GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

つわり、陣痛など、妊娠・出産にまつわる英語

妊娠・出産にまつわる英語

北九州市立大学で教員として働くアメリカ人のアンちゃんが、病院で使える英語紹介するコラム。第四回は「妊娠」にまつわるお話です。日本とアメリカの妊娠、出産に対する考え方の違いや、クリニックで使える英語フレーズを教えていただきます。

病院で使える英語を学ぼう

私が日本に来てから、17年が経ちました。

私は日本語がペラペラですが、たくさん病気をし、子どもも日本で産んだので医療用語にはとても詳しいと思います。病気を患っている間はとても辛かったですが、その経験がみんなの役に立つならうれしいです。

病院で役に立つ英語の医療用語をみなさんに教えたいと思います。さ、始めましょう!

日本とアメリカでの妊娠や出産制度の違い

私は、日本の産婦人科クリニックで赤ちゃんを3人を産みました。だから、日本でのお産についてはよく知っています。

逆にアメリカでは赤ちゃんを産んだことがないけん、いろいろな友達からアメリカでの妊娠とお産に関して聞いてみたら、日本との違いが半端ないことに気づきました。その違いについて書かせてね。

まず、妊婦健診での超音波の回数が全然違います。

アメリカでは、リスクがあまりない妊娠なら、赤ちゃんの成長を確認するための超音波の回数は10カ月間で1、2回しかしないです。 それ以上は、保険が適用にならないことが多いからです。成長の確認をする機会が少ないから、パパが有給を取って妊婦健診に付き添う、ということもよくあるんですよ。

日本では、妊婦検診が毎月2~4回ほどあり赤ちゃんを見る機会がたくさんあるから、ほとんどのママは超音波の専門家になるバイ。

次に、産み方。

日本では、「できるだけ自然に産むこと」を大事にしている傾向がありますね。お産は実際「鼻からスイカ」以上に痛かったです!でもその痛みを乗り越えられたら、「よしっ!お母さんになったバイ!」みたいな感じですね。

アメリカでは、「赤ちゃんが無事に産まれること」をゴールにしています。だから、無痛分娩や帝王切開も普通にしますし、約7割のお産は無痛分娩です。また、アメリカでは無痛分娩が保険でカバーされていますが、日本では健康保険の適用なのでプラス料金がかかります。

産婦人科関連の頻出英語フレーズ

妊娠の症状に関する英語フレーズを紹介します。

I’m having terrible morning sickness.
つわりがひどい。

I feel sick when my stomach is empty.
私は食べづわりだから、食べないと気持ち悪くなる。

「食べづわり」のようなひとつで言いせる英単語はありません。

I am going to measure the size of the baby.
赤ちゃんのサイズを測ります。

I am on bed rest.
ベッドで安静にしている。

I am having contractions.
陣痛がきています。

How far are they apart?
(陣痛は)何分間隔ですか。

I'm having contractions ten minutes apart.
10分間隔です。

My water just broke.
さっき破水しました。

I want an epidural.
無痛分娩にしてください。

Don’t push!
いきまないでください!

You need to have a C-section because they baby is in distress.
赤ちゃんが危ないので、帝王切開しなければならない。

I want to sleep in the same room as my baby.
今夜、赤ちゃんと同室にしたい。

You should put your baby to sleep on his back.
赤ちゃんを仰向けで寝かせたほうがいい。

I’m producing a lot of milk.
母乳がよく出る。

 

ちなみに、アメリカでは妊娠中に12~16キロ太っても問題ないと病院で言われます。でも、それ以上増える人が多いです。

日本は、増えて10キロくらいまでで、体重増加にバリ厳しい!私が出産した病院はそうでもなかったけど、もっと厳しい病院もたくさんあるらしいですね。

産婦人科関連の頻出英単語集

妊娠に関連する英単語もチェックしてみましょう。

  • 妊娠:pregnancy
  • 出産:childbirth
  • つわり:morning sickness
  • 陣痛:contractions
  • 未熟児:premature baby
  • 新生児:newborn baby
  • 自然分娩:natural childbirth
  • 無痛分娩:epidural (block)
  • 授乳:nursing / breastfeeding
  • 母乳:breast milk
  • 粉ミルク:formula
  • 超音波:ultrasound examination / inspection
  • むくみ:swelling
  • 妊娠前期:first trimester
  • 妊娠中期:second trimester
  • 妊娠後期:third trimester
  • 子宮:womb/uterus
  • 出血:bleeding
  • 生理:menstrual cycle/period
  • 流産:miscarriage
  • 死産:stillbirth
  • 産婦人科医:obstetrician
  • 助産師:midwife
  • 子宮ガン検診:pap smear
  • 不妊治療:fertility treatment
  • 妊娠中毒症:preeclampsia

日本とアメリカの産後の過ごし方

日本では大体、産後4~6日間入院します。その間に、授乳などの悩み相談もできます。

アメリカでは翌日退院が多く、すぐ日常生活に戻ります。特に、上の子がいればその子の面倒や習い事で忙しくなります。母が手伝いに来てくれることはあるけど、日本みたいに、産後しばらく自分の実家にお世話になる、ということはあまりありません。

それは、夫と生まれたばかりの赤ちゃんとの時間を楽しみたいことや、すぐに仕事に復帰する人も多いから、長期間休むことが難しいです。

日本人は、母体をすごくいたわります。まだまだ体力がないから、しばらくは実家に帰って親の手を借りつつ安静にし、赤ちゃんに100%集中します。

私は1人目のときは、産休を6カ月取ったけど、下の2人は6週間くらいでした。私の母は、3日しか取っていません。弟を金曜に産んで火曜日に復帰しました(笑)。すごくない?

 

文化の違いは面白いやろう?

日本では、産休と育休を併せて一年間以上取る権利があります。けれど、アメリカでは、12週しか取る権利がありません。だから、長く休みたくても、休めないケースは多いと思います。

日本の出産制度は素晴らしいと思う。安心して妊婦生活を過ごし、安心してお産もできます。

でも正直に言うと、無痛分娩という選択肢があることを、もっと妊婦さんに知らせた方が良いと思います。

なぜなら、私が入院しているときに「陣痛が痛すぎて、トラウマになった」というお母さんに会ったから。そういう人は、無痛分娩を考えた方がよかろう?

 

アンちゃんの他の連載はこちら

日本では当たり前に使っているけど英語ではない、面白い和製英語について紹介するコラムです。

gotcha.alc.co.jp

アンちゃんの本

医療用語に興味がありすぎて、外国人が日本で暮らすときに役に立つ本を出しちゃいました!

アン・クレシーニ

文:アン・クレシーニ Facebook
アメリカ生まれ。福岡県宗像市に住み、北九州市立大学で和製英語と外来語について研究している。自身で発見した日本の面白いことを、博多弁と英語で綴る「アンちゃんから見るニッポン」も更新中!

編集:末次志帆