GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

『ロイヤル英文法』気持ちを伝える形容詞クイズ!

『ロイヤル英文法』発信力を磨こう! 気持ちを伝える形容詞クイズ!

『ロイヤル英文法』を読了したChipmunkさんが、英文法の復習クイズを出題します。5回目は「形容詞」。『ロイヤル英文法』マスターのChipmunkさんと一緒に、形容詞の使い方をクイズを通して身に付けてみませんか?自信を持って会話で使えるようになりますよ!

こんにちは! chipmunkです。今回は、形容詞の復習をします。さっそくですが、恥ずかしながら、私は辞書の一番目に書かれている程度の意味しか分かっていないんだと気づかされたのが、この「形容詞」の章を学んでいたときでした。ほとんどが見たことのある形容詞なのに、意味については発見の連続だったんですよ。本当に『ロイヤル英文法』を通読して良かったとしみじみ思いました。今回も最後までどうぞお付き合いを!

ロイヤル英文法―徹底例解

ロイヤル英文法―徹底例解

形容詞とは?

形容詞は、名詞の形や性質や状態などす語です。大きく分けると、名詞の前に置いてその名詞に情報を加える「限定用法」と、be動詞の後ろに置いて主語を説明する「叙述用法」の2つがあります。形容詞は、比較変化をしたり、veryで修飾されたります。「限定用法」と「叙述用法」について、もう少し詳しく見てみましょう。

限定用法(ほかの物と区別する用法)

限定用法は、名詞に直接つけて使い、他のものと区別をする役割をします。

)Whose is this blue jacket?(この青い上着は誰のものですか)

※「青い」は「上着」の特徴説明しています。変わらない永続的な意味を持っていて、ほかの物と区別する役割があります。

叙述用法(一時的な状態す用法)

叙述用法の形容詞は、「名詞+動詞」の後ろに置き、動詞の補語の働きをします。

)I am very tired after my long journey.(私は長旅の後で、とても疲れている)

※「疲れている」というのは、私の現在一時的な状態を示しています。

まったく異なる意味を持つ形容詞クイズ

動詞の現在分詞や過去分詞から転じた形容詞には、感情を表現する disturbing, distressed なども含めてたくさんありますが、accomplished について、その限定用法と叙述用法で意味が異なることが分かったときの衝撃は大きかったです。まずは、そこからクイズいきます!

クイズ 

この2つの英文にある accomplishedはどんな意味でしょう?

① He is a very accomplished person.(限定用法)


② She is accomplished in music.(叙述用法)

答え

①「教養のある」

He is a very accomplished person.

彼は実に教養のある人間だ。


②「(~に)堪能である」

She is accomplished in music.

彼女は音楽に堪能である

※「英辞郎 on the WEB」で accomplished を検索すると、形容詞の意味としては、以下表示されました。
【形】

1.成就した、完成した、完了した、出来上がった、成し遂げられた

2.熟達した、老練の、名人級の

3.教養[学識・才芸・嗜み]のある、上流社会の嗜みを身に付けた、洗練された◆【類】sophisticated

https://eow.alc.co.jp/search?q=accomplished

誰が「確信」したのか?certain と sure クイズ!

誰が「確信」したのか?certain と sure クイズ!

形容詞には、気持ちをす言葉が多いですよね。 ただし、誰の気持ちをしているか読み取るのはそう簡単ではありません。主語の気持ちとは限らないんですよ!では、そこから次のクイズいきます!

クイズ

この3つの英文にされた「確信」(きっと~だという気持ち)は、誰の確信でしょう?

① Betty is certain to join us.


② Jack is sure to make it.

 

③ Jack is sure of making it.

答え

① 話し手の気持ち。

 Betty is certain to join us. = I am certain that Betty will join us.

ベティはきっとわれわれの仲間入りをする。


② 話し手の気持ち。

Jack is sure to make it. = I am sure that Jack will make it.

ジャックは必ず成功する。

 

③ Jackの気持ち。

Jack is sure of making it. = Jack is sure that he will make it.

ジャックは成功すると確信している。

たいていは、③のように主語の気持ちをすことが多いのでしょうが、 たまに、①や②のようにフェイントかけてくる英文があるということです。油断禁物です!

主語ではなく、話し手の「きっと」「必ず」という気持ち、つまり、話し手の確信をす場合があるということは頭の隅に置いておかねばなりません。ここを読んだとき、私は「誤読・誤訳の落とし穴を発見できた!」と喜びました。

「怖いからしない」?「こわごわだけどした」?afraidの用法クイズ 

「~したいがこわくてできなかった」afraidの用法クイズ

クイズ 

~したいが怖くてできなかった」という意味の英文は次のうちどれでしょう?

① My little sister was afraid to stroke the dog.

 

② My little sister was afraid of stroking the dog.

答え

① My little sister was afraid to stroke the dog.

私の妹は怖くて犬をなでられなかった

つまり、「本当はなでてみたかったのに」なでられなかった。だから、なでていないんです。こわごわなでたってことじゃないんですね。

①は「~したいのに」怖くてできなかったのに対し、②は「~したいのに」という気持ちがありません。「~しそうで怖い」という意味になります。

 

こんな文もありましたので、①と②の違いを理解するうえで参考にしましょう!

He never climbed trees because he was afraid of falling. 

彼は落ちるのではないかと心配決して木に登らなかった。

もちろん、「落ちてみたい」なんて思わないですよね。「~するのではないかと恐れる」という不測の事態が起こることを恐れる場合の用法なんだそうです。 

 I am afraid of walking alone in the dark.= I am afraid to walk in the dark.

私は怖くて暗闇を一人歩きできない。

⇒これは、両方の用法がOK。walk のように、自分の意志で左右できる動詞の場合は、「~したいが、怖くてできない」という意味と、不測の事態が起こることを恐れる場合の両方を意味するとのこと。

確かにfall は自分の意志でするものじゃないですね!そして、ついでに make mistakes も不可抗力です。間違いをおかそうとして間違うわけではなく、間違ってしまうかもしれないけど恐れない、という意味だから、Don’t be afraid of making mistakes! なんですね。

形容詞 ill を使ったことわざクイズ

カッコの中に適切な単語を入れましょう。

Ill(  ) runs apace.

悪事千里を走る。

答え

Ill news runs apace.

悪事千里を走る。 

これは、illの限定用法ですね。He is ill in bed.「彼は病気で寝ている」という文では、illは叙述用法の「病気で」という意味になります。 「悪事千里を走る」ということわざは、Bad news travels quickly. という言い方もあります。

最後に

『ロイヤル英文法』からの復習クイズは、今回で終わりです。お楽しみいただけたでしょうか? 文をもっとたくさん挙げたかったのですが、あまりにも良いのが多過ぎてキリがありませんでした。

でも、辞書を走り読みしても分からない(または、印象に残らない)形容詞の持つさまざまな意味が少しつかめたような気がします。このように皆さんと一緒に復習できるチャンスをいただけて幸運でした。ありがとうございました!

最後にひとこと。文法学習で私がいつもやっていることを書きます。くじけたときの、おまじない代わりに、良かったら心に留めておいてください。「ルールを覚えられそうにないときは、とりあえず音読して次へく」ということです。はい、一度に分からなくてもダイジョウブってことです。では皆さん、お元気で!

こちらもおすすめ

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

chipmunk

文:chipmunk
自宅の英語教室で25年ほど教えた経験を持ち、最近では出版翻訳の仕事として3冊訳すなど翻訳者としても活動中。最近はもっぱら翻訳の勉強をメインに精進中。洋書も和書も、ジャンルを問わず(面白ければ)なんでも読みます。英検1級、TOEIC915。

編集:honeybun