GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

David Thanye

もう悩まない!バシッと決まる、英語の冠詞 a と the の使い分け

「どっちの英語ショー」第6回は「冠詞」の使い分けです。冠詞には「不定冠詞(a/an)」「定冠詞(the)」「無冠詞(a/an や the が付かない)」があります。日本語には存在しない概念ですが、英語は冠詞の有無で文の持つ意味やニュアンスが変わるため、とて…

stand for、stand out、stand at。句動詞を使いこなしてネイティブ英語に近付こう!

「どっちの英語ショー」第5回は「句動詞」の使い分けです。句動詞とは「動詞+前置詞/副詞」から成るフレーズのこと。単語の組み合わせや使われる場面によって、さまざまな意味に変化するため、苦手意識のある英語学習者も多いのではないでしょうか。

英語の基本!inとat、toとtowardなど、前置詞をちゃんと使いこなせていますか?【デイビッド・セイン】

「どっちの英語ショー」第4回は「前置詞」の使い分けです。前置詞は、他の単語との結び付きや使われる状況によって、さまざまな意味に変化するため、日本人にとって難しい学習分野の一つといえます。さっそくクイズに挑戦して、それぞれの前置詞が持つ基本…

probablyやmaybe。「たぶん」を意味する英語の使い分けに強くなろう!【デイビッド・セイン】

「どっちの英語ショー」第3回は「副詞」の使い分けを紹介します。今回ピックアップするのは、日常会話でもよく使う「たぶん」と「前に」という意味を持つ英単語。状況やニュアンスの違いに注意しながら、早速、クイズにチャレンジしましょう。

「休み」という意味の名詞、breakとrest。この英語を正しく使い分けられますか?【デイビッド・セイン】

新連載「どっちの英語ショー」では、辞書を引いただけでは区別しにくい「英単語使い分け」のポイントを、デイビッド・セインさんがネイティブの視点で解説します!

fastとquick、speakとtalk。こんな英単語をちゃんと使い分けられますか?【デイビッド・セイン】

新連載「どっちの英語ショー」では、辞書を引いただけでは区別しにくい「英単語使い分け」のポイントを、デイビッド・セインさんがネイティブの視点で解説します!

「そういえば」「もしかして」「~みたいな」を英語で言うと?

書籍『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』の書評。英会話を楽にする「しゃべりだしフレーズ」を紹介します。

スピーキング力がアップするネイティブ流3つのコツ

ネイティブスピーカーの人たちと普通に会話を楽しみたい――。そのために英語学習に取り組む方々に、デイビッド・セインさんが英語スピーキングのコツを伝授します。

地震大国に住むなら知っておきたい、不慣れな外国人を安心させる英語表現

地震がほとんどない国からやってきた外国の方々にとっては、私たちが普通にやり過ごす小さな地震であっても心臓がひっくり返るほどの体験のようです。そんな方々を安心させる表現を、デイビッド・セインさんに教えていただきます。

「色」に関する表現を極めて、英語マスターを目指しましょう。デイビッド・セインの知っ得英語辞典

「青ざめる」「真っ赤なうそ」…。目に見えるものから見えないものまで、色に関する表現はいろいろです。英語の場合はどんなときにどんな色を使うのでしょう。今回は、色に関する英語表現をデイビッド・セインさんに教えていただきます

デイビッド・セインさんが教える、ネイティブのような英語を話す発想法とは?

英語はそこそこできるけれど、日本語を訳しただけのこなれない英語を使ってしまいがち…。なんとかしたい?デイビッド・セインさんにネイティブらしい英語を話すコツを教えていただきましょう。

意見の不一致、口論にけんか…。ネイティブ流、ちょっと大人な問題解決、英語表現

デイビッド・セインさんの連載「知っ得英語辞典」の第2回は、「問題解決表現」集。けんかや口論をした友人や同僚と仲直りするときに使いたい、大人の英語表現を紹介します。

Gotcha! を使いこなせればあなたもネイティブ?デイビッド・セインの知っ得英語辞典

知っているつもりのあの表現には裏の意味があった?!英語学習書籍の著書を多数持つデイビッド・セインさんに、「これを知っていたらあなたもネイティブ!」的表現用法を教えていただく新連載、始まります。