GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英文学

I could have given you a lift down.の意味は?【北村紗衣:アガサ・クリスティーの英語を読み解く】

自称「不真面目な批評家」でシェイクスピア研究者の北村紗衣さんが、アガサ・クリスティーの有名な戯曲を題材に、気付きにくい仮定法の用法を解説します。

英語black sheep(厄介者)をもじったrainbow sheepってどんな意味?【北村紗衣︰映画】

自称「不真面目な批評家」でシェイクスピア研究者の北村紗衣さんが、映画『クレイジー・リッチ!』を題材に、日常的な英語表現を楽しく紹介します。

『パディントン』に登場する「クマ視点」の英語日常表現とは?【北村紗衣:連載】

自称「不真面目な批評家」でシェイクスピア研究者の北村紗衣さんが、児童文学「パディントン」を題材に、日常的な英語表現を楽しく紹介します。

TOEICやビジネス英語で「実用的な英語の運用能力」が獲得できない理由【北村紗衣:大学の英語教育②】

「大学の英語教育に文学は不要か?」を、シェイクスピア研究者で大学准教授、著書『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』が好評の北村紗衣さんが2回にわたって論じます。第2回は「大学の英語の授業で、なぜビジネスや資格試験ではなく文学や映画を使って学ぶの…

文学不要論者が知らない、シェイクスピアが「もうかる」理由【北村紗衣:大学の英語教育①】

「大学の英語教育に文学は不要か?」を、シェイクスピア研究者で大学准教授であり、著書『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』が好評の北村紗衣さんが2回にわたって論じます。第1回は「大学で英文学を学ぶのは無駄で役に立たないのか?」です。