GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

ヒロ前田が斬る!TOEIC対策でも「音読」したほうがいいですか?

f:id:moutainbook:20171121141314j:plain

TOEIC(R) L&R対策のカリスマ指導者・ヒロ前田さんが、学習者の「TOEICテストあるある」疑問や質問、悩みなど相談にスッキリ、バッサリ答える連載「TOEICお悩み相談室」。前田さんは今回、どんな「スッキリ」を提供してくれるのでしょう。それとも「バッサリ」?

今回のご相談

学校の先生はよく「英語を声に出しなさい」と言いますが、TOEICは話す力を測定しません。それでも音読した方がいいのでしょうか。

――学生(20代)/TOEICスコア 350点

ヒロ前田の回答

まず、自分で考えてください。

バッサリ辛口の解決

バッサリ辛口の解決策

「やるべきか」で悩む必要はありません。

最初に言っておきます。音読とは特別な学習法ではありません。

目を使って静かに読むのが「黙読」で、口を使って声を出しながら読むのが「音読」です。英語であれ日本語であれ、言葉を使う人にとって音読は特殊な為ではなく、自然な為です

あなたは黙読には疑問を抱かないのですよね。それと同様、音読も「やるべきか?」とわざわざ悩むことの方が不自然です。

「いやいや、自分の母国語なら黙読も音読も自然だけど、学習者にとっては自然じゃない」と言う人がいますが、次のように考えてください。

やるかどうかを「今すぐ」決めましょう。

あなたの知り合いにジョンというアメリカ人がいるとします。ジョンはあなたと同じ年齢の会社員で、アメリカ育ちのネイティブスピーカーです。業務の関係で、1年前から日本語を勉強しています。教材を使って独学し、日本語力を測るテストもたまに受けているそうです。

つい最近、ジョンと話す機会がありました。あなたと話すときは、いつも英語です。

あなた「(英語で)ジョン、日本語の勉強は順調?」
ジョン「まぁね。1年勉強してきたから試験の点数も上がってきたよ」
あなた「どんな勉強をしてるの?」
ジョン「リスニングと文法がメイン。あとは長文読解」
あなた「へぇ。僕よりがんばってるね」

ジョン「最近日本語の先生がおかしいことを言うんだよ」
あなた「どんなこと?」
ジョン「日本語を声に出せって。うるさく言うんだ」
あなた「声に出す?」
ジョン「音読ってやつ。嫌いなんだよなぁ」

あなた「ん? まさか、今まで日本語を話したことがないの?」
ジョン「もちろん。スピーキングは試験に出ないし」
あなた「1年も勉強をしているのにマジで音読ゼロ?」
ジョン「試験中に試されない能力を鍛える必要はないよね」

あなた「声に出して日本語を使いながら勉強したら?」
ジョン「どうして?」
あなた「その方が記憶に残るだろ? 自分が言えることは聞き取れるようになるし」
ジョン「そうかなぁ」

あなた「話す練習をすればリスニングや文法、語彙の力も伸びるよ」
ジョン「いや、でも……」
あなた「ジョン。あれこれ言わず、まず自分で体験するべきだよ。体験して、自分で成果確認すればいいじゃないか。やりもしないで言うだけのヤツだったのか、君は?」

あなたはジョンです。

目の前にあるボタンは「やる」か「やらない」かの2つだけ。

自分で考えて自分で決めてください。

「そのうち考えよう」なんて、ダメです。今すぐボタン押してください

スッキリ優しい解決

スッキリ優しい解決策

音読は必要ではありません。

英語の学習法やTOEIC対策法は人それぞれです。

多くの学習者を見てきて、ひとつ確実に言えることは、「自分に合う学習法」を見つけることが大事だということ。そして、その方法を続けることです。別の言い方をすれば、あなたが継続できる学習法が、あなたにとってベストなのです。

さて、音読について答えます。

あなたの先生は、あなたのことを真剣に考えてくれています。

1年後、3年後、いえ、10年後のことも考えてくれているでしょう。近い将来、あなたがTOEIC目標スコアを達成した後の姿もイメージしているのです。英語を使って海外の人とスムーズに会話をしたいとか、外国人の上司と会議をするとか、そんなあなたの姿を応援したいのです。

そのようなスキルを養うには音読は有効です。

効果がわからない学習に時間を割くのはやめましょう。

文字を見れば理解できるのに、音になると聞き取れない」といった体験をしたことがありますよね。そのままだと満足できるコミュニケーションを取ることは難しいでしょう。上司との会議も厳しいです。

正しい音読トレーニングを積むことで、そのような悩みはどんどん減っていきます

音読は必要ではありませんが、効果的ではあるとは言えます。特に、将来、あなたが英語を使ったコミュニケーションが上手になりたいなら必ず役立ちます。

ただし、今のあなたの気持ちもよく理解できます。目の前に迫っている次のテストで良いスコアを取りたいのに、効果があるかどうかよくわからない学習に時間を割きたいとは思わないですよね。

それに、実際、音読を全然しなくても800点や900点、990点を取る人はいます。ですから、先生の助言にすぐに従う必要はありません

満足できるスコアを取って、あなた自身が音読に興味を持ち始めたら、それがスタートの合図です。

今すぐやる必要は全くありませんよ。

雑音は気にせず、自分がしっくり来る道を歩んでください

英語学習用の自習スペースの「お試し利用」を開始しました(T’z英語ラウンジより)

2日間集中のTOEIC対策セミナー開催(T’z英語ラウンジより)

T’z英語ラウンジでは、2017年12月22日までを「お試し利用期間」と位置づけ、「ラウンジ」と「セミナースペース」を英語学習専用の自習スペースとして開放しています。

最初の1時間の利用が無料となっているだけでなく、コーヒー・紅茶などのドリンクも無料。電源やWi-Fiの利用も無料と大変お得です。ぜひ、この機会にT’z英語ラウンジをお試しください。

詳細は、T’z英語ラウンジ公式ウェブサイトの「From T’z」をご覧ください。

T’z英語ラウンジ、お試し利用開始について

http://tz-eigolounge.jp/ft20171031/

ヒロ前田

ヒロ前田(ひろ まえだ)

TOEIC受験力UPトレーナー。神戸大学経営学部卒。大人のための勉強スペース「T’z英語ラウンジ」経営。2003年5月に講師として全国の企業・大学で指導を開始。2005年にはTOEICを教える指導者を養成する講座をスタートし、トレーナーを務めている。2008年グランドストリーム株式会社を設立。TOEICの受験回数は100回を超え、47都道府県で公開テストを受験する「全国制覇」を2017年5月に達成。取得スコアは15点から990点まで幅広い。著書に『TOEIC®テスト 究極の模試600問』(アルク)、『TOEIC®テスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人』(KADOKAWA)、共著に『TOEIC®テスト 新形式問題やり込みドリル』(アルク)等がある。
TOEIC受験者必読メルマガ
http://hiromaeda.info/