GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語表現力アップには「英語川柳」がオススメ!【動画レッスン付き】

思いを自在に表現したい!クリエイティブな英語力を身につけるには?

英語力を効果的にアップするには、英語で創作活動を行うのがおすすめ。そして、英語創作活動の入り口として最適なのが、短くて制約の少ない川柳なのだそうです。アメリカ文学の研究や音楽活動を通じて、言葉で表現するための審美眼を磨いた、筑波大学の河田英介先生に、詳しく話を伺いましょう。

河田英介(かわだ えいすけ)

河田英介(かわだ えいすけ)

筑波大学人文社会系助教。コロンビア大学教養学部卒、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。研究分野はアメリカ文学、批評理論、美学・文体論。日本ヘミングウェイ協会運営委員・資料室長。オルタナパンクロックバンドCATSUOMATICDEATHでギター・ボーカルを担当し、国内外で活動する。

英語学習の原点は書くこと。特に「創作」がおすすめ

英語力を付けるには、どんな学習がいいでしょうか。

河田 言語を学ぶ原点は書くことだと思います。音楽は楽器を実際に演奏してみて、曲の良さや魅力がわかるように、英語を習得したい人も、実際に英語を書いて表現してみると力がつきます。

書くことで、読み方も変わってきます。書くことと読むことはつながっていて、書くことで読んで理解する力が深まり、読むことで自分が理解していることを書く力もついていきます。

なかでもおすすめなのが「創作」です。詩やショートストーリーを書いてみましょう。人に読まれることを意識して、読み手に対して何をどう伝えたいか、どう面白がってもらいたいかを考えて書くことで、英語表現力がつきます。

創作というと難しそうですが、短い詩なら割と簡単に書けます。中学レベルの英語でも可能です。2から3のセンテンスを書けば、詩になります。まずは1書いてみることが大切ですね。

英語川柳で楽しくクリエイティブに英語を書く

12月16日に開催するセミナーは、「クリエイティヴ・ライティング」をテーマにしていますが、どういうものですか?

クリエイティヴ・ライティングとは、言葉の可能性や性質を実際に書きながら学ぶプログラムです。言葉への美的感覚を磨くもので、現代のアメリカ人作家の多くはクリエイティヴ・ライティングの学位を持っています

当日はクリスマスをテーマにした英文学の表現に触れるほか、書くことにも挑戦するそうですね。

皆さんに英語の川柳を即興で書いてもらいます。三句の中で人間世界を味わい、それをうたい伝えるスタイルが「英語川柳」です。人間を中心とした世界観の中で、最低限の音節形式を守って、後は頭の中で浮かぶ情景を描けば、あなただけの立派な句が仕上がります。

欧米でうたわれてきた川柳は基本的に、5・7・5の音節形式で、計17の音節からなる英語詩です。とても短く、かつ俳句と異なり季語は不要ですから気軽に書けます。

●レッスン編

●レクチャー編

少ない語数でも、表現できることは幅広いことが実感いただけたのではないでしょうか。川柳は俳句と違って季語が不要。短い言葉で皮肉も効かせられるので、楽しんで書いてみてください。ここで私も一句、よんでみます。

To become richer
People are happy risking
Everything they've earned
(リッチマン、なるためならばいとわない)
 

現代アメリカ文学の傑作『路上』を書いたジャック・ケルアックは、俳句も書いていてBook of Haikusまとめました。非常に面白く、読みやすい作品です。リーディングの練習にもなりますし、自分で英語川柳や俳句を書く際の参考にしてもいいでしょう。

美的センスを使って「意味されていること」を読み取る

英語を習得する上で大事なことはなんでしょうか。

英語の習得には美的センスや審美的な感覚を使うことが大切だと思います。

私はアメリカ文学を研究していますが、文学作品には「書かれていないけれど意味されていること」がたくさんあります。それを理解するには、感性が必要です。「作者は何を言いたいのか」を感じるように心がけながら、読んでください。

英文テキストを和文に訳しながら読む人もいますが、辞書を引いて日本語の意味に置きかえる機械的作業にならないように気をつけてください。それでは読み込んでいることにはなりません。言葉の着せ替えごっこをしているだけです。間を読み込もうとすることが大事なのです。

僕は姉の影響で中学時代に洋楽のコピーバンドを始めたんですが、そのおかげで英語のテキストを深く読み込む習慣がついて、読解力がつきましたね。

バンド活動で英語の読解力が伸びたのですか?

はい。いい音を鳴らすためには、楽譜を丁寧に読み込まないといけないんですね。ただ楽譜どおり演奏すればいい、というのではなく楽譜にある休止符や音符にどんな意味があるか。どこを強調して演奏すべきなのかを考えて演奏しないといけない。それをするようになったら、自然と英文も楽譜と同じ感覚で丁寧に読みこむようになりました。

例えば、「この文は現在完了形ではなく、なぜわざわざ現在完了形になっているのだろう」といったことです。小さなことも気になるようになり、書き手が「意味しようとしていること」を感じるようにして、読むようになりました。

自分の思いを表現できる英語力を目指そう

文学作品を読む時は、作者が「何を伝えようとしているのか」を感じながら読むことが大切なんですね。

さらに読んだ文学作品の面白さをシンプルな英語説明してみると、ぐんと力が付きますよ。

声に出して読むのもいいでしょう。「黙読の時は暗い印象だった文が、音読してみたら文体のリズムが意外と明るい」ということに気づくこともあるかもしれません。作者が「本当に言いたいことは何なのか?」とさらに深く読み込んでいくきっかけになります。

音読するときは、書き手が強調している部分、軽くさらりと書いている部分など意味の強弱に合わせて音読にも強弱をつけるのがポイントです。

他にはどんなことが大事でしょう?

最近の学習法は機能的なものに偏っています。「おいしい」と伝えるときに、“This is tasty.”というフレーズを覚えて、いつでもどこでもどんな食事でも、この言葉だけ使えばよい……といった英語力を身につけようとしている。

でも本来はどうおいしいのか、その食事にどんな思いがあるのか、その意味を表現できる英語力が大事だと思います。

言葉をちゃんと感じながら、「意味を表現できる」英語をつける練習をしましょう。

12月16日開催!「クリエイティヴ・ライティング」入門

12月16日開催!「クリエイティヴ・ライティング」入門

3回目の開催を迎える「ALC Learners’ Club」では、河田英介先生をゲストにお迎えします。タイトルは「『クリエイティヴ・ライティング』入門~クリスマスの文学とその表現を学ぶ・英語川柳ワークショップ~」。

文学作品をベースに「クリスマスの英語表現について紹介いただくほか、英語川柳ライティングのワークショップでは、参加者の皆さんに一味違うクリエイティブ・ライティングに挑戦していただきます。

日時:12月16日(土)12:00~16:00<入退場自由>
会場:アーバンネット神田カンファレンス(地下鉄・JR神田駅)
定員:30名
受講料:アルク通信講座受講生および『ENGLISH JOURNAL』定期購読者の方とその同伴者…無料
上記以外の方々…1,000円
 

詳細のご確認参加のお申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。
第3回 ALC Learners' Club(ALC2) ゲスト:河田 英介先生

gotcha!

取材・文:原 智子