GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

結果にコミット!「ライザップ式」英語の効果とは?

結果にコミットする英語学習

ぽっちゃりさんが別人のように生まれ変わるコマーシャルで話題になったトレーニングジム「ライザップ」。あのライザップが英語スクールも始めたと聞いて気になった方も多いのでは?このたび、ライザップ式の英語トレーニングを自宅で体験できる本が出ました。これなら、スクールが遠くて通えない方でも試すことができますね。早速読んでみましょう!

ライザップ式「超反復」英語トレーニング (プレジデントムック)

ライザップ式「超反復」英語トレーニング (プレジデントムック)

 

徹底した反復練習で、英語脳を鍛える

「筋肉と同じように、脳も反復すればするほど鍛えられる」というのが、ライザップ式英語トレーニングの考え方。やさしい構文を、大量に音読・暗唱することで、英語脳を鍛えるのです。それも、スピーディーかつ徹底的に繰り返すのです。

本書では、ライザップ式「発話トレーニング」のルールとして次の3つを上げています。

  1. 中学レベルの単語・構文を使って繰り返し暗唱する
  2. 身体になじませ、口に記憶させて発話する感覚を身につける
  3. 毎日2~3時間の勉強時間を確保する

こうして見ると、3が一番大変な感じがしますね。

本書では学習スケジュールの立て方も解説しています。まとめて2時間、3時間を確保しようとすると社会人にはとても無理ですが、次のように考えると意外と時間はあると思いませんか。

  • 通勤時の電車の待ち時間(5分)
  • 通勤時の電車内(20分)
  • 店で料理が出てくるまで(5分)
  • ランチ後の休憩時間(10分)
  • 帰宅時の電車内(20分)

 

合計すれば、これでもう1時間です。通勤時間はもっと長い人もいるしょう。「これならできそう」という気がしてきますね。 

2カ月で10周!英語の構文を音読・暗唱

本書には反復トレーニングに使う文が、16ユニット、計391文も掲載されています。この構文を、繰り返し音読・暗唱して覚えてしまうのです。

文そのものは簡単。こんな感じです。

This is my colleague, Sara.

(こちらは)私の同僚、サラです。

These cabinets are for this department.

これらのキャビネットはこの部門用です。

What is this?

これは何ですか?

 

This is the floor plan for the new branch.

これは新しい支店の間取り(フロアプラン)です。

colleague同僚)、department(部門)、branch(支店)など、ビジネス用語がいくつか含まれているものの、文法は中学レベル。日本語訳も付いているので、意味がわからないということはなさそうですね。

2カ月間で、この16ユニット、391文を、最低10周繰り返します。

ダウンロードして使えるお手本の音声が付録としてついていますが、発音を気にするのは5周目くらいからでいいそう。まずは英文が体になじみ、スッと口から出てくる状態を目指します。

トレーニング後はテストに挑戦

10周の反復トレーニングを終えたら、「ファイナルチェックテスト」に挑戦。課題として出題された日本文を、英語で言ってみます。出題されるのはこんな文章です。

休憩室で会いましょう。

3階の大きな部屋です。

私は普段そこで食事をします。

午後1時に会いましょう。

私の本を持って来てください。

机の上の青い本が私のものです。

ちょっと長い気もしますが、反復トレーニングで覚えた構文を使えば、きちんと英語で言うことができます。

Meet me at the break room.

It's the big room on the 3rd floor.

I useually eat there.

Let's meet at 1 pm.

Please bring my book.

The blue one on the desk is mine.

これだけの長さの英文を言えれば、「英語を話せた!」という達成感が得られそう。また、実際の会話でも「通じた!」という経験をする方も出てくるのでは?

何度も繰り返すことで、脳が勘違いする!?

何度も繰り返すことで脳に記憶させる

「年を取って物覚えが悪くなってきた」「繰り返し音読しても覚えられない気がする」という方は、本書に掲載されている脳科学者・池谷裕二先生のコラムに注目してください。

脳に覚えさせるには「繰り返し」が大切

なんと脳は、覚えることより「覚えないこと」のほうが得意なんだとか。脳には毎日たくさんの情報が入ってくるので、必要な情報と必要でない情報を仕分け、必要分類された情報のみが記憶されるのです。

脳に「この情報は必要だ」と思ってもらうには、何度も繰り返し反復するしかありません。何度も繰り返すことで、脳が「これは大切なことなんだな」と勘違いするそう。

そういえば、通勤ルートやその途中で見かける看板、よく会う人などは、知らぬ間に覚えてしまいますね。毎日繰り返すことによって、脳が「これは大切な情報だ」と錯覚しているわけです。

復習は1カ月以内に

脳に入ってきた情報を整理するのは「海馬」という部分。この部分では、1カ月かけて情報を「必要」か「不要」かに分類しているそう。そのため海馬に「これは必要な情報だ」と思わせるには、最初の学習から1カ月以内に復習したほうがいいのです。

本書では、最短2カ月で10回の反復トレーニングを行うことを勧めていますが、これも脳の働きにかなっているんですね。

まとめ

英語を話せるようになりたい!」という気持ちは本物でも、とにかく始めないことには何も変わりません。教材やスクール選びに迷っているうちに、あっという間に1カ月や2カ月は過ぎてしまいます。

まずは2カ月頑張り抜くと決めて、本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。 

ライザップ式「超反復」英語トレーニング (プレジデントムック)

ライザップ式「超反復」英語トレーニング (プレジデントムック)

 
こちらもおすすめ!

浦子

構成・文:浦子
GOTCHA!のエディター兼ライター。ライザップは英会話もダイエットも気になります。