GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

目標・計画・振り返りの3ステップでTOEIC 500点を突破する

PR 株式会社アルク

TOEIC(R) L&R 500点突破を目指す人がすべきこと

今年こそはTOEIC目標スコアをクリアする!年が明けてそんな誓いを立てた方も多いのでは? 目標設定することはもちろん重要ですが、そこにたどり着くまでの道筋を考え実施していくことはさらに重要です。大学生やビジネスマンを対象TOEICスコアアップなどの指導をっている冨田三穂さんに、「すべきこと」を教えていただきます。

受験までの学習計画を立てる

計画は成功への第一歩

望む成果を遂げることができる人が共通して持っているもの。それは、目標を立て、逆算した計画を作るという習慣。成功する人は計画を立てています。もしもこれまでそのような習慣がなかったのであれば、今年こそぜひ始めてみてください。

  ステップ1:目標を立てる
  ステップ2:目標達成のために必要な逆算計画を立てる
  ステップ3:定期的に振り返り作業をする(必要に応じて適宜修正を加える)

2018年の新しい手帳に目標と計画を書き込んでしまいましょう

3カ月後の自分の姿を想像しながら、目標をじっくり考え目標達成のための計画を立てます。三日坊主になってしまう人は、たいていこのステップ1、またはステップ2が具体的に練られていません。

計画は「無理のない範囲で」が鉄則

勢いよくスタートして途中で嫌になってやめてしまうのは、無謀な計画が原因のことが多いですね。計画はあくまで実行可能であることが大切です。

実行できない人の共通点:実行項目がクリアでない

毎日やるべきことを明確にしておきましょう。実行項目はできる限り具体的に挙すること。例えば、どの教材の何ページから何ページまで、語彙はどこからどこまで、いつ、どのタイミングで、どれだけの時間を使うか、というように。

遅れをとってしまった場合のことも考慮して、バッファーも入れておいてくださいね。

定期的な「振り返り」を忘れずに

計画を実行していく中で思ったように進むことができないこともありますよね。だからと言って落ち込む必要はありません。

計画通りにかなければ、修正訂正をすればよいだけのことです。大切なのは、実行をすること。必ず定期的に振り返って、計画と実績とのギャップを正確に把握しながら進具合をコントロールしていきましょう。

英語学習はいわば「航海」。目的地が漠然としたままでは出発できませんし、ルートがしっかりと示された航海図がなければ迷ってしまいます。途中、悪天候に遭遇するかもしれません。

でも、たとえ厳しい「航海」であっても、目的地がはっきりと設定され、自分が今いる地点をしっかりと把握できていれば、必ず最終目的地にゴールできます。

ゆっくりでも大丈夫です。着実に、堅実に計画に沿って進んでください。今年こそは目標をしっかり達成させましょう。

500点突破のために、何を身に付けるべきか

500点突破に必要な力は何と言っても基礎力です。

500点突破に必要な力は何と言っても基礎力です。

基礎がしっかりしていなければ、その先は決して伸びません。ビジネスシーンでいざ英語を使うチャンスがあっても、結局単語を並べて終わり・・・という状態からいつまでたっても脱することができません。

盤石な基礎力をしっかり身に付けることが、何と言ってもこの段階では先決です。

基礎力は大事だとわかっていても、どうすればいいのかわからない・・・。多くの方に共通する悩みです。

例えば、マラソンを始めたとしましょう。目標はフルマラソン。でも、マラソン選手の映像を毎日見続けたからといって、走れるようになるわけではありません。「はじめてのマラソン」などという教本を読めば達成できるというわけでもありません。

まずは、体調管理を徹底し、腹筋や背筋を鍛えて毎日走り込みをする。このような日々の基礎練習こそが、フルマラソン完走への確かな道なのです。

英語学習も同じです。

見ているだけ、聞いているだけでは上達しません。能動的に、一歩踏み出しましょう。例えば、基礎となる単語を覚えたり、文法事項を確認したり、音読をしたり。日々の基礎練習の積み重ねがその先の成果となっていくのです。英語学習に王道なし。地道に基礎練習を重ねることが、実は一番の近道なのです。

「500点コース」で学んでみよう

「500点コース」で学んでみよう

具体的に何をしたらいいのかわからない・・・、どの教材がいいのかわからない・・・という方は、例えば私が監修しているアルクの通信講座「TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース」のような教材が、強い味方になってくれるでしょう。

毎日の「やるべきこと」が提示されているので、指示通り学習を進めるだけというのも安心です。

もしも、文法や読解、リスニングの基礎に不安があるのなら、基礎力強化に焦点を当てたレベルからスタートしましょう。この500点コースでは、基本的な文法事項や500点突破に必要な単語が3カ月で完成できるようにプログラムされています。

また、易しいものから徐々にレベルアップできるよう組まれているので、難しすぎて途中で挫折してしまったり、という心配もありません。基礎がどうも怪しい・・・、具体的な勉強の仕方がわからない・・・、という方にぜひお勧めしたい練習法も盛りだくさんです。

2018年は、新しい自分を見つける第一歩を踏み出しましょう。Slow but steady wins the race!(継続は力なり!)

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース

冨田三穂 監修。500点突破を目指す方にとって必須である「英語の基礎力」に焦点を当てた特別カリキュラムを設定し、3カ月で英語の基礎力を固める新形式対応講座。

詳細はこちら

冨田三穂

冨田三穂(とみた みほ)

神田外語大学講師。東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。英検1級、TOEIC990点。大手英会話スクール講師や通訳・翻訳者を経て、現在は、大学生、ビジネスマンを対象とした授業やセミナーを担当する。アルクの通信講座「TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース」監修。