GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

TOEICパート7の初・中・上級攻略テクニックをプロがすべて解説します(後編)

TOEICパート7の初・中・上級攻略テクニックをプロがすべて解説します(後編)

TOIEC(R) L&Rの各パートのレベル別攻略法を、TOEIC満点講師の方々によるリレー形式でお届けしています。今回お届けするのは、リーディングセクションのパート7の後編。企業に勤めながらTOEIC満点を達成、TOEIC対策書籍を多数執筆している大里秀介さんに、中・上級者向けの攻略法を解説していただきます。初級者向けの前編はこちらをご覧ください。

中級テクニック

文脈に強くなる読解方法を習得する!

選択肢照合問題、NOT問題、複数文書問題を極める

パート7の問題種類には、文書の1カ所に書かれている情報だけを読めば解ける「ピンポイント問題」と、「選択肢照合問題(NOT問題含む)」「複数文書参照問題」があります。「選択肢照合問題」とは、本文を読みそれぞれ選択肢をよく吟味して解く問題のこと。また、「複数文書参照問題」とは文字通り、セットになっている複数の文書にまたがる情報を参照して解く問題のことです。

ピンポイント問題とは?

お知らせ:次回町内会開催について

3月6日に町内会がありますので参加してください。

町内会長より

問:町内会はいつ開催しますか?

正解:3月6日

これはピンポイントに開催日を見ればわかりますね。初級者向けの問題のタイプです。

ピンポイント問題の解き方

ピンポイント問題5W1Hで問われることが多いです。問題先に読んでおけば、関連している箇所を集中的に読めば解けることがあります。特に、パート7の最初の方に出る文章量が少ない文書では、問題先読みで効率的に解くことができます。

選択肢照合問題、NOT問題とは?

お知らせ:新入社員について

来月より、新しく、ジョン・サトウさんが私たちの部署に加わります。

彼は以前の会社で経理・財政・金融全般を担当していましたので、今回の新しい仕事にはすぐに慣れるでしょう。加えて、彼はコミュニケーション能力が高く、チームでの仕事やイベントが好きだそうです。来月、彼の歓迎会がありますので、ぜひなかよくなってください。

それから、彼はアジアの大学で経営学を学んだそうです。きっと彼は、私たちにこのアメリカ以外の文化圏の価値観を学ばせてくれるでしょう。彼の今後を応援しましょう。

経理部長

問1:サトウさんについて言えることは?

(A)財務関連の仕事の経験がない
(B)1人で働くのが好きだ。
(C)採用担当したことがある。
(D)海外で学んだ。
 

問2:サトウさんについて言えないことは何ですか?

(A)来月の彼のためのパーティーがある。
(B)マネージメントスキルが高い。
(C)チームワークがある。
(D)イベント開催が好きだ。

英語問題1は“What is indicated about Mr. Sato?”、問題2は“What is NOT mentioned about Mr. Sato?”となります。1の正解は(D)、2の正解は(B)です。さらに1は本文に「書かれていること」を、2は本文に「書かれていないこと」を探します。

題の解法

問1:サトウさんについて言えることは?

(A)財務関連の仕事の経験がない。
  → 経験はありますよね。×

(B)1人で働くのが好きだ。
  → チームで仕事をするのが好きだと言っていますよね。×

(C)採用経験がある。
  → 本文には書いていないですよね。×

(D)海外で学習した。
  → 「アジアの大学で経営学を学んだ」とありますね。〇
 

問2:サトウさんについて言えないことはなんですか?

(A)来月の彼のためのパーティーがある。
  → 来月歓迎会がありますよね。〇

(B)マネージメントスキルが高い。
  → 書いてないですね。×

(C)チームワークがある
  → 「コミュニケーション能力が高くチームでの仕事が好き」とありますね。〇

(D)イベント開催が好きだ。
  → 「イベントが好き」とあります。〇

選択肢照合問題、NOT問題の解き方

選択肢称号問題」には、indicatemention、infer、statesuggestimplyといった動詞や形容詞のtrueが使われます。このタイプの問題は、文書と選択肢を吟味しながら正解を探していきます。さらに問題に全て大文字の「NOT」が含まれている場合は、本文と合致する3つの情報を除外し、文書に書かれていない、もしくは文書とは内容異なる選択肢を探します。

選択肢照合問題」でも「NOT問題」でも、選択肢内容がどこに書かれているか、選択肢と文書を読んで比べるという作業があります。しかし、最初から選択肢と文書を比べながら読もうとすると、時間がかかり非効率です。

カギは、最初に文書全体をしっかり読みその後選択肢の吟味に入ることです。

しっかり読む、といっても一字一句暗記するのではなく、ここにこんなことが書かれていたな、と吟味する際に確認できる程度に戻れればいいでしょう。その作業を繰り返しながら、ここは〇に該当、ここは△に該当、これは記述なし、これは□と内容異なる、と判断をしていきます。

その際に、言葉の言い換えを見逃したり構文を理解できず、「勘違い」が生じてしまうこともあります。しかし、それこそが英語力が問われるところです。普段の学習で文法や語彙の力を磨きながら、内容吟味の部分でしっかりその力を生かせるようにしましょう。

問題に「NOT」が含まれている場合は、本文と合致する3つの情報を除外し、文書に書かれていない、もしくは文書とは内容が異なる選択肢を探します。

複数文書参照型とは?

お知らせ:町内会ごみ拾いについて

次回は4月6日に開催されます。よろしくお願いします。

3月20日 町内会長

変更お知らせ:町内会ごみ拾いについて

予定していたごみ拾いは大雨のため、来月同日に延期します。よろしくお願いします。

4月5日 町内会長

次回のごみ拾いはいつにやることになりそうですか?

(A)4月5日
(B)4月6日
(C)5月5日
(D)5月6日

最初の文書で「4月6日に開催する」とありますが、次の文書に「大雨のため、来月同日に延期」と言っていますね。翌月→5月、同日→6日、という関係が成り立ちますので5月6日が正解となります。

複数文書参照型の解き方

このタイプの問題は5W1Hの場合が多いです。そのため、ピンポイント参照で解こうとすると、あれ答えがないぞ!とあわててしまいます。上の問題もの場合も、下の文書だけを見ても答えはわかりません。最初の文書から読んで話の流れをつかみ内容をチェックをしていきましょう。

問題の解法

お知らせ:町内会ごみ拾いについて

次回は4月6日に開催されます。よろしくお願いします。

3月20日 町内会長

変更お知らせ:町内会ごみ拾いについて

予定していたごみ拾いは大雨のため、来月同日に延期します。よろしくお願いします。

4月5日 町内会長

ハイライト部分が今回の答えのヒントの箇所です。2つ目の文書冒頭に「変更」とありますから、最初の日付が「あ、2つめの文書と何か関係しているんだろうな」と考えながら読み進めてください!

意図問題と位置問題はハンバーガー方式で解く!
意図問題とは?

リスニングのパート3や4に出る「意図問題」は、パート7では、オンラインチャットなどでの誰かの発言の意図や真意を問います。

Bryce Harrison [4:51 P.M.]
Could you contact Pelegrini’s about tonight’s booking? There will now be 9 of us.

Nina Delores [4:52 P.M.]
How come?

Bryce Harrison [4:55 P.M.]
Travis Wharton from Invidia Designs can now make it. He is flying out to L.A. tomorrow instead of today.

Nina Delores [4:57 P.M.]
Great news! Are we still OK for 6:30?

Q: At 4:57 P .M., what does Ms. Delores mean when she writes, “Great news”?

(A) She will travel overseas.
(B) The man offered her a job.
(C) The weather will improve.
(D) A guest is able to attend.

意図問題の解き方

意図問題は「ハンバーガー」の形に当てはめることができます。問われた発言をパテ(肉)に見立て、前後の発言をバンズと考えます。

ハンバーガー(意図問題)

いかがですか?ご覧の通り、1人参加してくれることがわかって「うれしい」ということですよね。従って正解は(D)になります。

文と問題の訳

ブライス・ハリソン [午後4時51分]
ペレグリニの店に今夜の予約のことで連絡を取ってくれないかな。今のところ9人になりそうなんだ。

ニナ・デローレス [午後4時52分]
どうして?

ブライス・ハリソン [午後4時55分]
インヴィディアデザインズ社のトラヴィス・ワートンが来られるようになったんだ。今日じゃなくて明日ロサンゼルスに飛ぶんだって。

ニナ・デローレス [午後4時57分]
いい知らせね!6時半のままで大丈夫?

問:午後4時57分に、デローレスさんが書いている“Great news”は、何を意味していますか。

(A) 彼女は海外に旅する。
(B) 男性が彼女に仕事を提供した。
(C) 天気が回復する。
(D) ゲストが参加できる。【正解】

位置問題とは?

「位置問題」は、問題指定する文が文書のどの位置に入るかを問います。

Ms. Claire Standish
CEO
BC Magazine
526 South 5th Street, Suite 1A, Milwaukee, WI 53204

Dear Ms. Standish,

This letter is written in reply to the letter you sent requesting suggestions for the location of our new Vernon office. I have been in touch with a number of local realtors and inspected several locations. —[1]—. I noticed that it had become vacant last month and spoke to the owners, who had not yet contacted a rental agency. It is across the street from our current premises, which will allow us to move quickly and easily. —[2]—. Moreover, our clientele will be relatively unaffected by the move because the address will change only slightly. The proposed building offers better street access and more parking space. —[3]—.

If you need any further information about any of the locations, including my recommendation, please do not hesitate to contact me. —[4]—.

Sincerely,

Andrew

Clark Andrew Clark
Administrative Assistant

Q: In which of the positions marked [1], [2], [3] and [4] does the following sentence best belong?
Ultimately, however, I came to the decision that we should relocate to the old Hughes Publicity building.”

(A) [1]
(B) [2]
(C) [3]
(D) [4]

これもハンバーガーに当てはめてみましょう。

ハンバーガー(位置問題)

このようにして、バンズに入る前後の文(空所1~4の前後の文)を替えていきます。ほかは入れてみても、つながりがしっくりこないはずです。ぜひやってみてください。

題の訳と解説

BCマガジン
CEO
クレア・スタンディッシュさま
53204ウィスコンシン州ミルウォーキー、スイート1A 南5番通り526

スタンディッシュさま

わが社の新しいバーノン支店の用地に関する提案依頼いただいたお手紙に対し、お返事いたします。多数の地元不動産業者と連絡を取り、いくつかの用地を調査しました。[しかし、最終的に、以前ヒューズ広告が入っていたビルに移転するべきだという結論に至りました。]このビルが先月空きになったと知り、オーナーたちと話したところ、彼らはまだ賃貸業者と連絡を取っていませんでした。このビルは私たちの現在の建物から通りをはさんだ場所にあり、移転もすぐ、簡単にできます。さらに、住所がほんの少し変わるだけですから、わが社の取引先もこの移転による影響をあまり受けずに済みます。今回提案しているビルは、通りへのアクセスもよりよく、駐車スペースも増えます。

私がお薦めしているものも含め、用地に関してさらに情報が必要な場合には、お気軽にご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

管理部門補佐
アンドリュー・クラーク

語注
location:用地 □ in touch with ~:~と連絡を取って □ a number of ~:多くの~ □ realtor:不動産業者 □ inspect:~を詳しく調べる □ several:いくつかの □ notice:~と気付く □ vacant:(家などが)空いている □ current現在の □ premises:(土地・付属物付きの)建物、店舗 □ moreover:さらに □ one’s clientele:(集合的に)顧客 □ relatively比較的 □ unaffected:影響を受けない □ slightly:わずかに □ tenant:賃借人、テナント(仕事などに)適した □ property:不動産 □ hesitate to do:~することをためらう

正解 (A)

問:[1]、[2]、[3]、[4]と記載された箇所のうち、次の文が入るのに最もふさわしいのはどれですか。
「しかし、最終的に、以前ヒューズ広告が入っていたビルに移転するべきだという結論に至りました」
(A) [1] (B) [2] (C) [3] (D) [4]

解説
指定されている文はUltimately, however(しかし、最終的に)と前文の内容を受けている点に注目する。「以前ヒューズ広告が入っていたビルに移転するべきだという結論に至った」という内容を後に続けて意味が通るのは、第2文のI have been in touch with a number of local realtors and inspected several locations.(多数の地元不動産業者と連絡を取り、いくつかの用地を調査しました)という内容。よって、(A)の[1]を選ぶ。1つの用地に関する利点を挙している部分に含まれる[2]と[3]、[4]に、この文はそぐわない。

位置問題の解き方

「位置問題」は「意図問題と同様に、上記の通りハンバーガー方式を使って(仮に使わなくても)、前後の文脈を判断して解く必要があります。従って、一度全部を読み切り内容把握してから解くことをおすすめします。

上級テクニック

毎日少しずつでもいいので、英文を読み進めることが大事です。

最後に上級者へのアドバイスです。

ピンポイントよりも照合型

まずはここまで説明してきたことも踏まえて、問題など問題を解いてみましょう。その際、解くことよりも読むことを優先で、内容理解することを重視します。

問題を解く際は、照合型の問題をできるだけ解くようにしてください。文書の内容選択肢を照合しなくてはならないので、自然と英文をたくさん読むようになります。

また問題を解く際は、すべての選択肢を吟味します。「この選択肢は正解、なぜなら~だから」「この選択肢は不正解。なぜならこうだから」と、理由を1つ1つ言いながら解き進め最後に問題の解説を参照するのがよいと思います。

定型文書はある程度予測

文書には「起承転結」があります。

例えばメールや手紙であれば、「目的」「概要」「お願いしたいこと」「締めの言葉」などが含まれています。求人募集なら「誰を」「いつまでに」「資格要件」「応募方法」といった内容が書かれています。

それぞれのトピックは内容は異なれど、同じタイプの文書であれば型はだいたい一緒です。定形文書によく含まれる要素を自分なりにマスターし、内容予測しながら読めるようになりましょう。

読解のアクセルとブレーキを身に付ける

定形の文書には、よく出る決まり文句があります。次の文を見てください。

I’m writing to inform you that we are opening a new branch in Toronto.
(トロントに新支店をオープンすることをお知らせするために手紙を書いています)

I’m writing to inform you that SV.で、手紙やEメールを書いた「目的」を示しています。この決まり文句を知っていれば、「あ、目的が書いてある」と、1語ずつ読まなくても一瞬でわかります。

そして、文末に使われる決まり文句“If you have any questions, please let me know.”を知っていたら、一瞬で「何かあったら連絡ください」だなとわかると思います。

パート7にはこういった決まり文句が少なからずあります。そういう部分は一瞬で意味を把握し、肝心な内容の部分を少しだけゆっくりと読む――アクセルとブレーキをうまく使いなら読むことが重要なのです。

これをやるためには、普段から多くの英文に触れなくてはなりません。読んでいないと、こうした決まり文句には出合えません。たまに出合った程度では認識すらできないと思います。

まずは日々のトレーニングから学んでいくようにしましょう。

臭いものにマーキングする

複数文書参照問題説明する際にも述べましたが、トレーニングを積むと、文書を読んでいる際に「ここらへんが問題で問われそうだな」と気づくようになります。

例えば、清掃に関する文書です。最初の文書に清掃の予定があり、次の文書にはそれが変更になるとある。であれば「前のどこが変わるんだろう」と気になります。

また例えば「ある品番のものを返品したい」と書いてあったら、「その品番が掲載されているリストはどこか」とか。

読み進めながら、「ん?何かこれ臭い(=本当に臭いのではなく問題に登場するかも、ということ)」と思って読み進めていくと、解答の際により速く正解にたどり着くことができるでしょう。

まとめ

上で説明したことは、上級テクニックというより、日ごろのトレーニングで自然と身に付くようなことです。毎日少しずつでもいいので、英文を読み進めることが大事です。

着実に力をつけられるように頑張ってくださいね!

大里秀介

大里 秀介(おおさと しゅうすけ)
東北大学農学部応用生物化学科卒。サッポロビール株式会社に勤務する現役サラリーマン。2006年に英語学習を開始し、2011年にTOEIC990点を取得。2012年にアルク主催「TOEIC®テストスコアアップ指導者養成講座」修了。同年からカナダ・オンタリオ州にあるSLEEMAN BREWERIES LTD. に2年間勤務し、北米の大ビジネスプロジェクトをTOEICで磨いた英語力を駆使して成功に導く。TOEIC ブロガー「Tommy」としても活躍し、TOEIC 書籍、コラム執筆、セミナー開催等、TOEIC に関する啓蒙を積極的に展開。「TOEIC(R) TEST LISTENING & READING TEST 完全攻略900点コース」(アルク)を監修。著書に『3週間で攻略 TOEIC® テスト 900点!』(アルク)ほか多数。

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略900点コース

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略900点コース

大里秀介 監修。プロジェクト学習と徹底した問題演習により「余裕で900点」を取る力を身に付けます。

詳細はこちら