教授法「カランメソッド」のコースが魅力的ですね。

価格の安いオンライン英会話(3)レアジョブ英会話

レアジョブ英会話

オンライン英会話の代名詞的な存在

日常英会話コースだと月額5,800円(税抜)、ビジネス英会話コースだと月額9,800円(税抜)という料金設定です。どちらも、どれだけ受講しても追加料金は発生しません。

ポイントは以下の通りです。

  • 講師採用率1%。講師を厳選
  • レベル別、目的別に3,000以上の教材を準備
  • 業界唯一の上場企業として信頼性が高い
業界最大手、安定したサービスを提供

業界最大手の一つとして、安定したサービスレベルが期待できます。オンライン英会話選びに迷ったら「とりあえずレアジョブ英会話にしてみる」というのもよいでしょう。

レアジョブの体験レポートはこちら(GOTCHA! バックナンバー)

価格の安いオンライン英会話(4)QQイングリッシュ

QQイングリッシュ

講師全員が英語教授専門資格を持つ

QQイングリッシュも、カリキュラムにカランメソッドを取り入れたオンライン英会話です。「月会費プラン」だと1回当たり500円近くかかりますが、「毎日プラン」だと1回当たり100円台で済みます。

ポイントは以下の通りです。

  • 安いけれど「カランメソッド」導入で成果にコミット
  • 講師全員が外国人に英語を教える国際資格であるTESOLを取得
  • 講師は全員ネット回線の安定したオフィスに出勤していて接続も安定
安いのに実力派なオンライン英会話サービス

リーズナブルではありますが、しっかり目標達成にこだわって取り組めるオンライン英会話サービスです。

QQイングリッシュの体験レポートはこちら(GOTCHA! バックナンバー)

素朴な疑問。オンライン英会話はなぜ安いのか?

ここでご紹介した以外のサービスも、オンライン英会話のサービスの価格は、通学型の英会話スクールやパーソナルコーチに比べたらかなり割安ですが、その理由はなぜでしょうか?

いくつかの要素がありますが、通学型のスクールと比較すると、

  • 家賃が不要
  • 講師の人件費が安い
  • 競争が非常に激しい

このような理由が考えられます。家賃については、英会話に限らずオンラインサービス(インターネットサービス)一般に当てはまるポイント。

2番目、講師の人件費はかなり大きな要因です。例えばフィリピンの人件費は日本の1/8〜1/10程度とよく言われます。そのため、時給で数百円でも、能力の高い人を講師として雇うことができるのですね。

英語のネイティブスピーカーが多く住む国の物価はそれほど安くない場合が多いため、ネイティブスピーカーとのレッスンを売りにしたプランやサービスは、その価格も高くなりがちです。

意外と見過ごされがちなのが、オンライン英会話が業界として「活況であり、競争が激しい」と言うこと。積極的な経営をしている企業が多いため、低価格による顧客の奪い合いが起きているのです。(各社のWebサイトを見ていると、ほとんど同じ価格が提示されていたり、ある会社の動向に他がすぐさま追随したり、という様子がわかると思います。)

価格の安いオンライン英会話は?[まとめ]

今回は1回当たりのレッスン代にこだわって選んでみましたが、長い目で見るとこだわるべきは「コストパフォーマンス」です。つまり、支払ったレッスン代と身についた英語力を比較して考えるべきであると言えるでしょう。

レッスン料金が低くても、講師の質が低くてレッスン内容も薄くほとんど英語が身につかなければ意味はありません。せっかく選ぶなら費用以上の成果が得られるサービスをしっかり選びたいですね。

もちろん、英語力をしっかり身につけたいなら、レッスンの予習・復習も欠かせません。レッスン内容を予習して基本的な知識をインプットしておく、レッスンが終わったら学んだことを復習して定着させるなど、レッスン時間外の学習を習慣化することもお忘れなく。

 

gotcha!

編集:GOTCHA!編集部

アルクオンライン英会

こちらもおすすめ!

アルクオンライン英会話

ネイティブスピーカー講師とのマンツーマンレッスンが特徴のオンライン英会話。短期間で大きな効果を実感できる質の高いレッスンは、忙しいビジネスパーソンにぴったりです。

無料体験はこちら