GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

TOEICパート7の初・中・上級攻略テクニックをプロがすべて解説します(前編)

TOEICパート7の初・中・上級攻略テクニックをプロがすべて解説します(前編)

TOIEC(R) L&Rの各パートのレベル別攻略法を、TOEIC満点講師の方々によるリレー形式でお届けしています。今回お届けするのは、リーディングセクションのパート7の前編。企業に勤めながらTOEIC満点を達成、TOEIC対策書籍を多数執筆している大里秀介さんに解説していただきます。

Part 7の概要

問題形式 長文読解問題
問題 54問(1文書型10セット、2文書型2セット、3文書型3セット。問題それぞれに2~5問)
選択肢 4
解答時間 1問60秒程度
※ リーディングセクション全100問を解く場合の目安です。目指すスコアにより異なります。
解答の仕方 長文を読み、それに付随する問題に答える。
特徴 Eメールや社内メモ、広告窓の長文のほか、旅程や会議の予定、オンラインのテキストメッセージなどが出題される。解答に必要な情報を手際よく探し出す能力が求められる。

はじめに~読むことが苦手なアナタへの処方箋~

はじめに~読むことが苦手なアナタへの処方せん~

日本語の新聞など文章構成把握する

まず質問です。

あなたは普段、英語かかわらず「活字を読む」という為をどれくらいしているでしょうか?

もし「新聞や読書を全くしない」のであれば、長文読解をすることは苦でしかないでしょう。日本語であれ英語であれ、「読む」という為をしないで本番を迎えると、たとえどんなに文法の知識を得ていたとしても、どんなに語彙を学んでいたとしても、読んで解くことはできません

というのも、長文は、1つ1つの文が段落となり、複数の段落が文書となり構成されています。またそれぞれの文と文がつながりとなって文脈、ストーリーを作っています。そういった構成把握できなければ、どんなに知識があっても、すぐに問題の正解にたどり着くことはできません。

ですから、英文でも日本語でもいいので、少しでも多くの文章を読むことを、今すぐ始めましょう。

「活字を読まない」という方は、まずは日本語で読み慣れることから始め、それに慣れたら英語に移するステップがいいでしょう。特に「新聞記事が苦手」という場合は、いきなり「ジャパンタイムズ」を読むより、日本の新聞を読み、文章構成をつかむトレーニングをするのがいいでしょう。

英文に挑戦しながら、TOEICの解き方を学ぶ

まずはボリュームの少ないものから

日本語文章構成把握できるようになったら、英文を読み解きましょう。

最初は問題を解く必要はありません。とにかく読みます。最初は、パート7のシングルパッセージで、問題が2、3問の短いものがよいでしょう。例えばクーポン券、広告、申し込み書式、車検のはがきといったものです。

② ストーリーの詰まった題材を「逆転発想」で読む

次に、ストーリーがコンパクトに詰まった文章を読みます。

私がお勧めしたいのは、「リスニングセクションのパート3、4のスクリプトをリーディングの教材として使う」という禁断技です。どうしてこんなことをするかというと、いくつか理由があります。

パート3、4のスクリプトはリーディングの内容からすると短くて簡単

パート3、4はの英語は口語で話す内容のため、使われる語彙も文法もそれほど難しくなく、かつ、ネイティブスピーカーが40秒ほどで話す内容が詰まっています。リスニング前提とした英文を読み取るので、比較的容易に内容理解することができます。

短いストーリーに起承転結が凝縮され、そのパターンの問題が解きやすくなる

パート3、4のそれぞれのトピックには、オフィスシーン、留守番電話、広告、アナウンスなど、パート7にも登場する場面がふんだんに取り上げられます。さらに、40秒ほどの短い会話・トークに問題が3つ付いていることもあり、話の起承転結が明確です。

多くの場合、オフィス、ホテル、空港など、どこかの場面でちょっとした出来事が起きる、もしくはうれしいニュースなどがあり、最後に次の動を問うような問題構成となります。

題を見てみましょう。

題1

(Questions 1 through 2 refer to the following talk.)

Welcome, everybody. Thanks for volunteering to clean up this park today. We usually allow two hours for this one, but ... I mean ... looking around, there’s not much litter here. Let’s aim to finish within an hour. Some of you have done these community cleanups many times, so you know the score. Collect your bags and equipment from me. If you find any dangerous objects, such as broken glass, just grab my attention. I’ll come and take care of it. When we finish today, there’s a special treat. The area supervisor is coming with free movie tickets for everyone. So let’s get started!

 

1. What does the speaker intend to do?
 (A) Attend a free lecture
 (B) Organize a department
 (C) Plan a future event
 (D) Complete a task quickly

2. What reward will the listeners receive?
 (A) An annual cash bonus
 (B) Discount coupons
 (C) Complimentary passes
 (D) Prepaid gift cards

 

短いストーリーでリスニング、リーディング能力を磨く!

リスニングの素材を使うことで、少しずつ起承転結がわかってきて、話の流れや問題構成がわかってくるはずです。そればかりではなく、リスニング教材は必ず音声が付いてきますから、音声を「読み聴き」ながら内容理解に努めることで、リスニング能力も「聴読解能力」も上がり、効率的な学習ができるはずです。 このトレーニングには次の2つのメリットがあります。

TOEICに登場するシーンは限定されていて、語彙もそれほど難しいものは登場しません。従って、トレーニングを繰り返すうちに「何が問われるか」を予測できるようになります。また問題パターンにも慣れてきますから、先読みした際に問題が頭に入ってきやすくなります。

  • リーディングにもダイレクトに入ってきやすい。

2016年春から、テキストメッセージやオンラインチャットなど、デジタルツールを使用した複数メンバーのやり取りが必ず出題されるようになっています。

これこそ、リスニングの会話形式をリーディングに転換したバージョンだと思ってください。パート3、4の題材を知っていれば、「なんだ、リスニング構成と同じじゃん!」と気づくでしょう。

題1の訳と解説

問題1-2は次の話に関するものです)

皆さん、ようこそ。本日は、この公園の清掃にボランティアとして志願してくださりありがとうございます。通常は、ここを清掃するのに2時間をかけているのですが……ええと……見たところ、今日はあまりごみがないようです。1時間以内に終えるのを目標としましょう。中にはこうした地域清掃活動を何度もやった方がいらっしゃいます。ですから、要領はおわかりですね。ごみ袋と用具を私のところに取りに来てください。もし、割れたガラスなど危険なものがあれば、私にお知らせいただければ結構です。私が出向いて処理します。今日の清掃活動が終わったら、特別なごほうびがありますよ。地域の責任者が皆さん全員に映画の無料鑑賞券を持って参ります。では、始めましょう!

語注
□volunteer:ボランティアとして志願する □allow:(時間)を配分する □Imean:ええと、つまり □litter:ごみ □aim to do:~することを目指す □community cleanup:地域清掃活動 □know the score:要領がわかっている □collect:~を取りに来る、取りにく □equipment:用具、器具 □grabone’s attention:~の注意を引く □treat:ほうび □let’s get started:始めましょう

1. 正解 (D)
問:話し手は何をするつもりですか。
(A) 無料の講義に出席する
(B) 部署を組織する
(C) これから事を計画する
(D) 仕事を手早く終える
解説
トークの最初にある2つの発言に注目する。We usually allow two hours for this one (=park)(通常は、この公園を清掃するのに2時間をかけている)、Let’s aim to finish within an hour.(1時間以内に終えるのを目標としましょう)と言っている。通常より早く掃除を終えようという意図がうかがえるので、正解は(D)。

2. 正解 (C)
問:聞き手はどんな報酬を受け取りますか。
(A) 年1度の現金ボーナス
(B) 割引クーポン
(C) 無料入場券
(D) プリぺイド方式の商品券
解説
トークの最後にa special treat(特別なごほうび)、free movie tickets for everyone(皆さん全員に映画の無料鑑賞券)とある。設問ではtreatはrewardと言い換えられている。従ってfree=complimentary、tickets=passesと、同義語を使って言い換えている(C)が正解。synonym(同義語)は、TOEICでは重要な学習ポイントだ。 

初級テクニック

初級テクニック

実践に向けて「相手を知る」

初級の技として、相手を知ることから始めましょう。

まずは時間管理

パート7は全54問です。パート5、6には46問ありますから、リーディングの制限時間75分をどのように配分するかを決めなくてはいけません。

パート7は基本的に、1問1分で解くペースで進めることを目安にしましょう。つまり、54~55分をパート7のために残しておく、ということです。そして、問題が2問ある文書なら読んで解くまで2分、3問なら3分というように、だいたいの目安をつけておきましょう。

このためにはパート5、6は20分で通過しなくてはいけません。パート6には4セット(各4問)ありますから、1セット4問を2分で解くとしたら、合計8分消費します。そうすると、残りのパート5(25問)を12分で解く必要がありますから、1問あたり24秒で解く必要が出てきます。

② ペース配分を決めておく

上で説明した目安は全問を解く場合のものです。目標スコアに応じて、1問にどれくらい時間をかけるかを、あらかじめ決めておきましょう。

TOEICは、1問目から順番に難易度が上がっていくわけではなく、突然難しい問題が登場したり、後半で簡単なものが出てくることもあります。ですから、「わからなければあきらめて進む」というルールを作りましょう。

時間内に解けそうにない問題をスッパリとあきらめることで、「これは解くべき問題」「これは捨てる問題」といったメリハリがついてくるはずです。

問題のタイプで解けるかどうか決める

次のような問題は、解答の根拠となる部分を見つけやすい(=解きやすい)ものです。

題2

Who is the letter intended for?
(A) A banker
(B) A potential applicant
(C) A builder
(D) A loan agency

When will the offer expire?
(A) In April
(B) In May
(C) In August
(D) In October

最初の問題は「手紙は誰に宛てられたものか」です。文書全体ではなく、誰宛てか?をチェックすれば解けます。後者は「このオファーはいつ期限切れとなるか」です。つまり期限」をピンポイントに探せば正解のカギが見つかります。

では、実際に解いてみましょう。

Questions 153-154 refer to the following letter.

Property Funding Service, Inc.

April 15

ToWhom It May Concern:

The bearer of this letter is entitled to a FREE APPRAISAL whenever financing is arranged through Property Funding Service, Inc., ①for the purchase or construction of a new home, or the refinancing of an existing home. This letter should be presented at the time of application, and ②will be good for a period of six months from the date shown above. This offer does not apply to commercial properties.

We look forward to hearing from you.

Very truly yours,

R.U. Thayer
R.U. Thayer President
 

153. Who is the letter intended for?
 (A) A banker
 (B) A potential applicant
 (C) A builder
 (D) A loan agency

154. When will the offer expire?
 (A) In April
 (B) In May
 (C) In August
 (D) In October

いかがですか?

まず宛先が「関係各位」となっています。読み進めていくと、この手紙がオファーしているのは「無料査定をする」ということだとわかります。従って、この手紙は「(無料査定に)申し込んでくれそうな方向け」だとわかります。

そして、このオファーは「上記日付(4月)から6カ月」になっています。従って、4+6=10月だとわかります。

題2の訳と解説

問題153-154は次の手紙に関するものです)

プロパティー・ファンディング・サービス社

4月15日

関係各位新居のご購入もしくはご建築、また現在のお住まいのローン切り替えに際して、プロパティー・ファンディング・サービス社を通しての融資をお決めいただく場合はいつでも、この手紙をお持ちの方は無料で査定をお受けいただけます。この手紙をお申し込みの際にご提示ください。また有効期間は上記の日付より6カ月間です。このサービスは商業用不動産には適用されません。ご連絡をお待ちしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

取締役 R.U.セイヤー

語注
□Inc.=incorporated:株式会社 □bearer:所持人、持参人 □been titled to~:~を受ける権利がある □appraisal:査定、見積もり □whenever:~するときはいつも □financing:融資 □arrange:~を取り決める □purchase:購入 □refinancing:融資の切り替え □existing:現在の、現存する □good:有効な □apply to~:~に適用される □commercial:営利の、商業の □property:不動産、地所

153. 正解 (B)
問:この手紙は誰宛てですか。
(A)銀
(B)応募しそうな人
(C)建設会社
(D)融資代理店

解説
第1文の内容を読み取ることが解答への鍵となる。この手紙は、the purchase or construction of a new home, or the refinancing of an existing home(新居のご購入もしくはご建築、また現在のお住まいのローン切り替え)を考えている人へ、融資の無料査定を申し出ているものなので、(B)が正解となる。

154. 正解 (D)
問:このサービスはいつ無効になりますか。
(A)4月
(B)5月
(C)8月
(D)10月

解説
第1段落の後半にヒントがある。This letter should be presented at the time of application, and will be good for a period of six months from the date shown above.(この手紙をお申し込みの際にご提示ください。また有効期間は上記の日付より6カ月間です)とある。手紙の上部にApril 15とあるので、ここから6カ月として10月15日まで有効その後に無効になるので(D)が正解。

「解ける?」「解けない?」問題

そのほかの「これは解けるかも?」という問題の代以下に挙げておきます。

  • Where will the construction will start?
    その建設はどこで始められるか?
    → スタートする箇所を本文から探します。
     
  • When will the new store open?
    そのお店はいつ開店するか?
    → 営業時間、もしくは開業日に関わるところを探します。
     
  • Who should call the travel agency?
    誰が旅代理店に電話しますか?
    → 旅く人、もしくは秘書など頼まれた人を探します。
     
  • How much does it to replace the heater?
    そのヒーターを交換するにはいくらかかるか?
    → 価格などから条件を見つけて探します。

f:id:moutainbook:20171218173624j:plain

逆に「これは解けないかも」という問題も挙げておきます。もし次に該当するタイプの問題に遭遇し、時間がなければ、「今の自分には解けない」と思い、敬遠することをオススメします。

  • What is indicated in the information?
    本文の情報の中で述べられているものは?
    → 4つの選択肢をすべて吟味して解くので時間がかかります。

    ※ indicatedは、mentioned、suggested、trueになる形もあり、どれも本文の複数箇所を読んで解く必要があります。
     
  • What is NOT a requirement for Ms. Piperson’s position?
    Pipersonさんの仕事のポジションの要求事項で述べられていないものは?
    → これも本文に合致する3つの選択肢を見つけ、最後に本文に書かれていないもの1つを判断するため、時間がかかります。

    ※ 「クーポンが適用されないアイテムは何か?」など、NOT問題は前半で出題されるの短い文書、比較的検索しやすい問題にも登場します。3つ合致するものを見つける時間があれば、解いたほうがいいかもしれません。


初級者の方は、「日本語でもいいので読むことに慣れる」「解き方を知る」「相手を知る」という3段階で、長文読解に少しずつ慣れるところからステップアップしていきましょう。

次回は中級・上級テクニックについてお話しします。

大里秀介

大里 秀介(おおさと しゅうすけ)
東北大学農学部応用生物化学科卒。サッポロビール株式会社に勤務する現役サラリーマン。2006年に英語学習を開始し、2011年にTOEIC990点を取得。2012年にアルク主催「TOEIC®テストスコアアップ指導者養成講座」修了。同年からカナダ・オンタリオ州にあるSLEEMAN BREWERIES LTD. に2年間勤務し、北米の大ビジネスプロジェクトをTOEICで磨いた英語力を駆使して成功に導く。TOEIC ブロガー「Tommy」としても活躍し、TOEIC 書籍、コラム執筆、セミナー開催等、TOEIC に関する啓蒙を積極的に展開。「TOEIC(R) TEST LISTENING & READING TEST 完全攻略900点コース」(アルク)を監修。著書に『3週間で攻略 TOEIC® テスト 900点!』(アルク)ほか多数。

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略900点コース

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略900点コース

大里秀介 監修。プロジェクト学習と徹底した問題演習により「余裕で900点」を取る力を身に付けます。

詳細はこちら