GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

STUDY

英語が嫌いなエゴイヤ病。そのなおし方って?

あなたの英語学習は間違いだらけ!エゴイヤ病に英語コミュ障・・・そんな英語病をなおしましょう!『イングリッシュ・ドクター流 英語が上達しない原因のなおし方』から、著者・西澤ロイさんのアドバイスをお届けします!

英語の比較級のthan I amの省略形はthan I?than me?

英文法のエキスパートが、英文法に煩わされずに英語をラクに使えるようになる方法を教えます。今回は「比較級」です。

英語も日本語もスラスラ出てくる! 通訳者の「メモ」の取り方

現役プロ通訳者が通訳現場のさまざまな話題やこぼれ話を語ります。今回は、英語医療通訳者・翻訳者・医師の押味貴之さんが、英語も日本語もスラスラ出てくるメモの取り方を紹介します。

英語学習の「挫折」を「もっとやりたい!」に変える、誰でもできる方法とは?

英語?話せるかなぁ、話せないかなぁ・・・ではなく、「私は英語を話します!」と当たり前のように言えるレベルを目指したい――そんな向上心にあふれる学習者の皆さんに、英会話講師のパンサー戸川さんがアドバイス。第1回は、学習につきものの「挫折」につい…

NativeCamp(ネイティブキャンプ)が大進化 →「話し放題」に加え「読み放題」「聞き放題」に!

100カ国以上の講師と、話したいときに話したいだけ英会話ができる「NativeCamp」(ネイティブキャンプ)を紹介します。株式会社ネイティブキャンプの広報、武内彩香さんにお話を伺いました。 NativeCampとは? NativeCamp(ネイティブキャンプ)はサービス開…

1万人超のネイティブ講師と5秒でつながる Cambly(キャンブリー)がすごい

5秒で世界中のネイティブとつながれる、予約不要のオンライン英会話「Cambly」(キャンブリー)をご紹介します。同社日本オフィスの皆さんにお話を伺いました。 Camblyとは? Camblyはアメリカ・サンフランシスコ発のオンライン英会話サービス。全世界の英語…

ALUGOのユーザーが2ヶ月で上達実感を持つのはなぜ? → コンサル出身の社長が自らに課した特訓をサービス化したから

ビジネススピーキングに特化した、コーチング系スマホ英会話の「ALUGO」(アルーゴ)を紹介します。ALUGOを運営する、アルー株式会社 代表取締役の落合文四郎さんにお話を伺いました。 ALUGO(アルーゴ)とは? ALUGOは、ビジネス英会話に特化した、コーチン…

子どもが楽しく英語を学んでくれる、GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)のすごいしくみ

いつでもどこでも英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」。バイリンガル講師が子どもの可能性を引き出す「GLOBAL CROWN」(グローバルクラウン)を紹介します。 グローバルクラウンとは? わが子には早いうちから英語に触れてもらいたいけど、スク…

NY生まれの OKpanda は、ちょっと変わった英会話アプリ。文法チェックやクイズが豊富です!

株式会社アルク EdTech事業部ビジネス開発部の岩田香純(右)さん、橋本実季(左)さん 英会話・語彙・文法・リスニング学習がアプリで完結する、「OKpanda」(オーケーパンダ)を紹介します。開発チームのお二人にお話を伺いました。 OKpandaとは? OKpanda…

TOEICスコアと英語力の伸びが停滞する要因は?

「GOTCHA!新書」シリーズの最新刊、早川幸治(Jay)著『TOEIC(R) L&Rテスト スコアアップの奥義』から、TOEIC学習に関するアドバイスをお届けします。

英語の勉強、編集部はこんな感じでやってます(2019年6月)

GOTCHA! 編集部も英語の勉強をしていますよ!という事実を淡々と共有するコーナーです。勉強ログ。少し感想あり。

「英語ができると結局何か得するんですか?」に通訳者が本気で答えます

通訳・翻訳者として活躍しながら英語学習を本格的に再開した川合亮平さんの連載。今回は、「なんで英語をやらないといけないの?何か得するの?」という問いに真正面から回答します。

英検対策の優秀アプリ!おすすめ10選

編集部が選んだ、英検の学習に役立つおすすめのアプリをご紹介します。

英語ダイエット:「知識肥満症」に陥っていませんか?

英語をたくさん勉強してきたのに、うまく話せない!そんなあなたは英語知識肥満症かも?イングリッシュ・ドクター西澤ロイが、英語の知識肥満症を治すダイエット方法をアドバイスします。

濱崎潤之輔さんがオンライン英会話を推奨する理由

英語を勉強中で「曖昧なアドバイスではなく、確実に効果が出る勉強の仕方を教えてほしい」とお悩みの方へ、HUMMER さんがプロレス技を決めるようにビシッと効果の出る、英語学習の最強戦術を伝授します。今回のお悩みは「 豊かな英語の表現方法を身に付けた…

もう悩まない!バシッと決まる、英語の冠詞 a と the の使い分け

「どっちの英語ショー」第6回は「冠詞」の使い分けです。冠詞には「不定冠詞(a/an)」「定冠詞(the)」「無冠詞(a/an や the が付かない)」があります。日本語には存在しない概念ですが、英語は冠詞の有無で文の持つ意味やニュアンスが変わるため、とて…

大阪サミット開催目前!G20が分かる6つの英単語・フレーズ

6月28、29日にいよいよ、日本が初の議長国を務めるG20大阪サミットが開催されます。アルクの英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)7月号のテーマは「英語で時事問題にトライ」。G20 に関する時事英語の単語・フレーズを国際ジャーナリストの大野和基さん…

【英会話アプリ14選】スピーキング力を鍛える!

編集部が選んだ、おすすめの英語スピーキング力を強化できるアプリを、発音練習向け7つ、英会話練習向け7つに分けてご紹介します。

英語の発音がネイティブに近付くたった一つの方法とは?

女優でプロの英語ナレーターの宮本和歌子さんが、海外居住経験がなくても、「英語の発音がきれい」と褒められる、とっておき発音練習法をお伝えします。

英語学習を何歳から始めても発音を諦めなくていい理由

「楽しく、ためになる」授業が評判の高橋基治先生が、「これだけできれば英会話で意思疎通できる!」ポイントを教えます。今回は「発音習得の鍵と心得」がテーマです。

動画でイチから学ぶ「Brexit」―Part 1:イギリスはなぜEUを離脱するのか?

アルクの英語情報誌『ENGLISH JOURNAL』(イングリッシュジャーナル)の連載「EJ Lecture」は、内容と連動する動画を毎月ご紹介しています。今回のテーマは「イギリス大混迷 未知なる Brexit」です。

「常連」「おかわり」を英語で言うと? ネイティブの英語

海外でチップをどうすればよいのか戸惑った経験はありませんか?アメリカでは、どんなお店でいくらのチップを払うのか二人のアメリカ人が会話します。

英語ライティング力を鍛えるアプリ!おすすめ11選

編集部が選んだ、おすすめの英語ライティングアプリを11個、ご紹介します。

41歳の通訳者が15年ぶりに英語学習を本気で半年やって気付いた5つのこと

通訳・翻訳者として活躍しながら英語学習を本格的に再開した川合亮平さんの連載。今回は、学習を半年続けた中での5つの「気付き」を伝えます。

英語の文法は「意味順ボックス」で理解できる!【おすすめ本】

英語の語順や基本的な英文法が簡単に分かる「意味順ボックス」とは?本『世界一効率的な大人のやり直し英語 意味順英会話』から紹介します。

もう、英語の言い間違いにドキドキしない!「英語心拍数」検査

英語の言い間違いが気になってドキドキした経験はありませんか?イングリッシュ・ドクター西澤ロイが、英語心拍数を抑え、リラックスして英会話を楽しむ方法をアドバイスします。

学習スランプ「プラトー」に入ってしまう理由と打開法【濱崎流英語学習Q&A】

英語カリスマ講師、HUMMER こと濱崎潤之輔さんの「英語学習Q&A」 今回のお悩みは「英語が急に難しく感じるようになり、成果が上がらなくなってきた」です。

英語で面白いことが言える、簡単なスピーチの作り方「多書き」

面白いことが言えるくらいの英語力が欲しい!そんな方におすすめの「TAGAKI(多書き)」。どんなトピックにもすらすらと英語で言える力を身に付けましょう。

stand for、stand out、stand at。句動詞を使いこなしてネイティブ英語に近付こう!

「どっちの英語ショー」第5回は「句動詞」の使い分けです。句動詞とは「動詞+前置詞/副詞」から成るフレーズのこと。単語の組み合わせや使われる場面によって、さまざまな意味に変化するため、苦手意識のある英語学習者も多いのではないでしょうか。

6月28、29日、大阪サミット開催!今さら聞けないG20ってどんな会議?【ENGLISH JOURNAL最新号】

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌、ENGLISH JOURNAL(EJ)。2019年5月号のテーマは「仕事」。翻訳者や学校の先生から、果ては国際的に活躍するジャーナリストまで、いろいろな方のお仕事の様子を徹底取材しました。英語を使って働く方々のリアルな声を…

動詞の make、ネイティブスピーカーはどう使う?【英会話最強の動詞】

英語の動詞の使われ方をランキング形式で紹介する書籍『最強の動詞30』。今回は本書から、動詞「have」を紹介します。

英会話で聞き返す・切り返す・言い直す英語フレーズ15選

「楽しく、ためになる」授業が評判の高橋基治先生が、「これだけできれば英会話で意思疎通できる!」ポイントを教えます。今回は「英会話の練習法」がテーマです。うまく切り返すための英語フレーズなども紹介。

英語の勉強、編集部はこんな感じでやってます(2019年5月)

GOTCHA! 編集部も英語の勉強をしていますよ!という事実を淡々と共有するコーナーです。勉強ログ。少し感想あり。

英語学習を成功に導く6つのクエスチョン

通訳・翻訳者として活躍しながら英語学習を本格的に再開した川合亮平さんの連載。今回は、英語学習を成功に導く6つのクエスチョンを紹介します。

英単語の最強アプリ10選!英語編集部がレベル別に紹介

編集部が選んだ、おすすめの英単語が身に付くアプリ10選!英語レベル別にお届けします。

英語健康チェック!あなたの「表現(把)握力」は何キロ?

イングリッシュ・ドクター西澤ロイの「英語健康診断」連載5回目では、英語の腕を磨くための「握力」の鍛え方をアドバイス。あなたの英語握力はどれくらい?

難英単語を攻略せよ!洋書や英字新聞とがっつりタッグの勉強法

GOTCHA!でおなじみ、HUMMER こと濱崎潤之輔さんが効果の出る、英語の最強戦術を伝授します。 今回は、雑誌や英字新聞をすらすらと読むための、難しい単語の覚え方を伝授!

英語の基本!inとat、toとtowardなど、前置詞をちゃんと使いこなせていますか?【デイビッド・セイン】

「どっちの英語ショー」第4回は「前置詞」の使い分けです。前置詞は、他の単語との結び付きや使われる状況によって、さまざまな意味に変化するため、日本人にとって難しい学習分野の一つといえます。さっそくクイズに挑戦して、それぞれの前置詞が持つ基本…

プロの英語ナレーターが実践する「発音がきれい」と言われるコツ7つ

留学経験がなくても英語をカッコよく話せるようになる学習法を、女優でプロのナレーターの宮本和歌子さんに教えていただきます。

英語版の自分をつくる!TOEFLにも効く「ネイティブ・マインド」とは?【ブックレビュー】

日本にいながらネイティブスピーカー並みの英語力が身に付き、さらに自由で楽しい世界が広がるとしたら?話題の新刊本をチェックしました!

PROGRITの評判は?ワーキングマザーが体験しました

PROGRIT(プログリット)の特徴や価格、使いやすさなどを編集部がガッツリご紹介。思ったよりも自分の英語学習をコンサルティングしてくれるPROGRIT(プログリット)は本気で英語を身につけたい人におすすめ。

英会話が成り立つ!これだけ英語フレーズ20選

「楽しく、ためになる」授業が評判の高橋基治先生が、「これだけできれば英会話で意思疎通できる!」ポイントを教えます。今回は「語彙・フレーズ」がテーマです。

読めば賢くなれるかも?「シャーロック・ホームズ」の原文に挑戦!

2019年6月、「シャーロック・ホームズ」シリーズの作者、コナン・ドイルの生誕から160年を迎えます。この機に、ぜひシャーロック・ホームズの世界を原文で味わってみませんか?同作をすべて自力で日本語訳し、公開している寺本あきらさんがその魅力をなどを…

英語が自動的に上達し続けるただ1つの条件 ― 学習法よりも大切なこと

通訳・翻訳者として活躍しながら英語学習を本格的に再開した川合亮平さんの連載。今回は、具体的な学習法よりも大切な「英語が自動的に上達し続ける条件」について語ります。

英作文であなたの「英語筋力」をチェック!

イングリッシュ・ドクター西澤ロイの「英語健康診断」連載4回目では、動詞を使いこなす「筋力」の鍛え方をアドバイスします。あなたの筋力はどれくらい?

probablyやmaybe。「たぶん」を意味する英語の使い分けに強くなろう!【デイビッド・セイン】

「どっちの英語ショー」第3回は「副詞」の使い分けを紹介します。今回ピックアップするのは、日常会話でもよく使う「たぶん」と「前に」という意味を持つ英単語。状況やニュアンスの違いに注意しながら、早速、クイズにチャレンジしましょう。

『ENGLISH JOURNAL』(イングリッシュジャーナル)生まれの電子版新書が登場!

アルクの月刊誌『ENGLISH JOURNAL』(イングリッシュジャーナル)の、「あの特集をもう一度読みたい」「買い逃してしまった号がある」といった声にお応えし、過去の特集を再編集。手軽に振り返ることのできる電子書籍「EJアーカイブス」が新登場!

クラウティの評判は?体験しました

クラウティの特徴や価格、使いやすさなどを編集部がガッツリご紹介。思ったよりもアカウントシェアが便利なクラウティは家族で英語を学びたい人におすすめ。

英語で読み解く「愛」ってなんだ?【ENGLISH JOURNAL最新号】

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌、ENGLISH JOURNAL(EJ)。2019年6月号のテーマは「ジューン・ブライド」の季節にふさわしく、「恋愛」です。生まれも育ちも違う人と一緒に生きていくと決めることは、ある意味「究極の異文化交流」とも言えそうです。…

英語にしづらい文もSVO発想なら簡単に言える!「あの人は顔が広い」は?

「楽しく、ためになる」授業が評判の高橋基治先生が、「これだけできれば英会話で意思疎通できる!」ポイントを教えます。今回は「文法」がテーマです。