GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

GWにおすすめ!リスニングに最適、エアラインの安全ビデオ5選

エアラインの安全ビデオは英語のリスニングにぴったり

ゴールデンウィーク、真っ最中!国内組も、エアラインの安全ビデオを見て海外旅行気分を味わいませんか?「言っていること」は各社とも大体同じなのでリスニングしやすい上に、さまざまな特徴があって結構面白いのです!

①ヴァージン・アメリカ

「大事なことだろうけど、機内の安全ビデオってホントに退屈……」。そんな既成概念を覆したのはこの作品ではないでしょうか。

カリフォルニア州に拠点を置いていた格安航空会社ヴァージン・アメリカの機内安全ビデオです。再生回数はおよそ1,300万回!

ミュージックビデオ並みの歌とダンスで、観客(乗客?)の目をくぎ付けに。

再生時間は約5分で動画としては長いほうですが、あっという間に感じられませんでしたか?

ヴァージン・アメリカはアラスカ航空に買収され、2019年にはブランド名やロゴが使用されなくなることが決定していますが、このエンタメ精神は、ぜひ受け継いでいって欲しいですね。

②ニュージーランド航空

ヴァージン・アメリカはまるでミュージックビデオでしたが、こちらはあの大作をほうふつとさせる作品。

動画が始まると、映画『指輪物語』の世界にトリップします!

2分50秒あたりからの、壮大な戦闘シーンは圧巻!

それにしても、安全な旅をするコツは、人間の世界でもミドルアースでもあまり変わらないみたいですね。

③エールフランス

エールフランスは、もちろんフランスの航空会社。ヨーロッパでは最大、世界でも第4位という大規模なエアラインです。

そんなエールフランスの安全ビデオはこちら。英語とフランス語が使われています。これがまた、なんともおしゃれなんですよね。

開始後40秒当たり、こんな表現があったことに気づきましたか?

Whenever the seatbelt sign is on, your seatbelt must be securely fastened. It will elegantly highlight yourwaistline while ensuring your safety.

 

シートベルトのサインがオンのときは、シートベルトをしっかりと固定してください。安全を確保しながら、あなたのウエストラインをエレガントに強調します。

ウエストラインをエレガントに強調!こんなふうに言われたら、ひとつシートベルトを締めようかという気にもなろうというもの。このおしゃれな指示の出し方、さすがです。

⑤ブリティッシュ・エアウェイズ

ヨーロッパと言えばチェックしておきたいのがイギリスの航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズ。なぜかメイキング・ビデオ風で、さらにこちらはそのディレクターズカット版です。

背景に音楽が入らないビデオというのも珍しいかも。この静かで淡々とした雰囲気がイギリス風なんでしょうか。

それはさておき、イギリスの有名人が次々登場するので、知っている人が出てくるとうれしくなりますね。

こちらにはフルバージョンもありますが、ディレクターズカット版とあまり変わりがないような……。

⑤ターキッシュエアラインズ

こちらはトルコのターキッシュエアラインズ。ところどころに手品が入るびっくり映像です。

「次は何が起こるんだろう」と、つい集中して見てしまいますよね。

次々と手品を仕掛ける男性は、アメリカ人の映像作家ザック・キングさん。6秒動画のVineで有名になり、YouTubeの彼のチャンネルには250万人近い登録者がいるという人気者です。

この安全ビデオでも、思わず目が釘付けになる手品をいくつも披露しています。見逃したものがあるかもしれないので、繰り返し見てみてください。

まとめ

退屈になりがちな安全ビデオ。でも、こうして見比べてみると、各社とも乗客に見てもらうために工夫を凝らしているのが感じられますね。

今回紹介したもののほかにも、YouTubeで「エアライン名(英語) safety video」で検索してくると、さまざまなコンテンツが出てきます。リスニング練習もかねて、架空の「空の旅」をぜひお楽しみください!

浦子

構成・文:浦子
GOTCHA!のエディター兼ライター。旅に出たいー。旅に出たいー。旅に出たいー。