GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

アメリカ人は「コンビニ」は使わない?ネイティブに聞いてみた

コンビニスイーツと言えばドーナツ!

せっかく英語を学ぶなら、ネイティブ・スピーカーがよく使う自然なフレーズを身につけたいものです。書籍『その英語、ちょっとカタすぎます!』から、日本人が知らないネイティブならではの英語表現紹介します。どんどん覚えて使ってみてくださいね!

CD付 その英語、ちょっとカタすぎます!    ー日本人が知らないネイティヴの英語表現

CD付 その英語、ちょっとカタすぎます! ー日本人が知らないネイティヴの英語表現

  • 作者: キャサリン・A・クラフト,【編訳者】里中哲彦
  • 出版社/メーカー: ディーエイチシー
  • 発売日: 2017/09/08
  • メディア:本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

アメリカ人は「コンビニ」とは言わない

お腹が空いたとき、ちょっと飲み物が欲しいとき。また、急に雨が降ってきて傘が必要なときなど、近くにコンビニがあると便利ですね。特に最近は、コンビニスイーツがどんどん充実してきているので目が離せません。

ちなみにコンビニは、covenience store の略称。では、「そのドーナツ、どこで買ったの?」と聞かれたとき、アメリカ人はどう答えるのでしょう?

I bought it the convenience store.(コンビニで買いました。)でしょうか? これは文法的には間違っていないのですが、アメリカ人は実際にはこんな言い方はしないそうです。

それどころか、department store(デパート)や home improvment store(ホームセンター)といった言葉も使わないのだとか。

「これ、コンビニで買ったの」と言いたいとき、アメリカ人はコンビニという業態名ではなくお店の名前を使うのです。

I bought it at Lawson.

ローソンで買ったのよ。

Pick up some beer at FamilyMart?

ファミマでビール買ってきて。

デパートやホームセンター、レストランなども同じ。店の名前で呼ぶのだそうです。面白いですね!

「お店の名前」で読んでみよう!

では、どんな会話になるのか見てみましょう。

 foreign manWhere did you get that umbrella?

(その傘、どこで買ったの?)

foreign womanI bought it at 7-Eleven.
(セブンイレブンで買ったのよ。)

 

ローソンでも、ファミマでもなく、セブンイレブンで。nanacoカードを持っている人なんでしょうか。

 

 foreign manLet's stop at Starbucks.

(スターバックスで休んでいこうよ。)

foreign womanWe don't have time . We have to stop at Book 1st.
(時間がないわ。ブックファーストに寄らなくちゃいけないから。)

 

なんだかコマーシャルみたいな会話に……。でも、思えば店名を知っているのに「コンビニ」「スーパー」「本屋」と業種や店舗形式で呼ぶのも 不思議なもの。

また最近は、「ローソンのウチカフェスイーツは毎週チェックする」「セブンイレブンのショコラドーナツにハマった」というふうに、「あのお店のこれ!」というこだわりを持つ方も増えていると思います。日本でも、お店の名前で呼ぶようになる日も近いのかも。

ともあれ、「アメリカ人と会話するときには、具体的なお店の名前を言う」と覚えておきましょう。そしてどんどん使ってみてくださいね!

CD付 その英語、ちょっとカタすぎます!    ー日本人が知らないネイティヴの英語表現

CD付 その英語、ちょっとカタすぎます! ー日本人が知らないネイティヴの英語表現

  • 作者: キャサリン・A・クラフト,【編訳者】里中哲彦
  • 出版社/メーカー: ディーエイチシー
  • 発売日: 2017/09/08
  • メディア:本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
こちらもおすすめ

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。