GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

すぐ使える!イマドキ英語の「褒めフレーズ」4選

英語日記で楽しくアウトプット

ライティング能力アップには欠かせない英作文。日記形式で楽しく続けられる書籍『Chat Diary 英語で3日記』が大好評につき増刷決定しました!その制作メンバーの知夏七未さんが、日記はもちろん、会話やSNSにも使えるイマドキな英語フレーズをたくさんご紹介します。

インスタ映えする?SNS英語をご紹介

皆さんこんにちは!知夏七未です。Chat Dairyをたくさんの人に、楽しく!役に立つように!使っていただきたいな~と思い始まった連載、2回目です。 今回もChat Dairyの使い方のコツと、隠れた目的である「SNSでも英語を使った発信を楽しんでもらう」ためにいっぱい取り入れた、SNSで使える英語をご紹介します!

Chat Diary 英語で3行日記

Chat Diary 英語で3行日記

 

日記は“ゆる~く”続けよう

前回Chat Diaryで英語力をつけるには“続ける”ことが一番のポイントだとお伝えしました。でも、きっと皆さんの中には「必死になって英語の勉強漬けにならなきゃいけないわけでもないし…」というように、差し迫った状況にはない人もいるのでは。

そんな方にお勧めしたいのは“ゆる~く”続ける意識を持つこと。 日記ですから、つらい日に歯を食いしばって頑張る必要なんてないんです。ゆるくても、少しずつ、皆さんの生活に溶け込んで、習慣になるように長~く続けるのがポイント。 今日はそのために意識してほしいことを2つお伝えしますね。

1.できない日があってもOK!

できない日があってもOK

「絶対に毎日日記をつけ続けよう!」と気合いを入れてはじめても、どこかで一日サボってしまうと焦り…数日が空くとちょっと後ろめたくなって再開しにくくなり…1週間も空くと、その後は完全にフェードアウト。そんな経験はありませんか?

これはきっと、「毎日欠かさず」というマイルールに勝手にとらわれているから。サボる日があってもいいし、間が空いてしまっても、またやろう!と思ったときに始めてみればいいんです。だって自分の日記なんですから。好きなように使いましょう。

Chat Diaryは366の質問がある日記帳ですが、日付は自分で書きこむ形式になっています。毎日やって1年で終わらせることも、自分のペースで進めながらゆる~く続けることもできます。

質問はページごとに違うので、もし日数が空いてしまったら、「今日こそ書こう!」ではなく、「今日の質問は何なのかな?」とページをめくってみてください。

2.サンプルを書き写してもOK!

たった3とは言え、書きたいことを考えて、辞書を引いて、文を組み立てる。毎日これをやろうと思うと、なかなかの勉強量だと感じることもあるでしょう。あるいは、作った英文があっているのか不安、ということもありますね。

Chat Diaryはどんな英語力の人にも楽しく使っていただけるよう、各ページにサポート用の英単語やサンプル日記を用意しています文に載っている言葉を使いながら文を作ることができるので、「辞書で単語をひくのが面倒になって続かない…」という方でも安心です。

また、「正直、全然書ける気がしない…」という方には“サンプル日記丸写し”がおすすめです。写すだけなんて意味あるの?と思うかもしれませんが、まずは英語を書く習慣」をつけることが、英語力アップの第一歩になるのです。

このサンプル日記は、1500人に聞いた「英語でどんなことが言いたいか?」というアンケート結果をベースに作成しています。みなさんのリアルな声を反映しいろんな人になりきりながら作ったなので、”こんなことを英語で言いたかった”という文が見つかるはず!教科書には載っていない砕けた表現、インスタなどSNS投稿にも応用できるはずです。ちょっとジョークを入れたサンプル日記もありますから、たまに見て笑ってくださいね!

すぐ使える英語の褒め言葉をチェック!

さて前回は、SNSや会話でよく使われるさまざまな「すごい!ヤバい!」をご紹介しました。今日は「すごい!」以外のレパートリーで“褒める英語”をご紹介したいと思います。Chat Dairyアンケートでも「褒め言葉を知りたい」というリクエスト、たくさんありました。素敵な写真を見かけたとき、さらっと英語で褒められたらどの国の人とも繋がれそうですね!

Gorgeous!

日本語でも馴染みがある「ゴージャス」と言う言葉。日本語だとなんだかシャンデリアが似合いそうな、豪華絢爛なイメージがありますが、英語では「素晴らしい」という最上の褒め言葉になるものの、派手、きらびやかなどのイメージはありません。

シンプルであっても、とっても素敵!と思ったら使う、それが英語gorgeousです。

 

Missing this GORGEOUS place. #rawaisland #rawawa #kimtendotravels #malaysia #beachlife #blues #gorgeous

Thien-Kim Quachさん(@kimtendotravels)がシェアした投稿 -

非常によく使われる言葉で、人にもよく使います。“You look gorgeous today!”と言われたら「今日は派手だね」と言われているのではなくて、「今日とっても素敵」「その服やメイク、似合ってるよ」と今日のファッションを褒められているんですね。

“He is gorgeous!”といったときも「彼ってブランドづくめでお金持ち!」ではなく、「彼ってすっごくカッコいい!」という意味。ちなみに日本語で「ゴージャスな赤ちゃん」なんて想像しにくいかもしれませんが、生まれたての子供を見て褒めたいときにも使える、そんな言葉がgorgeousなんです。

 

 

Our little squidge is 3 weeks old today #williamralph #gorgeousboy

Kylie Louise Waiteさん(@kylielouisewaite)がシェアした投稿 -

Adorable!

さて次に「かわいい!」に移りましょう。cuteやprettyという言葉はよくご存じだと思いますが、赤ちゃんや小さな子供、動物に対して「可愛い~💛」と褒めたいとき、とってもよく使われるのがadorableと言う言葉。adoreはもともと、「胸がきゅんとする」ようなときに使う動詞です。これが変化したもので、思わず「いいこいいこ子💛」と愛でたくなるような可愛さのことを言います。

 

"Excuse me, I have a question!" 😍 Credit: @tubsthelabrador

Adorable_Animalsさん(@adorable_animals)がシェアした投稿 -

ちなみに、「愛でるべき」という意味なので基本的に大人に対しては使われない言葉です。そもそも、日本では褒め言葉の中で一番ポピュラーな「かわいい」ですが、英語圏では「かわいい!」を大人に対して使うことはまれなんです。日本のKAWAII文化もユニークで素敵なものですが、英語で大人のお友達やファッションを褒めたいときはbeautifulやgorgeousを使いましょう。

Flawless!

flawlessは「傷のない、完璧に素晴らしい」という意味です。身近な人を褒めるにはちょっと大げさな言葉かもしれません。ただ、憧れのスターに使うにはいいでしょう。女優さんやモデルさんのインスタにはファンからのflawless!というコメントがあふれています。あなたも、憧れのあの人がカッコいい写真をアップしていたらflawless!とコメントしてみましょう

Slay!

最後はちょっと怖い単語です。slayの本来の意味は「殺害する」です。これも、スラングとしては褒め言葉で使われます。「やっばい、超カッコいい~!」といった印象で、興奮している様子が伝わります。一方、かなり砕けているので、使うシチュエーションには気をつけましょう。野外フェスやライブなどイベントの場では“Slayyyyy!!!”と叫んでいるお客さんがたくさんいますし、ライブの写真や動画へのコメントでもよく見かけます。

まとめ

「カッコいい」「かわいい」など、たくさん褒め言葉を知っていたら、SNSでちょっとコメントを残すのも楽しくなりますね。前回の「すごい!」「ヤバい!」とあわせて、楽しく使ってみてください♪ それではまた次回もお楽しみに!

お知らせ

世界中に友達ができる!


ゆる~くやり取りを続けて、素敵だね~と褒めあって、たまに会いにって一緒に楽しいことをする・・ 気付けばそんな関係を続ける友達が世界100か国以上にできました。 世界中の人たちと素敵な事を伝え合っていいね!と褒めあう。 そんなことを楽しんで頂けたら、思いを伝えるスキルの英語力も、そして“世界と仲良くなるチカラ”も伸びていくはず。 そんな思いで始める新しいプログラムを11月から始めます。世界中に友達を作りたい!という方、是非こちらをチェックしてみてくださいね!

知夏七未

文:知夏七未(ちなつななみ)https://www.facebook.com/tinainterx/
幼少期よりダンスと海外文化や国際情勢に興味を持ち、“純ジャパ(非帰国子女)”として上智大学英語科に入学。帰国子女に囲まれ苦労しながらも500点未満だったTOEICスコアを975点まで伸ばす。在学中のNYダンス生活を経て、帰国後はショーと国際交流とを同時に実現できるミスコン世界大会や日本と他国の国交周年事業などの活動に参加また企業研修・さまざまな媒体での英語講師や教材執筆などに活躍の場を広げる。“世界中のドキドキわくわくのために”をテーマに(株)Tina interXを設立、国際交流イベントやセミナーなどを手掛ける。

編集:江頭茉里