GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「会う」の意味の meetとsee、どう使い分ける?

meetとsee、どう使い分ける?

英語上達のためには、間違いを気にしないことが重要。そう分かっていても、できれば間違えたくない!と思うことはありませんか?日本人にありがちな「英語の落とし穴」を知れば、あなたの英語はレベルアップし、より自然になるかもしれません。先日、アルクが発売した書籍『英語じょうずになる事典』より、落とし穴のをご紹介します。

英語じょうずになる事典[上] (アルク・ライブラリー)

英語じょうずになる事典[上] (アルク・ライブラリー)

 

日本人に共通する英語間違い

英語じょうずになる事典』では、著者のデビッド・バーカーさんが日本人に英語を教えてきた中で繰り返し目にしてきた、「英語にしようとすると間違ってしまいがちな日本語の日常表現」をリストアップし、どうしたらその間違いを避けられるのかを解説しています。

この記事では、本書に出てくる典型的な間違い文、間違ってしまう理由と対策間違いやすいポイント、そしてそれを正しい英語、あるいは、より自然な英語に直した文を紹介します。落とし穴はどこか考えながら読んでみてください。

下記の文章の落とし穴はどこ?

君に会いたい!

△ I want to meet you!

ポイント

☑知っている人に「会いたい」ならmeet ではなくsee を使うことが多い。

meet には「会って一緒に過ごす」の意味はない。

meet は「会う」という意味ですが、すでに知っている人に「会いたい」「会えてうれしい」と言う場合は、see を使う方が自然です。まだ会ったことがない人に「会ってみたい」「会えてうれしい」という場合はmeet です。ただし、インターネットやメールで知り合ってオンライン上でしか交流がなかったような相手と会う場合は、「面と向かって会う」のは初めてなのでsee ではなくmeet を使います。

Nice to meet you. 

[初対面の人に](会えてうれしいです)

Nice to see you.

[会ったことがある人に](会えてうれしいです)

Your sister sounds very interesting. I want to meet her.

(お姉さんは面白い人のようですね。会ってみたいな)

I’ve been really busy this week, but I want to see you this weekend.

(今週はずっとすごく忙しかったけど、今週末はあなたに会いたいな)

日本語の「会う」は「時間と場所を決めて会う」と、その後「一緒に時間を過ごす」の両方をカバーします(例えば「週末は何をしたの?」と聞かれて「友達と会った」と言えます)が、英語meet が意味するのは主に前者です。

「〈人〉と会った」ことを英語で言うとき、I met〈人〉last night. と言うと「偶然に会った」、または「時間と場所を約束して待ち合わせをした」のどちらかのニュアンスになります。

例えば

I met your sister in the supermarket yesterday.
(昨日、君のお姉さんにスーパーで会ったよ)

なら「ばったり会った」ということで、

I met my teacher to talk about my grades.
(成績について話し合うために先生に会った)

なら、「わざわざ時間と場所を決めて会った」ということです。

一方、単に「友達と会った」と言うなら、meetを使うより、I had dinner with my friend.( 友達と夕食を食べた)やI went shopping with my friend. (友達と買い物をした)のように、友達と会って一緒に何をしたか(どこにったか)を表現した方が自然な英語に聞こえます

会った 場所や時間を特定したいなら、

I met my friend in Shinjuku at seven, and then we went to karaoke.
(新宿で友達と合流して、それからカラオケにった)

のように言いましょう。

これから〈人〉に会う」と未来の予定について言う場合にも同じことです。

正式な打ち合わせをするのであればI’m meeting〈人〉.と言ってもいいのですが、普通に「友達と会う」なら、 meet は(間違いではないとはいえ)あまり使わないと思います。

「友達と待ち合わせている」ならI’m meeting my friends after work. のように言えますが、これは合流することに重点を置いた発言になります。

というわけで、日本語の「友達と会う」を自然な英語で言いたいなら、「一緒にどこにくか」や「何をするか」を表現した方がいいと思います。「友達と遊ぶ」なら、I’m going to hang out with my friends. という言い方もあります。

I’m going out for dinner with Tom.
(トムと夕食を食べにく)

I’m going bowling with my friends.
(友達とボウリングにく)

正しくはコレ!

君に会いたい!

○ I want to see you!

いかがでしたか?間違い自体は単純なようでも、英語の中・上級者でも気付きにくい英語日本語の根本的な違いが隠れていることがあります。その違いを意識することが「英語じょうず」になるための第一歩です。

英語じょうずになる事典[上] (アルク・ライブラリー)

英語じょうずになる事典[上] (アルク・ライブラリー)

 
英語じょうずになる事典[下] (アルク・ライブラリー)

英語じょうずになる事典[下] (アルク・ライブラリー)

 

末次志帆

文:末次志帆
ビール大好き高知県生まれのGOTCHA!エディター・ライター/ Webディレクター