GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

アメリカでキャラ化、映画にまでなった日本のガラケー生まれの日本文化って何?!

世界のニホンゴ調査団 Vol. 5

古くは「スシ」「ゲイシャ」「ニンジャ」。最近では「スードク」。海を渡って世界で使われていると言われる日本語がありますが、最近ではどの国でどんな単語が用いられているのでしょうか。世界80カ国以上の現地在住日本人ライターやカメラマンの集団「海外書き人クラブ」がリレー形式で担当する本連載。第5回はアメリカ在住のハントシンガー典子がレポートします。

アメリカではLINEスタンプではなく、ガラケー発の・・・

アメリカでキャラ化、映画にまでなった日本初の文化って何?!

LINEスタンプ全盛の日本。アーティストやタレントから、一般人まで、ありとあらゆるスタンプを販売するようになり、スタンプ探しの楽しみが増えましたよね。最近はボイス付きのものまで登場しているとか。

一方のアメリカでは、日本がガラケー時代だったころに一世を風靡した「絵文字」が、スマートホンやSNSの時代になって、ようやく人気となっています。アップルやグーグル、フェイスブックが絵文字提供するようになったからです。

その呼び方も、そのまま「Emoji」。世界で通じる英単語です。

英語辞書を引いてもちゃんと載っています。意味は「アイデアや感情を表現する小さいデジタル画像またはアイコン」だそう。2015年には、あのオックスフォード辞典のサイト(Oxford Dictionaries)が「今年の言葉」として泣き笑いの顔をしたEmojiを選びました

en.oxforddictionaries.com

2016年には「アート作品」として、NTTドコモが開発した初期の文字がニューヨーク近代美術館のコレクションに加わったのも記憶に新しいところです。

ダサカワEmojiキャラが街中を席巻

最近は、そのEmojiをスマホ画面の中だけでなく、街中でも見かけるようになりました。と言っても、ポケモンGOのごとく、ヴァーチャル空間にEmojiが浮いて見えるわけではありません。Emojiをキャラクター化し、デザインしたグッズがあちらこちらで販売されているのです。

露店に並ぶグッズにも、Emojiをモチーフにしたものがまざるようになった。

露店に並ぶグッズにも、Emojiをモチーフにしたものがまざるようになった。

たとえばショッピングモールでは、小中学生やティーンが買うような雑貨を扱うギフトショップに、Emojiキャラのクッションやボール、シール、文房具、バッグなどがそろっています。イベントや旅に出かければ、露店や土産屋にも、Emojiキャラがずらり。お祭りのゲームの景品として、Emojiキャラのぬいぐるみが並んでいることもありました。

このEmojiキャラを見て、80年代に流ったピースマークやパックマンをどことなく思い出してしまうのは年齢のせいでしょうか……。

ダサカワイイEmojiキャラたちに、個人的にはイマイチなじめなかったのですが、80年代を知らないアメリカの小中学生やティーンには、斬新だったようです。すっかり人気キャラクターとして定着しました。

80年代風アメリカンなテイストを好む若者にも受け入れられており、ファッション・ブランドにもEmojiモチーフがあふれています。Tシャツや水着、靴、アクセサリーなど、ラインナップも多彩。流したロゴTシャツや白スニーカー同様にきれいめファッションの中の「はずし」アイテムとして活躍しています。

映画館でうんこキャラが大活躍する時代

この夏、映画館にまで登場したEmojiたち。

この夏、映画館にまで登場したEmojiたち。

そんなEmoji人気を象徴するかのように、今年7月にはEmojiが主役のCGアニメ映画まで製作されました。その名も「The Emoji Movie」。トニー・レオンディス監督によるスマホ空間で暮らすEmojiたちの大冒険を描いた作品です。

開始後最初の週末は第2位と大健闘でしたが、結果的には酷評の嵐で、大ヒットとはいきませんでした。名優、パトリック・スチュワートもEmojiキャラ声優陣に名を連ねていたのですが……

……まさかの「うんこ」役。かなり攻めてます(笑)。

ちなみに、このうんこキャラ、アメリカの子どもに絶大な人気を誇っており、単独でさまざまなアイテムにデザインされています。

ランドセル代わりにアメリカの子どもたちが学校に背負っていく、バックパックもそのひとつ。うんこがでかでかと背中にプリントされているバックパック姿は、なかなかの光景。

次のように、アメリカでは幼稚園児も注目しているようです。

I know Emoji because I see a lot on Roblox (a PC gaming platform). They are so cute, and I love all the different emoji faces, especially poop guy!

ぼくEmoji知ってるよ、ロブロックス(パソコンの人気ゲーム)でいっぱい見たの。いっぱいお顔があって、かわいいから全部好き、特にうんちのやつが好き。

まとめ

日本でブームは去っても、海外で新たな価値が見出されて復活するというのは、文化だけでなく、そのままビジネスにも通じそうな話。チャンスはいろいろなところに転がっているのかもしれません。それにしても、うんこブームは日本だけでなく、アメリカでも共通のようですね。

海外書き人クラブ

文・写真:海外書き人クラブ・ハントシンガー典子

http://www.kaigaikakibito.com/blog/