GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語で言える? プレゼンに出てくるグラフや図の説明

英語で言える? プレゼンに出てくるグラフや図の説明

英語でのプレゼンテーションを控えている人必見!英語圏の人に伝わりやすいプレゼンの流れや相手に伝わる話し方のコツ、英語表現などを、英語プレゼンの達人・愛場吉子先生がわかりやすく指導します!

皆さんこんにちは!ビジネス英語研修Q-Leapの講師、愛場吉子です。前回の「プレゼンで必須! 言えそうで言えない数字や金額の英語表現」は、たくさんの方々から「役に立った!」とうれしい感想をいただきました。ありがとうございました!

さて今回も、プレゼンで非常に多く出てくる大事な表現をお伝えしていきますよ! グラフや、図などを使った英語での説明方法をご紹介します。

グラフや図の英語名称

まずは、各グラフや英語での呼び方を確認いたしましょう!

棒グラフ

棒グラフの英語名称

棒グラフは bar graph と言います。barは「棒」のことです。

円グラフ

円グラフの英語名称

円グラフはパイのように丸い形をしていることから pie chart と言います。

折れ線グラフ

折れ線グラフの英語名称

折れ線グラフは line graphline chart と言います。lineは線をします

写真

写真の英語名称

写真は picture と言います。これは簡単ですね。

表の英語名称

table と言います。list や chart と呼ばれることもあります。

図形

図形の英語名称

図形は diagramfigure と言います。あまり聞きなれない言葉かもしれませんね。

縦軸と横軸について述べる表現

棒グラフや折れ線グラフでよく出てくる縦軸と横軸の説明です。縦軸は vertical line、横軸は horizontal line と言います。

The vertical line shows the number of participants and the horizontal one shows the locations.

縦軸は参加人数をし、横軸は場所をしています。

図やグラフに注目してもらう表現

「~をご覧ください」と言いたければ、Please look at あるいは、Please take a look at  を前につけます。

Please look at this line graph.

この折れ線グラフを見てください。

Please take a look at this pie chart.

この円グラフをご覧ください。

図やグラフが何を説明しているかを伝える表現

的な3つの表現方法をご紹介します。ご自身の言いやすいものを使ってくださいね。

1.図形の名称を主語にするタイプ

円グラフを主語にして英語で説明

The pie chart on the right shows the market share.

右にある円グラフは、市場占有率をしています。

「図の名称」+「位置」+「動詞」+「名詞句、名詞節」の形です。

図表の名称を主語にして英語で説明

The pie chart / on the right / shows / the market share.

その円グラフ/右にある/が示すのは/市場占有率です

2.if 節を使うタイプ

If you look at this pie chart, you’ll see (that) company A holds 58 % of the market.

この円グラフを見ていただくとお分かりになるのは、A社が市場の58%を占めているということです。

If you look at ~, you’ll see ….で「~を見ていただくとお分かりになるのは...です」となります。

3.As you can see from ~を使うタイプ

As you can see from this picture, most of the attendees are business people.

この写真を見てお分かりになるとおり、ほとんど参加者がビジネスパーソンです。

As you can see from~で「~でご覧のとおり」という意味をします。

復習問題にチャレンジ

それでは最後に、ご紹介した3つの表現タイプを使って、下記のグラフを説明してみましょう。

  1. 図形の名称を主語に
  2. if 節で
  3. As you can see from...

伝えたいのは「自社の収益が2014年から順調に伸びている」ということです。

自社の収益について英語で説明

1.図形の名称を主語に

The bar graph (on the screen) shows our revenue has been increasing steadily since 2014.

この棒グラフは、わが社の収益が2014年以降着実に増加していることを示しています。

2.if節で

If you look at the bar graph, you can see that our revenue has been increasing steadily since 2014.

この棒グラフを見ていただくとお分かりになるのは、わが社の収益が2014年以降着実に増加していることです。

3.As you can see from...

As you can see from the bar graph, our revenue has been increasing steadily since 2014.

この棒グラフを見てお分かりになるとおり、わが社の収益は2014年以降着実に増加しています。

グラフや説明する英語表現いかがでしたか? 皆さんがお持ちの・グラフ・図形などを使ってうまく説明できるか試してみてください。Practice makes perfect!

さあ、次回はいよいよ最終回です。「意外と知らない英語の丁寧語」をお届けします。どうぞお楽しみに! See you next time!

 

さらに詳しく学びたい方におすすめの書籍
CD付 英語のプレゼン 直前5日間の技術 (しごとのミニマム英語)

CD付 英語のプレゼン 直前5日間の技術 (しごとのミニマム英語)

 
こちらの記事もおすすめ 

愛場先生

愛場 吉子(あいば よしこ)
Q-Leap 株式会社代取締役副社長。中央大学ビジネススクール講師。筑波大学(国際関係学)卒、コロンビア大学大学院にて修士号(英語教授法)取得。アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Kleinニューヨーク本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。2014年に帰国後、大手IT、コンサルティング、メーカーなどビジネス英語指導に従事。著書に『英語のプレゼン直前5日間の技術』『相手を必ず味方につける英会話のロジック』(共にアルク)、『英語でプレゼン・スピーチ15の法則』(三修社)他。

構成・編集:Natsue Tanaka