GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「言う」はsayだけじゃない!ネイティブが使う自然な英語フレーズ

「言う」はsayだけじゃない!

せっかく英語を学ぶなら、ネイティブ・スピーカーがよく使う自然なフレーズを身につけたいものです。書籍『その英語、ちょっとカタすぎます!』から、日本人が知らないネイティブならではの英語表現紹介します。どんどん覚えて使ってみてくださいね!

CD付 その英語、ちょっとカタすぎます!    ー日本人が知らないネイティヴの英語表現

CD付 その英語、ちょっとカタすぎます! ー日本人が知らないネイティヴの英語表現

  • 作者: キャサリン・A・クラフト,【編訳者】里中哲彦
  • 出版社/メーカー: ディーエイチシー
  • 発売日: 2017/09/08
  • メディア:本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

「言う」はsayだけでなくgoも使う

「彼女は『数学なんて大嫌い』と言った」。この文を英語で言えますか?これは簡単。次のようになりますね。

She said, “ I hate math.”

「彼女」が言ったことをそのまま伝えるこのやり方は、直接話法。ネイティブは直接話法を使うとき、say のほかに go もよく使います。

 

foreign manSo, what did she say?
(それで、彼女、なんて言ったの?)

foreign womanShe goes, “ I hate math.” 
(「数学なんて大嫌い」と言ったわ。)

 

goを使うときは、臨場感を出すために、過去のことでもしばしば現在形が使われます。バラエティ番組の再現シーンみたいな感じでしょうか。

 

 foreign womanTell me everything that happened after that.
(そのあとどうなったのか全部教えて。)

foreign manI asked, “ What are you doing? ” and he goes, “ I'm talking about her.”  And I go , " Get lost."
(「何しているんだ?」って聞いたんだ。すると、そいつが「彼女に話しかけてる」と言うから、「とっとと失せろ」って言ってやったのさ。)

 

この場合、 What are you doing? や Get lost.のところは、きっとすごくカッコよくクールに言うんでしょうね。

「~って感じ」はbe like

「(はっきりと〇〇と言ったわけではないが)〇〇って感じだった」と言いたいときはどう言えばいいのでしょう?そんなときに使うのが be like です。

 

foreign manHow're you getting along with Tom?
(トムとはどうだい?)

foreign womanWhen I tried to be friendly, he was like, “Leave me alone.” 
(仲よくしてあげようと思ったのに、彼ったら「ほっといてくれ」だって。)

 

映画やドラマではよく使われる表現です。今度、洋画や海外ドラマを見るときは、チェックしてみましょう。また、ネイティブ・スピーカーと話す際には、ぜひ使ってみてください!

CD付 その英語、ちょっとカタすぎます!    ー日本人が知らないネイティヴの英語表現

CD付 その英語、ちょっとカタすぎます! ー日本人が知らないネイティヴの英語表現

  • 作者: キャサリン・A・クラフト,【編訳者】里中哲彦
  • 出版社/メーカー: ディーエイチシー
  • 発売日: 2017/09/08
  • メディア:本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
こちらもおすすめ

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。