GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「鍋奉行」を英語で説明できますか?

寒い冬にはアツアツのお鍋!

お正月ムードもそろそろ抜けて、日本でも一番寒い時期に突入ですね。以前にお伝えした人気の「鍋」に引き続き、今回も体が温まる「鍋」の第二弾。みんなで鍋を囲むときのお作法に目を移して、“鍋奉などのユニークな表現や鍋の基本の作り方を見ていきましょう。

Question

How do you say nabe-bugyo in English?
「鍋奉」を英語でどんなふうに言う?

鍋奉とは?

When you have nabe-mono, or hotpot cuisine, with your friends, sometimes you'll see someone being usually eager to organize the cooking tasks. The kind of person who takes charge of the hotpot is jokily called the hotpot governor. There are two types of hotpot governor; one type just makes the hotpot for everyone, while the other type gives orders or explanations to other people about how to make it. Furthermore, the person who keeps skimming the surface of the hotpot is jokily called an aku-daikan, meaning "evil governor" and with aku also meaning "residue." People who just wait for the hotpot to be prepared and then eat it are called machi-musume (city girl) meaning "waiting girls" with machi (city) also meaning waiting.

友人たちと鍋を囲むときに仕切りたがる人を見掛けますが、そんな人をちょっと揶揄(やゆ)して「鍋奉など呼ぶことがあります。

そのタイプは大きく分けて2種類で、自分で作ってしまうタイプと、人に指図をしたり解説したりするタイプ。つまりは、まとめて仕切りたがる人のことを、皮肉を込めて鍋奉と呼ぶことが多いのです。さらには、あくを取り続ける人を悪い役人の「悪代官」になぞらえて「あく代官」、食べるだけの人を「町娘」から「待ち娘」などと揶揄しています。

知っておきたい鍋のお作法

Here I'm going to share some tips about manners when eating nabe that I've gathered from different sources.

 

Either use long chopsticks to serve or ask people if you can use your own chopsticks, because some people don't like others' chopsticks being put into the pot.

Don't eat more than your fair share of the ingredients.
Add ingredients to the pot if you are sitting close to the nabe.
Don't use chopsticks the wrong way round.
Don't take too much food at once.
Eat at the same speed as other people.
In short, nabe is a type of cuisine where you need to be considerate of other people and enjoy sharing.

さて、いろんなところで言われていた鍋の作法をまとめてみると……

みんなで同じ鍋に箸を入れるじか箸を嫌う人もいるため、菜箸を使うか、最初にじか箸でいいか聞く。
自分の好きな具材ばかり食べない。
席が鍋の近くなら具材を入れる。
逆さ箸を使わない。
一度にたくさん取らない。
食べるスピードを周りに合わせる
結局、鍋に必要とされるのは、和を尊びながら楽しむものということのようでした。

Depending on what kind of nabe you make, the way you cook it will be different. Here's a basic yose-nabe recipe. Make the soup. Basically, you can use either seaweed, fish or chicken. Cut the ingredients into bite-sized pieces. If the ingredients are not easy to boil whole, slice or cut them to a size that can be boiled more easily. Example ingredients: Chinese cabbage, scallions, herbs (shungiku, muzuna and so on), Chinese mushrooms, chicken, shrimps, noodles (added after the other ingredients have been eaten. Eat the ingredients when they have boiled. There are two ways to serve: season the soup with salt or soy sauce, or eat the ingredients with a sauce such as ponzu (sour soy sauce), sesame seed sauce or various others.

最終的に作る鍋料理によって調理方法は異なりますが、基本的な寄せ鍋レシピを紹介します。 鍋にだし汁を作ります。昆布や魚、鳥のだしが基本です。 食材を食べやすい大きさに切ります。ゆでにくそうなものはスライスしたり小さくしたりと火が通りやすい形に切りましょう。 食材の:白菜、ネギ、水菜、シイタケ、鳥肉、白身魚、エビ、くずきり、うどん(最後に全て食べ終わった後) お好みで。 食材に火が通ったら完成です。 塩やしょうゆで味を調える または ポン酢やゴマダレなどでいただきます。

 

木枯らし吹く寒い季節にアツアツの鍋をいただく。簡単で栄養満点で、そして家族や仲間とホッコリ気分。「鍋を囲む」というのは、日本の冬の楽しみ方のひとつですね。

Answer

A nabe-bugyo is the person in charge of the hotpot. A direct translation could be "hotpot governor." Sometmes Japanese people use the term as a cynical expression for anyone trying to take charge.
鍋を仕切る人=person in charge of the hotpot。直訳ならhotpot governorくらいです。日本人は、この表現を自分のやり方を通したがる人への皮肉な言い方として使うこともあるようです。

英語のプロ、通訳者のトレーニング法でスキルアップしよう!

通訳トレーニング入門

通訳トレーニング入門

飛躍的アウトプット力を目指すには?プロの通訳者も実践する21種のトレーニングを通して英語のスキルを総合的に磨ける本講座がおすすめ。

詳細はこちら

執筆:上野陽子●うえのようこ●

カナダ・オーストラリアに留学ののち、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程ジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社の国際金融情報部、出版社にて国内・海外の取材記事や交渉ほかを担当。海外通販会社の役員を経て、諸媒体の翻訳・執筆・プロデュース などを手がける。 著書に『コトバのギフト~輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)ほか多数。仕事と趣味で旅した国は50カ国を超える。