GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

音読で英語脳を作る!同時通訳者が教えるスピーキング練習法2つ

音読でスピーキング力を磨くf:id:n_urako:20180305152615j:plain

英語を話しているとき、ネイティブ・スピーカーや同時通訳者の頭の中はどうなっているのでしょう?また、その状態に近づく方法はあるのでしょうか?同時通訳者で、英語指導の経験も豊富な横山カズさんに聞きました。

同時通訳者が英語を話すとき、脳の中はどうなっている?

洋画や英語ニュースなど、ネイティブ・スピーカーがすごいスピードで英語を話すの見ると圧倒されますね。長い英文を、どうしてあんなに早く話せるのでしょうか。それにはわけがあります。

前回もお話ししましたが、英文の構造は、突き詰めれば次の2種類のうちいずれかです。

・A is B (AはBである)

・A does B (AがBをする)

ですが、文によってはこの A や B に当たる部分がとても長くなり、語順も日本語とは異なるため、なかなか言うことができないし、聞き取ることもできないのです。

また、相手の発言を何とか理解しようとしていわゆる「返り読み」をしていると、集中力と時間を使い切ってしまい、話す余裕がなくなってしまいます。そしてこの問題は、いくら語彙を増やしても解決しません。

では、よどみなく話すネイティブ・スピーカーや同時通訳者はどうやっているのでしょうか。ネイティブや同時通訳者は、どんなに長くても名詞節は1語として処理しています

例えば次のような英文の場合、太字の部分をまとめて1語として認識しています。

I do understand what my teacher was talking about.

先生が言っていることはもちろん理解できる。

 

I may not have what it takes to be an English interpreter.

私には通訳者になる才能はないのかもしれない

文の構造は「A does B」ですから、ネイティブ・スピーカーや同時通訳者には次のように聞こえているわけです。

I do undesutand B.

Bはもちろん理解できる。

 

I may not have B.

私はBがないのかもしれない

このように、what 以下、数語分の内容を解読する代わりに、1語だけを聞いている感覚です。自分が話すときでも同じ。これならパッと聞き取れるし、言うこともできると思いませんか。

そしてこの感覚は、音読練習することによって期間で手に入ります。流ちょうなスピーキングを手に入れる最も効果的な方法ですし、リスニング力も上がります。

また、私自身が国内独学で同時通訳者になったように、「超」現実的な方法でもあるのです。

早速やってみて、英語を自動的に理解する回路をインストールしてください!

【ポイント1】what とhowで始まる節を1語として認識する

全ての物事を、「A is B」または「A does B」で言いす。その感覚をつかむには、やはり声に出して英文を音読することです。最初は、what とhow で始まる文でやってみると、感覚をつかみやすいでしょう。

①名詞節だけを音読する

ではさっそく、次のフレーズをそれぞれ30回音読してみましょう。大文字になっている先頭の what や how は強く読んでください。

これらは実際に強く発音されることが多いので、自分が音読するときにもそうしておくと、リスニングで役立ちます。また、修飾される部分(名詞=この場合は what や how)が日本語とは逆に先頭に来ることを意識するのにも有効です。つまり前回説明した「後置修飾」に体で慣れる手助けになります。

彼の言ってること

WHAT he's talking about

やるべき事こと

WHAT I should do

自分ができること

WHAT I can do

できないこと

WHAT I can't do

どれだけ真剣になれるか

HOW serious I can be

それぞれ1、2秒で読めると思いますので、1分間に30回以上読めるようになるまで練習してみてください。

②名詞節を含む文を音読する

次に、これらの節を含んだ長い文を音読しましょう。1文目の大文字で書かれたDO は強く読んでください。「確かに理解している」と強調したい部分なので、強く長く大げさに読むのが原則です。

 

I DO understand what he’s talking about.

Now, I need to know what I should do to break into fluency.

I need to know what I can do and what I can’t do, and I need to be able to do what I can’t do.

I know I have what it takes.

It just depends on how serious I can be.

 

彼の言ってることは分かる。

英語を滑らかに話すために今やるべきことをはっきりさせておかないといけないな。

まずは自分ができることできないことを見極めて、できないことをできるようにしていこう。
自分にはそれをやるだけの才能が備わってる.

要するにどれだけ真剣になれるかにかかってる。

最終的には、この文章全体を12~14秒くらいで音読できるようになるまで練習しましょう。そこまでやると、what he's talking about や what I should do などの節が、1語のように感じられてくるはずです。

【ポイント2】無生物主語を使いこなす

英語らしい表現方法の1つに「無生物主語」があります。無生物主語を使いこなせるようになると、be 動詞の使い方をあれこれ考えたり、無理に受動態をひねり出したりする必要がなくなります。そのため、一気に英語を話しやすくなるので、ぜひ音読で身に付けてください。

ここでおすすめしたいのは、無生物主語を使って愚痴を言うこと。怒りや悲しみといったネガティブな気持ちは強烈なので、それを味わいながら音読すると、強烈に記憶に残るんです。

次の文で太字にしたのが、無生物主語に当たる部分です。

ここでは、速さも大事なんですが、感情をこめて読むことにフォーカスしましょう。読みながら過去の自分を思い出したり、文の内容から浮かび上がるイメージをつかんだりすることを優先させます。

My English doesn't come out naturally,

but the situation doesn't allow me to work on it.

My job keeps me away from English and my family.

However, I'd better not wait for things to spin out of control because
 time flies much faster than I think.

 

英語、もっと流ちょうに話したいけど今の環境じゃどうにもならないよ。

仕事に時間取られて英語もできないし、家族といる時間さえないし。

だからといって、いろいろ手に負えなくなるまで放置するわけにもいかない、

だって時間はこうしている間にどんどんたってしまうからね。

慣れるまでは、無生物主語を使うことに何となく違和感があるかもしれません。その違和感こそが日本語英語の発想の違いです。

意識的に無生物主語を使うようにしていると、だんだん英語が自由に、楽に使えるようになってきます。英語日記や、英語でSNSをやっている人なら、「1日1回は必ず無生物主語を使うようにする」というようにルールを決めて、習慣にするのもいいですね。 

まとめ

スピーキングは毎日練習しよう

今回は、音読を通して「A is B.」「A does B.」という英語のセンスを体得する方法、無生物主語の使い方を身に付ける方法紹介しました。ぜひ、実際に声に出して音読し、効果を実感してください。

次回は、パッと英語が口から出てくるようにするための「瞬発力を身に付ける極意」と紹介します。お楽しみに!

こちらもおすすめ!

横山カズさんの本
CD-ROM付 最強の英語独習メソッド パワー音読入門

CD-ROM付 最強の英語独習メソッド パワー音読入門

 
世界に通じるマナーとコミュニケーション――つながる心,英語は翼 (岩波ジュニア新書)

世界に通じるマナーとコミュニケーション――つながる心,英語は翼 (岩波ジュニア新書)

 
英語に好かれるとっておきの方法――4技能を身につける (岩波ジュニア新書)

英語に好かれるとっておきの方法――4技能を身につける (岩波ジュニア新書)

 

"スピーキング"のための音読総演習 (即戦Navi)

 

横山カズ

文:横山カズ @KAZ_TheNatural

関西外国語大学・外国語学部スペイン語学科卒。発音検定EPT最高ランク(指導者レベル)、ICEE(国際英語コミュニケーション検定)2012年優勝、英検1級。同時通訳者(JAL)、翻訳家、英語講師。高田学苑英語科特別顧問。エスコラピオス学園 海星中・高等学校英語科特別顧問。学びエイド、リクルート・スタディサプリENGLISH講師。英語を日本国内で独学し、航空・IT・医療・環境・機械・国際関係・文学など多分野で同時通訳者として活躍中。JAL(日本航空)グループ、楽天株式会社では英語向上と社内公用語化に貢献。「英語4技能」・英語スピーキングのエキスパートとして日本全国で授業と講演をっている。著書多数。ジパングマネジメント株式会社・文化人枠所属

編集:川浦奈遠子