GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

こんな悪魔なら大歓迎!?英語が話せるようになる禁断の法則4つ

悪魔英語

真面目に勉強しているのに、全然英語が話せない……。そんなとき、目の前に英会話を教えてくれる悪魔が現れたら、あなたならどうしますか?書籍『悪魔英語』を紹介します!

悪魔英語 喋れる人だけが知っている禁断の法則

悪魔英語 喋れる人だけが知っている禁断の法則

 

マンガだから楽しく読める!

表紙を見ればおわかりかもしれませんが、本書はマンガです。

主人公は、本についての豊富な知識と親切な接客で、「パーフェクト書店員」と称されるコウスケ。そんな彼にも弱点はあります。

英語が大の苦手で、お店に外国人のお客さんがやってくると、目を逸らして「ソーリー。アイ キャント スピーク イングリッシュ」というのが精いっぱいなのです。

そんなある日、勤務先で『Devil's English』という本を見つけた彼は、思わず購入。本に載っていた呪文を唱え、とんでもないものを召喚してしまいます。

どんなものかというと……、こんなのです。

f:id:n_urako:20180427110541j:plain

この悪魔が話すのは英語のみ。彼が、英会話ができるようなる「禁断の法則」をコウスケに教えてくれる……、というより、実践を通じて叩きこんでくれるというのが、このマンガのストーリーです。

コウスケが学んだ「禁断の法則」は4つ。少しだけのぞいてみましょう。

【法則1】ニュアンスを捨てる

「言いたいことのうち、8割は捨ててしまおう」というのがこの法則。

コウスケの部屋に住むようになった悪魔は、コウスケの留守に部屋をさんざん散かします。コウスケの胸にはいろいろな思いがこみ上げますが、それを全て英語にするのは無理。ぐっと詰まってしまいます。

しかし、ニュアンスを捨て、シンプルにこういうことで、悪魔に自分の気持ちを伝えることができたのでした。

This is my room ! Clean it up !

これは俺の部屋だ!片付けろ!

細かなニュアンスを捨て、「言いたいこと」に的を絞ればいいのです。

【法則2】直訳を捨てる

「たこ焼き」を英語で説明することになったコウスケ。直訳して、Takoyaki is fried Octopus !!(たこ焼きは揚げたタコだ !!)と言ってみますが、これでは上手く伝わりません。

悪魔からのアドバイスはこちら。

Bring the image to mind and describe it using simple words.

映像を思い浮かべ、それを簡単な言葉で表現すればいい

英語の勉強をしていると、つい「これは英語でなんて言うんだろう」と考えてしまいますが、映像を思い浮かべて簡単な単語を使って描写すれば、自分の意図を伝えることができるのです。

【法則3】抽象語を捨てる

ある日、コウスケは大阪支店の手伝いに行き、店長さんにとても感謝されます。しかし、「大阪支店の店長が、私の仕事ぶりをとても高く評価してくれた」を英語にしようとすると、なかなか大変ですね。

そんなときには、思い切って抽象的な言葉を捨ててしまいます!

My coworker said, “ I'm glad you came.” I was very happy !

仕事で「君が来てくれてよかった」と言ってもらえて、とてもうれしかったんです。

起こった出来事をそのまま描写するだけで、十分気持ちを伝えることができました。

【法則4】恥を捨てる

最後はこれ。法則1~3のおかげでかなり英語を話せるようになったものの、最後の壁にぶつかっていたコウスケは、ある外国人女性との出会いを通して気が付きます。

一番捨てるべきだったのは、恥をかくのが嫌で逃げ続けていた自分自身だったんだ…!! 

「人前で下手な英語を話すのは恥ずかしい」と思っている限り、英会話は上達しません。この法則は4番目に出てきましたが、実は一番大切かもしれませんね。

まとめ

人の評価にとらわれない

ブログやSNSなどで英語を披露すると、英語上級者から間違い指摘されたり、意地の悪いコメントを付けられたりすることがあります。親切心からかもしれませんが、これでへこんでしまったという方も多いのでは?

本書の監修者で、『なんでも英語で言えちゃう本』『ずるいえいご』など多数の著書がある青木ゆかさんは、次のように言っています。

「バカにする人」はいつだって、「自分も劣等感を持っている人」だということを忘れないでください。「恥ずかしい思いをしたくない」と頑張っている人が、他人をバカにすることで自分を守ろうとしている。そのカラクリに気がつけば、苦しんでいるのは相手であって、あなたではないということに気がつきます。

他人の評価を気にするのではなく、「自分の評価軸で生きよう。自分の人生を楽しもう」と青木さん。

コウスケが大きな壁を突破したように、私たちも本書を読んで英語を話す機会を増やしていきたいもの。

こうして考えてみると、コウスケのもとに現れたのは、悪魔ではなく天使だったのかもしれませんね!?

悪魔英語 喋れる人だけが知っている禁断の法則

悪魔英語 喋れる人だけが知っている禁断の法則

 

浦子

構成・文:浦子
GOTCHA!のエディター兼ライター。『悪魔英語』の悪魔のセリフは英語(和訳付き)。この本を読むだけでも勉強になります。